HP「まっとう屋どんべい商店」終了のお知らせ

  ニフティ―の@homepageサービス終了のため、わがHP「まっとう屋どんべい商店」は、9月29日にて閉鎖いたします。
 ↓ ↓ ↓   ↓

http://homepage3.nifty.com/m-donbei/

 ウインドウズが新バージョンになってから、HPソフトが使えなくなり、事実上の放置状態でしたが、作成や更新作業自体はとてもおもしろ楽しかったので、少し残念です。
  つきましては、リンクを張っていただいている方々、お手数をかけますが、はずしていただけますよう、よろしくお願いいたします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

『おそ松さん公式アンソロジーコミック 【キレイ】』(KADOKAWA)の感想

『おそ松さん公式アンソロジーコミック 【キレイ】』(KADOKAWA)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 これは、【メス】【F6】【こぼれ話集】と、同時発売された公式アンソロジーコミックです。描き下ろしの公式ピンナップもなかなか、かわらしいですが、表表紙のイラストには、いい意味で、びっくり仰天です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

『働く!? おそ松さん~IN おそ川書店~公式アンソロジー』(KADOKAWA)の感想

『働く!? おそ松さん~IN おそ川書店~公式アンソロジー』(KADOKAWA)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 アニメでニートだったはずの6つ子が、出版社に就職して活躍するという内容です。チビ太やトト子といった、メインキャラクターもそれぞれに働いています。イヤミの登場は少なめでしたね。さらに、このアンソロジーでは、6つ子の顔はアニメのままですが、他人同士のようで、冒頭にキャラクター紹介兼設定が載っています。だから、チョロ松がおそ松を、カラ松が一松を、先生と呼んだり、また、十四松が一松を呼び捨てにしたり(これは少々違和感がありました)しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

『おそ松さん公式コミックアンソロジー 今夜は寝かさない』(一迅社)の感想

『おそ松さん公式コミックアンソロジー 今夜は寝かさない』(一迅社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

「今夜は寝かさない」というサブタイトル? がついていますが、夜がテーマというわけではなく、パーティーだ、登場人物達も読者も一緒に楽しもう、みたいなニュアンスのようです。内容はもちろん、健全ギャグで、アニメ本編からの有名エピソードから派生したようなお話が多いですけれども、形式的にも内容的にも、あるキャラが出張る、かたより過ぎ、扱いが悪すぎ、ということがなく、非常にバランスの取れたものなので、これはアンソロジー本の中でかなりいい、お勧めタイプだと、私は思います。
 その中でも、インパクトがあった作品をピックアップしていきましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

『おそ松さん公式アンソロジーコミック【メス】』(KADOKAWA)の感想

『おそ松さん公式アンソロジーコミック【メス】』(KADOKAWA)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 同じ出版社からの公式アンソロジーコミックが、ゲス、F6、キレイ、こぼれ話集と発行されていますが、私は「こぼれ話集」が一番おもしろかったです。それらの感想についても、また近いうちにアップできたらいいのですが、遅筆&身内の事情がある主婦ゆえ、どうぞご容赦ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

8月21日のSUPER COMIC CITY関西22参加について

8月21日に開催される、SUPER COMIC CITY関西22に、 劇団クライシス&HANGOUT...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

『SOUL POWER なにわ SUMMIT 2016』と福島天満宮夏祭の感想

『SOUL POWER なにわ SUMMIT 2016』と、福島天満宮夏祭の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれております上に、曲名やアーティストのことをよく知らない者のレビューですので、ご注意ください。明らかな間違いを発見された場合は、コメントにてお知らせいただけますよう、お願いします。

 さて、私はファンであるゴスペラーズにしても、ろくに知らないのですから、まして他のアーティストならば一般知識以下しか持ち合わせておりませぬ。さらに、チケットを入手しておきながら、SOULとは何か、どのような人が出場予定で代表的な曲は? といった予備情報も得られませんでした。
 ならば、もう開き直って、その場の雰囲気を楽しもう、身も心もリズムに乗ってしまおう、これは音楽、SOULのお祭なんだ、という気持ちで臨みました。こういう楽しみ方は、ファンとしては邪道でしょうし、お勧めするのも気が引けます、けれども。
 非常に、存分に、楽しかったです! 心ワクワク、体ウキウキ! 肌から体の奥までリズムや英語の歌詞が響いてきて、理屈ではなくて、ダイレクトに心へ、SOULへ! 伝わる感じでした。
 これって、きっと、夏という季節や、後で述べる、近隣で行なわれているお祭の影響もあるに違いありませんね。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

大阪に来ました

本日はSOUL POWER なにわ SUMMIT2016が目的です。 一応、ゴスペラーズファンなので...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想・補足

『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想の補足を申し上げます。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今頃補足かと、自主ツッコミしましたものの、やはり書き足りておりませんでしたので、参りますよ。
 えっと、いきなり、おわびです。作者様は猫好きではないかと、私は申しましたが、『かわいいおそ松くん』を読み直してみますと、犬の出番もなかなか多いゆえ、決めつけるのは早急でした。ごめんなさい。
 それから、タイトルが『&バカボン』となっていますから、バカボンネタの感想を、とも思ったのですが、おもしろい、けれども、書きたい気分にはなれないのです。私は、汚れネタが好きではないので。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『わたしがママよ2』(森本梢子)、前回はうっかりレビューしませんでしたが、この付録本、なかなか気に入っております。育児は大変! 子供は天使じゃない! 当たり前のことですが、そこをなかなか今までにない視点で、描いています。幼児パワー恐るべし、といったところですけれども、じっじを含めた大人達のリアルな姿も見えてきます。だから、育児ってすごい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想