8月21日のSUPER COMIC CITY関西22参加について

8月21日に開催される、SUPER COMIC CITY関西22に、
劇団クライシス&HANGOUTとして、れ78aにて配置、

参加予定です。

当日の配布は、格闘ゲームのキング・オブ・ファイ
ターズ、庵×京の中短編集小説と、餓狼MOWでもある
ロック×テリーの小説と漫画の合同誌、ロック×
テリーの「風をつかまえて」小説シリーズです。

「風をつかまえて」は現在、№3まで刊行中。

当日はあいにく完結編たる№4はありませんが、これ
までのダイジェスト風コピー本が無料にて発行予定
ですので、初めての方もお気軽にお試しください。

合同参加している、HANGOUT様では、ロック×テリー
メインの漫画同人誌があり、こちらもお勧めです。

HPがなくなってしまい、少しへこんでいますが、
近いうちに何らかの形で復活する予定です。

エスパーニャンコ好きの方と、カラ松愛あふれる本
に出会えれば、喜んで感想を書かせていただきます。

もちろん! KOF庵ファンの方、ロックファンの方も
応援&本を購入させていただきますので、どうぞ
よろしくお願いします。

8月21日当日は、お気軽に遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

『SOUL POWER なにわ SUMMIT 2016』と福島天満宮夏祭の感想

『SOUL POWER なにわ SUMMIT 2016』と、福島天満宮夏祭の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれております上に、曲名やアーティストのことをよく知らない者のレビューですので、ご注意ください。明らかな間違いを発見された場合は、コメントにてお知らせいただけますよう、お願いします。

 さて、私はファンであるゴスペラーズにしても、ろくに知らないのですから、まして他のアーティストならば一般知識以下しか持ち合わせておりませぬ。さらに、チケットを入手しておきながら、SOULとは何か、どのような人が出場予定で代表的な曲は? といった予備情報も得られませんでした。
 ならば、もう開き直って、その場の雰囲気を楽しもう、身も心もリズムに乗ってしまおう、これは音楽、SOULのお祭なんだ、という気持ちで臨みました。こういう楽しみ方は、ファンとしては邪道でしょうし、お勧めするのも気が引けます、けれども。
 非常に、存分に、楽しかったです! 心ワクワク、体ウキウキ! 肌から体の奥までリズムや英語の歌詞が響いてきて、理屈ではなくて、ダイレクトに心へ、SOULへ! 伝わる感じでした。
 これって、きっと、夏という季節や、後で述べる、近隣で行なわれているお祭の影響もあるに違いありませんね。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

大阪に来ました

本日はSOUL POWER なにわ SUMMIT2016が目的です。 一応、ゴスペラーズファンなので...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想・補足

『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想の補足を申し上げます。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今頃補足かと、自主ツッコミしましたものの、やはり書き足りておりませんでしたので、参りますよ。
 えっと、いきなり、おわびです。作者様は猫好きではないかと、私は申しましたが、『かわいいおそ松くん』を読み直してみますと、犬の出番もなかなか多いゆえ、決めつけるのは早急でした。ごめんなさい。
 それから、タイトルが『&バカボン』となっていますから、バカボンネタの感想を、とも思ったのですが、おもしろい、けれども、書きたい気分にはなれないのです。私は、汚れネタが好きではないので。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『わたしがママよ2』(森本梢子)、前回はうっかりレビューしませんでしたが、この付録本、なかなか気に入っております。育児は大変! 子供は天使じゃない! 当たり前のことですが、そこをなかなか今までにない視点で、描いています。幼児パワー恐るべし、といったところですけれども、じっじを含めた大人達のリアルな姿も見えてきます。だから、育児ってすごい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想

 コミック『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想を申し上げます。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 帯カバーの宣伝文句によれば、「おそ松さんの原点!! 赤塚不二夫のシュールな笑いのすべてがかくれてる!!」そうです。さらに、「TVアニメ『おそ松さん』でもリメイクされた」作品2本も収録されており、表裏とも表紙はとてもかわいいですし、私のような忘れっぽい赤塚作品初心者には、ぴったりな内容だと思いました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

『おそ松さん』1巻(シタラマサコ・原作:赤塚不二夫 監修:おそ松さん製作委員会 集英社)の感想

 コミック『おそ松さん』1巻(シタラマサコ・原作:赤塚不二夫 監修:おそ松さん製作委員会 集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレに加えて、やや批判的な表現になっているかもしれませんが、悪意はありません。苦手な方は、どうぞご注意ください。

 これは『YOU』に連載されている、3月で終了したアニメのコミカライズです。アニメでは、かなりパワフルな表現で、意外性に富むストーリーでしたが、こちらはどうでしょうね。良くも悪くも、幕の内弁当のように、私は感じられました。そのようなわけで、いただけない点から挙げましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

5月の反省と6月の展望

 5月は相変わらず、驚くべき速さで過ぎ去ってしまいましたが、ちゃんと収穫もありました。  何といって...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

『しらたまくん』6巻(稲葉そーへー・集英社)の感想

 コミック『しらたまくん』6巻(稲葉そーへー・集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今回も、内容的に楽しい&かわいいのですが、ちと困りました。スキー、クリスマス、初詣、マフラー、ネックウォーマー、積雪と、描かれている季節は真冬! なので、すでに5月にして30度近い気温の今日この頃ゆえ、さらに暑くなりました。まあ仕方ないのですが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ちゃお』2016年6月号(小学館)の感想・・・っぽいもの

 漫画雑誌『ちゃお』2016年6月号(小学館)の感想・・・っぽいものを申します。ネタバレは極力避けていますが、一応ご注意ください。

 感想っぽいものって何だ? と、早々にツッコミを入れられそうですね。おそ松さんシール目当てで購入し、パラ読みしてみましたものの、ちゃお全体の雰囲気がどうも私に合いそうになく、「姪っ子はこういう漫画を読むのかなあ?」と、終始、保護者目線で読んでしまったからなのです。私も、かわいいもの・きれいなもの大好き人間なのですが、この本のように全面に出すのは、気恥ずかしいということですかね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『絢爛たるグランドセーヌ』4巻(Cuvie・秋田書店)の感想