2018年7月17日 (火)

『絢爛たるグランドセーヌ』7巻(Curvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』7巻(Curvie・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 現在も非常に暑いですが、この漫画で描かれる、クラシックバレエの大舞台を目指す、少女達の挑戦と戦い、そして、友情も負けず劣らず熱い!
 7巻のあらすじとしては、YAGPコンクール出場を目指して、奏は自らの課題に挑戦する一方、彼女達より先んじている、さくらは、ドイツのミュンヘンへ旅立ちます。その出発ギリギリで、奏は、「追いつくからね」と言い、さくらは、「もっと自己中にならないと 他のやつらに蹴り落されるよ」と、アドバイスし、次の場面で、何と(ネタバレ避けで、自主規制)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

『淫花伝1 [阿部定]』上・下巻(画:上村一夫 原作:戸田昌子 脚色:岡崎英生)の感想

 読了して間もない、豪華仕様のコミック『淫花伝1 [阿部定]』上・下巻(画:上村一夫 原作:戸田昌子 脚色:岡崎英生)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 こちらは、『淫花伝』という、上村一夫完全版シリーズ、アダルト系コミックです。『『淫花伝2』は、高橋お伝の物語だそうで(私は未読)、さらに数冊、続いているのでしょうか。たくさん読みたい本、読むべき本、感想待ちの本があるから、調べませんけどね(おいおい←自主ツッコミ)。
 あらすじは、かの有名な阿部定の生涯、でなく、半生を描いています。脚色つきだから、フィクション込みです。なので、アダルト系(しかし、成人指定ではないのです。性器や結合部分とかを、描いていないからでしょうかね?)嫌いな方と、「阿部定は実在の人物だから、ノンフィクションでなくちゃ!」という方には、不向きかと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

『真田魂』1巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマコミック『真田魂』1巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 かつて放映されていた、『真田丸』は、NHK大河アレルギーの私が、唯一楽しんで見られたドラマでした。やや地味っぽい(リアルともいえる)戦闘シーンに、戦国版コメディのような日常が加わって、私のような日本史不勉強者でも、その後の展開を知っているはずなのに、「次回は、どうなるの?」と、ドキワクするような、まとめ方がグッド! でした。
 中盤の大坂編では、豊臣秀吉、徳川家康、伊達政宗と、大河の主人公クラスが、ぞろぞろ登場するという、何とも言えないゴージャスさでした。
 そして、この『真田丸』は、真田幸隆、昌幸とその息子、信幸、信繁らが織り成す、真田一族三代の戦いの歴史を描く、というものです。
 1巻は、主人公である信繁(幸村)から見て祖父にあたる幸隆と、父の昌幸の活躍がメインです。彼は、16話で元服して信繁と名乗るものの、主君の武田勝頼に織田信長軍が攻勢をかけてきて、どうなるのだ? というところで終わり。
 惜しい、もっと読みたい! 早く2巻、発行してぇー! と、心の中で叫ばせるところは、さすが、作者様の力量だなあと、相変わらずながら、感服させられます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

私は大丈夫でした、けれども。

 本日8時前に起きた地震ですが、私は出かける直前で、揺れた瞬間、トイレに駆けこんで、じっとしていたため、無事でした。
 そして、帰宅後にテレビを見て、事の重大さに、驚かされました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

『僕はサラ金の星です!』(安部慎一・青林工藝舎)の感想

 コミック『僕はサラ金の星です!』(安部慎一・青林工藝舎)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『エロマンガ・マニアックス』を読了してから、安部慎一作品をこつこつ入手しまして、何とか3冊になりました。この『僕はサラ金の星です!』は、一冊目です。
 そんなマイブームが起きている、安部慎一(槇一と印刷されている本もあります。どちらが正しいのかな?)作品ですが、一番にお勧めするとすれば、私はこちらですね。
 収録されている作品は、大半がエロマンガに分類されるのでしょうが、作風も画風も、かなり癖? 個性? があるゆえ、ついていけない方もおられると思います。このように言う私も、頭の中が、「????」だらけで、感想のカの字も出ないお話もありますから。
 少なくとも、通常の、読者サービス満載のエロマンガ、怒涛のような展開、独創的な設定といった、メジャー王道漫画的なものは、ほとんど含まれていないかと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

『政宗さまと景綱くん』2巻(重野なおき・リイド社)の感想

 四コマコミック、『政宗さまと景綱くん』2巻(重野なおき・リイド社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 最初っから、私は作者様に精神的土下座をしなくてはいけません。『信長の忍び』がヒットしているから、この久しぶりに出た『政宗さまと景綱くん』は、のんびり、ほのぼの、楽屋落ち的バージョンだろうなと、軽く思っていました。
 とんでもなかった! これはこれでおもしろかったですし、勉強になりました! 特に、私は伊達政宗についてくわしくないものですから、展開が予想できないため、非常にドキワクしました(私が不勉強であって、伊達政宗がマイナーという意味ではないです。地元の方、政宗ファンの方、どちらもごめんなさい)。
 特に、伊達家当主になった政宗に、たぶん、レギュラーキャラになるであろう、家臣団と黒脛巾組が加わりますが、敵側も、強烈な個性、くせ者、強者ぞろい! ものすごいストーリーになっています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

『信長の忍び』7巻(重野なおき・白泉社)の感想

 うっかり、アップし忘れていて、すみません。『信長の忍び』7巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 遅いですけれども、祝アニメ化! そして、3期放送ともに、おもでとうございます。あいにく、私はあまり視聴していないので、アニメについては何も言えないのですが。おもしろくないのではなく、時間が合わなくて、なかなか見られないゆえです。評判がいいのは知っていますけれども、そのようなわけで、今後もあまり見ないでしょう。
 さて、7巻は、千鳥がもっとも精神的にきつかったであろう、比叡山焼き討ち事件がメインです。私も一応、仏教系の学校を卒業していますので、ずーっと信長許すまじ、という気持ちでおりましたが、この本を読んで、比叡山事件の理由について勉強できました(受け入れられませんが)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

近況、ちょこっと

 大変、長らくお待たせしました(何かのショーかよ!←自主ツッコミ)。  Twitterでも少し申して...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

もうしばらくの休養を

 インフルエンザB型に感染の後、私は泌尿器科の病気になってしまいました。
 2月末頃に、どうにか完治できましたが、夫の親戚筋で、立て続けに二人、お亡くなりになって、今も落ち着いておりません。
 この辺境(偏狭)ブログも、コメント欄が、おかしな迷惑書き込みばかりになるのではないかと、危惧しておりましたけれども、どうにか大丈夫でした。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

『B'z LIVE GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR" 京セラドーム大阪』の感想

 2月4日に開催された、『B'z LIVE GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR" 京セラドーム大阪』の感想を申します。
 例によって、いくつかのネタバレに加え、私は記憶力がよくない&ファンのくせに不勉強という、とんでもない欠点の持ち主です。これもひとえに、B'z よかった! という感動を表現したいだけの気持ちで、文字を打ち出しています。簡易レポート的な感じで、お読みください。そして、とんでもない間違いに気づかれた場合は、コメントにてお願いいたします。

 インフルエンザは完治できましたが、帰宅後、念のため、最後に残っていた薬を飲んだところ、うっかり寝落ちしてしまいました。いつもは、深夜に何とかアップできているのに、残念無念、体力増強の必要性を痛感させられます。 そしてまた、今回の私の席は、一塁側下段で、ステージに向かってかなり右側。松本さんや稲葉さんが走っていらっしゃった時は、そこそこ見えたのですが、通常位置におられる場合は、セット機材やライトで少々見えにくかったのが惜しかったです。
 私はいつも、お二人の衣装に注目しているのですけれども、ちゃんと判別できてないかもしれません。間違っていたら、本当にごめんなさい。曲順は、事前に調べていたのを確認する感じです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『エロマンガ・マニアックス』(山田裕二+増子真二 太田出版)の感想