8月20日参加情報と、KOF同人誌「ブルー・シリーズ」の重大情報について

 8月20日、SUPER COMIC CITY関西23では、劇団クライス&HANGOUTとして、6号館Cゾーン にて45bのスペースで参加予定です。

(下記の記事はおよそ1年、トップで表示いたします)

  庵×京の長編になるはずだった、ブルー・シリーズですが、申しわけないのですけれども、これ以上、読者様をお待たせするのは忍びないし、私も日頃の仕事や家事で消耗する一方なので、続編の発行中止を決断いたしました。

 本当に、ごめんなさい。

 つきましては、せめてものおわびに、ブルー・シリーズの同人誌と引き換えに、代金をお返しいたしますので、私の参加する同人誌即売会のスペースに本をご持参ください。
 ブルー・シリーズ同人誌の現物と、交換という形で、返金いたします。
 遠方にお住まいで会場へ行けない方、通販を利用された方は、同人誌の奥付の連絡先に、本をお送りください。
 送料分の切手と、本の代金は定額小為替等の形にして、ご返送し、返金いたします。
 お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

『メルカリ公式ガイドブック』(監修:メルカリ 宝島社)と、メリカリそのものの感想

『メルカリ公式ガイドブック』(監修:メルカリ 宝島社)と、プラス、メリカリそのものに関する感想を述べます。ネタバレは、メルカリをインストールして、やってみなくては、無理でしょう。
 私がスマホでメルカリをやってみて、もう3ヶ月くらいになります。通販購入アイテムとしても、欲しいものの検索や出品、コメントやその返しまで、スマホ一つでできるのですから、とても便利なのですが、何よりも、おもしろい! 楽しい! 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

『姉のおなかをふくらませるのは僕』4巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ)の感想

 とっくの昔に読了しておきながら、アップするのが遅くなってしまいました。ごめんなさい、漫画の神様、作者様、この辺境ブログへの訪問者様。『姉のおなかをふくらませるのは僕』4巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ)の感想を申します。多少のネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今回から、また作画エピソード? マル秘ネタ?が加わり、楽しくなりました。京子の三人の友達の細かい設定が、おもしろ楽しいです。私は強面美人のセクシーが、お気に入りになっています。結構、漫画家志望者さんの参考になるかもしれませんよ?
 そして、私は巻末の第28話で、びっくり仰天しました。京子やクラスメイトの女子達から、「料理上手、性格いい、かわいい、いい子だ」扱いされ、好かれまくっていたけれども、本人は普通の男子小学生でいたはずの忍に、もしや、まさかの、恋愛問題?  その心の扉をたたいたのは、他でもない(自主規制)、ということは・・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

『The Book On Coffee コーヒー雑学事典 講談社編』の感想

 書籍『The Book On Coffee コーヒー雑学事典 講談社編』の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本の奥付を見ますと、「昭和61年9月29日 第1刷発行」となっています。コーヒーやその関連の情報としては、やや古いかも。案の定、この本では、「コーヒーは体にいい!」と、強調されているようですけれども、カフェイン? コーヒー? どっちだったのアレルギーについては載っていないし、ドトールやスターバックスといった国内外の有名チェーン店にも言及されていません。コーヒーノキや豆、焙煎などについても、もしかしてですが、現在では違っていることが堂々と述べられているかもしれませぬ。なので、専門的に研究しよう、という方には不向きな読み物でしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

『HONKOWA』2017年7月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2017年7月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。

『真 闇の検証』豊臣秀次のお話。地元の大納言塚が登場しましたので、興味深く読みました(まだお参りしていません。不勉強!)去年のNHK大河、『真田丸』を思い出しましたね。文中にあるとおり、むごい手段で身内の数を減らせてしまったところに、豊臣家の悲劇があったのでしょう。取り分け、秀吉の姉は非常に痛ましいです。このシリーズ、日本史の勉強になりますなあ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

『HONKOWA』2017年5月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2017年5月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『神々の山 魔境の嶺』(原作:安曇潤平 画:猪川朱美)、2本のストーリーです。前半、化け物などは登場しませんが、しかし、猛烈に怖い! 呪い? 悪霊? まったく謎! しかも、その恐怖を知るはずの、真の語り手たる方が・・・・。後半のお話は怖いというよりも、いくらか心温まるもの。語り手様、本当にいい人ですね。どちらも、作者様の絵がバッチリ合っています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

現在、真央ロス中・・・・

 女子フィギュアスケート選手の浅田真央引退の報道を知り、私は大ショックです。  真央ちゃんが決断した...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ』『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ2本目』(Tramp House)の感想

『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ』『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ2本目』(Tramp House)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 あの人気アニメの、同人、つまり、非公式アンソロジーというわけです。なかなか、『松のからさわぎ』の続きが発行されないものですから、以前のこちらの2冊を読んでみたわけです。全体的な感想としては、まあ、おもしろかったです。同人誌にありがちな、ボーイズラブや成人指定を全面的に推してくることもありませんでしたから。反面、何か物足りない感じがしてなりませんでした。その理由は。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

『HONKOWA』2017年3月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2017年3月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『半透明のシグナル』(魚渕あかり)、祝再登場! レギュラー化できるといいですね。怖いエピソードというよりも、霊感のある人の苦労、周囲の誤解など、気の毒な出来事がいろいろ。霊感のある友人の話す内容と、ほぼ同一でしたが、後半の宗教的な場所に対する体感は不思議です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

2月10日開催『第7回奈良フットの会市民講座 足のケアが命を救う~もっと自由に歩ける人生を~』の感想

 眠れないゆえ、2月10日に開催されて聴いてきた、『第7回奈良フットの会市民講座 足のケアが命を救う~もっと自由に歩ける人生を~』の感想を申します。ネタバレはありませんが、私は福祉業界に勤務していても、医療従事者ではないゆえ、聞き違い・メモの殴り書きによるミスはあり得ます。興味を持たれるのはいいのですけれども、どうぞ、全面的に信じることのないように。加えて、あまりにひどいミスを発見された場合は、コメントにてお願いいたします。

 さて、市民講座の内容について、部分的にせよ、打ち明けていいのでしょうか? 大体、情報元の「ならリビング 2017.1.20」に、講演内容や講師の先生方の名前が載っているのですから、よかろうなと、判断しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想

 成年コミック『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 2005年9月発行の、ちと古い作品集ですが、私は結構、好きなタイプのエロ漫画です。収録作品は、「蕾(TSUBOMI)」「いたいけな野獣」「NYMPH(ニンフ)」「木乃伊の恋」「PETTING LESSON」「蠱惑」「仮面の独白」「淫嫁猥母」「アリエナイハナシ」「自愛自涜」「裏窓」「武装査察官 冴木範奈(同人誌発表作品)」と、12編で、すらっと読めます。
 作者様は、巨乳メガネ美人(やや熟女寄りか?)好きなのでしょうかね。男性向けゆえ、陰毛などもバッチリ、細かく描かれていますが、何となく、私はレディースコミックを読んでいるような気分でした。その理由は。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1月20日開催『戸川純35周年記念LIVE 「わたしが鳴こうホトトギス」』(梅田クラブクアトロ)の感想