« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月に作成された記事

2008年4月30日 (水)

「ほんとにあった怖い話5月号」の感想

 一昨日、タイトルの雑誌を読了しました(遅っ!)。簡単に感想を述べましょう。
 今回、読者体験の「ゆうれい寮特集」、すこぶる怖いのですけど!! 寮って生活空間だから、わが家の自室や寝室と、イメージとして絶妙にスライドしてしまいますからね。子供とか赤ちゃんとか、愛らしい存在こそ、霊として出現した場合に不気味! 怖い! 間違っても、夜中に読んではいけません。不眠症になりますよ(経験者は語る・・・・)。私としては、特に、第二話の「英国怪日記」(絵:藤生結)と第三話「看護師寮の住人」に、ぞくぞくきました。

続きを読む "「ほんとにあった怖い話5月号」の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

「オイディプスの刃」感想

 今回は、赤江瀑の長編小説、「オイディプスの刃」について申します。ネタバレですから、ご注意下さい。
 私の手元にあるのは、昭和49年10月5日の初版ものですが、現在はハルキ文庫から発行されていると思います。古本屋さんにも、角川文庫版でよく出回っているようですから、興味をお持ちの方はどうぞ。
 さて、「オイディプスの刃」は、赤江さんの代表作にしてもっとも有名な作品でしょう。日本刀、疑惑という花言葉を持つラベンダー、調香、母への強い慕情、兄弟間の争い、古きよき京都で起こる凄惨といった、一見どうにも関係なさそうな要素が見事に調和・融合し、「そして誰もいなくなった」といわんばかりのラストシーンに至る、すさまじい小説です。
 分野的にはミステリーで、推理的要素もなくはないのですが、希薄です(赤江さんの作品全般の特徴かもしれませんが)。読み手はただひたすら、赤江さんの博学さと、登場人物達のどろどろした情念が生み出す恐ろしさと妖しさ、さらには、まるで舞台劇を見ているような美麗さに、どっぷりひたるべきでしょう。

続きを読む "「オイディプスの刃」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

継続は力なり

 何のメリットもないと、ファンクラブ会員をやめるつもりでしたが、やはり彼らの歌を聞いていると、癒されますし、心温まります。期待していますよ、ゴスペラーズ。これからも、私の同人誌のイメージになり続けて下さい。
 明後日が有効期限最終日だから、忘れないように年会費を入金しておこうっと。さようなら、私の3500円!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

身近なところに、穴場がありましたが。

 シティ系の即売会専用宅配業者は、恐らく大方がヤマト運輸だと思います。今日も、私はペーパー作りをがんばってみたのですが、間に合わず、向かいのスーパーに同人誌だけ先に発送しました(もちろん、5/3用)。こちらがヤマト運輸を扱っていると知ったのが、何と昨日。超近場でラッキー! なはずなのですが、5月1日から業者を佐川急便に変えるそうです。残念!
 まあ、私はいつも夏と冬のコミケ→大阪のシティの順番で発送していましたから、まったく使っていなかったから、仕方ないのですかね。
 それでは、また、ペーパー作りにかかります。こちらのブログやHPとは異なる、新刊作成秘話を述べておりますので、よろしかったら、5月3日、もらいに来て下さいませ(東5 つ66aにおります)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「究極!! 変態仮面」の感想

 あんど慶周のSHUEISHA JUMP REMIX、(最近、こういうタイプのリーズナブルなコミックスが、コンビニで発売されていてよろしいですね)「究極!! 変態仮面」全4巻の感想を申し上げましょ
う。相変わらず、ネタバレですから、ご注意下さい。
 主人公は、拳法部に所属するごく普通の高校生、色丞狂介(しきじょう・きょうすけ)。彼はパンティを頭にかぶると、バイトでSM嬢をやっている母譲りの変態の血が目覚めて、潜在能力が100%発揮された「変態仮面」に変身。そして、刑事だった亡き父の本能に従って、様々な悪人を退治するという、ほぼ一話簡潔のアクション・コメディです。

続きを読む "「究極!! 変態仮面」の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

「恐るべき未来シナリオ」とは未来予知のことだった?

 いやぁ、落ちこむのも疲れましたので、昨日、私がよどみきっていた経緯を簡単に申しましょう(私はネクラではあるけれども、悩みが長続きしないので、シンアカ〔芯は明るい・紅林造語〕ではないでしょうか)。
 派遣会社の世話役というべきコーディーネーターさんが、私をわざわざ別室に呼び出してお知らせするには、「経費削減のため、紅林さんの契約期限は5月で打ち切りになりました」とさ。
 やばいなあ、「恐るべき未来シナリオ」の予想よりも一ヶ月も早いじゃないか、現実は私のちゃちな脳髄よりも鬼畜だよなと思いながら(何が辛いって、経費削減と言いながら、打ち切りは私一人のみらしいということ)、残業して(それでも働かせられる。大企業とはこういうものですよ)、コンビニでヤングチャンピオンを購入して、スーパーに立ち寄って晩ご飯のおかずを買って帰宅。先に帰っていたダンナに報告したところ。
 私「すんません。どうも、私は上司うけが悪いみたい」
 ダンナ「そうか、おまえ、またクビか」
 私「クビじゃない。契約打ち切りだい! 二度目のリストラみたいなもんだ!」
 ダンナ「だから、早い話がクビやないか」
 私「うるさいわ! ずっと同じ職場ばかり勤めやがって、偉そうにぬかすな、ナマズ男!」
 と、逆ギレ同人主婦VS土着民の男という、夫婦ゲンカにまで発展したのでした。疲れましたよ。
 やれやれ、夏コミ新刊予定に、もう黄信号が出ましたね。ダンナは、「おまえの趣味に、金の援助はしない」と、断言していますから、ひょっとすると、夏コミに当選して参加できても、「今なお無職ですので、新刊は発行できませんでした。ごめんなさい」なんて、おわびを貼り出すことになるかも。
 ところで、悪いことは絶対に言葉にするなと、昨日、自分で申したくせに、何でまたやってしまうのでしょう。正直ですね、私。意外とナルシストなのかも。
 だから! こうして! 自分自身に! 喝! を入れたいのですよ。負けませんよ。私は私を信じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

たとえ冗談でも、縁起の悪いことは言葉にしては駄目ですよ。

 上記タイトルの真理を、私は現在、身にしみて感じております。一体、何が起こったのか? 覚えていたら、後日にお知らせしましょう。今、真っ正直に述べたら、グチと泣き言のオンパレードになりますゆえ。
 5月3日用のペーパーは少しずつですが、できつつあります。
 うまくいけば、明日、あるマンガの感想をお知らせできるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

凍牌4巻の感想

 さて、「凶悪そうな面構えのおっさんの中にたった一人でいて、しかも引けをとらない」「でも、武器は麻雀の腕前と並外れた記憶力、分析力のみ」という、わずか15歳の美少年である、主人公Kが私のツボに入りまくりゆえ貪り読んでいる(長いっ!)、凍牌4巻の感想を申します。またしてもネタバレですから、ご注意下さい。
 出だしの1巻は別として、4巻は2,3巻よりも穏やかに、インターバルみたいな感じで展開すると、私は予想していました、が、見事にはずれました。最後のお話、第三十九話で、私が以前に最新の凍牌情報としてこちらにアップしたとおり、Kは何と切腹してしまいます。血を流して仁王立ちになりながら、「ボクは全ての約束は守る!!」と、断言。展開が読めません。これからどうなるのやら、知りたいような怖いような。

続きを読む "凍牌4巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

大事なことを忘れていました!

昨日、もっともらしいことを申しましたが、私、まだペーパーを作っていませんでした。ごめんなさい!
そんなわけで、今日明日の予定を変更いたします。(;^_^A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

HPの更新をしています!

 本日は久しぶりに、わがHP「まっとう屋どんべい商店」の更新をしております。同人関係のまっとう屋、一般向けのどんべい商店ともども、新しくなっておりますので、よろしかったらご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/m-donbei/
 それが終わったら、私は凍牌4巻や「ほんとにあった怖い話」を読みます。明後日から夏コミ原稿にかかりますが、それまでの息抜きです。あ〜幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

祝! 日本三連覇

 フィギュアスケートのジャパンオープン2008にて、日本チームが三連覇を成し遂げましたね。おめでとう!
 最後の浅田真央の演技に小さなミスがあって、優勝は無理かなと思っていたのですが、よかった! お尻もプリプリして、かわいかったし、グッド! 中野も技に磨きがかかってきたようで(私の見たところ、ノーミス)、来年がますます楽しみです。
 はーっ(ため息)、惜しむらくは、安藤美姫のムチムチ太ももが見られなかったことですね。再起を心から祈っています。がんばって下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

鉄腕バーディー18巻の感想

バーディーが今夏、アニメ化されるそうですね。一度は見ておきたいです。楽しみ!
 そういうわけで、18巻の感想です。いつものようにネタバレなので、ご注意下さい。

 今回にて、「千年の鼓動」、謎の鬼との闘い編は終わりです。クラスメイト達と取材旅行(温泉旅行?)に行った先で、突然、鬼が出現して犠牲者も出る。この鬼と宿を経営する姉弟が、どうやらアルタ人と深い関わりがあるらしい。バーディーが解決しようにも、村人達は妙に閉鎖的で大変そう・・・・というのが、今までのストーリーでした。18巻では、問題の鬼にバーディーは予想外の苦戦を強いられます。ところが、思いがけず、宿の娘、紅葉(なぜかバーディーと容姿がよく似ている)が弓に似た武器によって加勢し、どうにか鬼は倒せました。紅葉の要請により、バーディーが宿の地下に行くと、その秘密の部屋(本当は地球に不時着した、アルタ王家の宇宙船)には、三年前死んだ紅葉の母を初め、千年間の歴代当主がぞろぞろと。リーダー格たる初代当主は紅葉に、家すなわち王家を継げ、そしていつの日かアルタ星への帰還を果たせと、命令しますが、紅葉は、「アタシはここで生まれ育った」と大反発。バーディーも紅葉に加勢し、宇宙船動力部を破壊するも、爆発の巻き添えになりかけます。あわやというところで、何と初代以外の先祖達が助けてくれたのでした。宿は崩壊してしまったけれども、紅葉と惟光の父は親戚衆を気にせず、自らの考えで警察に届けることにしました。「有田本家は、どこへ行ったって生きていける。それを示すのがご先祖の惟家公への供養だ」と、古臭い因襲から自由になることを表明して、という、なかなか後味のいいお話でした。

続きを読む "鉄腕バーディー18巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

桜のシフォンケーキで

入稿お祝いということで、帰りは難波のカンテGに立ち寄り、桜のシフォンケーキとチャイを楽しんできました。目一杯、桜の風味、香り、色、味わいが含まれており、軽い口当たりながら、印象が強くておいしかったです。(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入稿完了!\(^O^) /

ありがとう!見えない天使さん、アクセサリー、愛玩石くん、私を応援して下さった方々、それから私自身に、心から感謝します。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ入稿!

今、大阪行きの電車待ち中です。完徹プラス昼飯ぬきで、よーやく完成しました。もちろん、印刷屋さんへ向かいます。事務作業が十分できなかったのが、とても気掛かり。うまくいきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日が

 凍牌4巻の発売日です、・・・・って違う! まあ、すでに今日と明日の境目にありますが。
 いよいよ、明日が入稿日です、締切です! それなのに、私は長編の第二章の推敲がまだ終わっておりません。無事に、原稿が完成できるのでしょうか。
 以上、緊迫した現場からのレポートでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

地獄の中の天国

 ゴスペラーズの歌ふうに表現すれば、「一筋の軌跡」と言うのでしょうか。推敲をして訂正や資料の調べ直しをしていると、ほんの一瞬、心地いい風のようなものを感じるのです。目に見えない天使が私のそばにきて、「ほらほら、自分を信じてがんばりなさい」と、笑いかけてきているのでしょうか。
 それで、私もちょっぴり楽しくなる(さすがに、笑うパワーは残っておりません。昨夜も終わったのが、午前4時でしたからねえ)、余分な力がすうっと抜けて・・・・思いがけない不思議なフレーズ、生き生きした台詞が、いつの間にやら私の手を通じて生み出されているわけですよ。
 やはり、これですよ。小説やエッセイに限らず、文章を作る者にとって、これほどうれしく充実した瞬間はありません。
 残念なことに、そういう瞬間は、継続してくれないのですけどね。もっと修行しなければいけないということですか、天使さん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

決定しました!

昨夜(といっても、午前三時過ぎだから、本当は今日)、ようやく、やっと、ついに『せいぎのみかた』の総ページ数と収録作品が決定しました!さあ、今夜もすいすい、推敲しますよ!(原稿がまだできていないのがポイントです。(;^_^A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

まるで、天国のような地獄

 最近ずっと、私はしつこく原稿の進み具合やそれにともなう心身の疲れについて述べていますが(うっとうしくて、すみません)、もう一つ、困った問題を抱えています。
 それは、どんどん増えていく「入稿が終わったら読みたい、お宝本」なのです。マンガだけでもタイトルを申せば、鉄腕バーディーに左近、変態仮面、賭博破戒録カイジ、鋼の錬金術師と、とこれだけ。
 読みたい、読みたいですよ。でも、ページを開けば、どっぷりはまる。もう時間が足りなすぎるのに、入稿できなくなる! というわけで、ダンナにも頼んで、お蔵入りにしてもらっています。
 間近にあるのに、読めないなんて! 読書人にとっては、まさに天国のような地獄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

ちょっとインターバル

 昨夜(といっても、2時30だから正確には今日)、やっとのことで一章の一部と四章の書き直しを終わりました。これで、7Pほどカットできました。できれば、二章をもう少し削りたいところですが。
 煮詰まって思考が停止しそうなので(正確には停止というより、暴走状態です。リミットを越えると、私っておもしろくなりすぎ)、今日は五十鈴川以外の作品の推敲をする予定です(って、これからやるのか!←自主ツッコミ)。そして、ようやく、やっと、必死の思いで、ページ数が確定されます。
 よっしゃ! やりますよぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

同人誌ハイ?

 ランナーズハイというものがあるのなら、同人誌ハイもきっとあるのでしょう。昨日に引き続いて、フルタイム残業の紅林(それとも、紅林の抜け殻か?)が、実感して申し上げます。
 食いしん坊欲もないし、読書欲も枯渇。相変わらず、寝つきが悪く、今、何をしているのか、しょっちゅう忘れるという、ものすごい状態になっていますが、どうして私は、パソコンの二台目君に向かうのでしょう? 気がついたら、推敲して、バチバチとキーを打っておりました。ねえ、どうして? さらに、何を作るつもり?
 昨夜、急に思いついて、一章を14Pから10Pに減らしました。さあ、今晩中に四章を書きなおしましょうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

あっちもこっちも忙しい!

 風邪もどうにか峠を越して、さあ原稿に本腰を入れるぞ! と意気ごんだ本日、まぁ仕事が忙しいこと! まるでお祭り騒ぎのような一日でした。
 それでも、やっっっと解放されて、今は一人きり。さあ、第三章の推敲にかかりまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

体調不良継続

 鼻風邪がまだ、治りきっていません。薬を買いに出かけた時、小学校前の桜並木がきれいでした。携帯で写真は撮りましたので、自分用の待ち受け画面にしようと思います。
 スーパーシティまで、とっくに一ヶ月を割っていますね。行きの夜行バスと、帰りのひかり早得チケット、どちらも何とかゲットしました。準備は順調です。肝心カナメな原稿作成を除いては(自爆)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

再起不能(リタイア)でないだけ、マシ

 本日は、久しぶりに本の感想を投稿するつもりだったのですが。
 本日、急襲した鼻風邪のため、取りやめにいたしました。残念。原稿をやろうにも、気分転換という名の現実逃避というか休憩を取りたくとも、鼻水ダラダラでは、何もできません。せめて、第四章の途中まででいいから、少しは見直しをしておきたいです。
 明日は、創作系同人誌イベント、そうさく畑がありますけれど、この体調では無理のようです。
 なぜ、唐突に風邪を引いたのでしょう? 私にはどうも、昨日、ネガティブになっていたから、同人誌の神様が怒ったように思われてなりません。
 とにかく、明日中にがんばって治しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべき未来シナリオ

 草花の写真の投稿などをしてきた私ですが、もちろん、5月新刊原稿の準備(推敲)は、毎日やっております。現在のところ、4章あるうち、2章まで形を整え、ページ数が決まってきました。しかしながら。
 第一章 下書き18ページ → 一回目推敲 14ページ
 第二章 下書き51ページ → 一回目推敲 38ページ
 こんなふうになるなんて、我ながらおかしくてたまりません。
 それで、ひょっとして以前に、HPまっとう屋どんべい商店でも述べたかもしれませんが、私は下書きでも推敲でも調子が乗ってくると、興奮するせいか、ひどく眠れなくなります。早めに寝ついても、午前三時を過ぎて、ようやくうとうとする始末。
 もちろん、今は極度の睡眠不足状態にあります。眠っているのが3時間半なんて、学生の頃だってそんな無謀なことはしませんでしたよ。おかげで、静かであったり、一人きりになったり、二つの条件が重なれば特に! 時と場所をわきまえず、うとうとしてしまい、大変困っています。今日も、接骨院さんの施療中に眠ってしまい(ぐきぐき指圧されている最中だったのに)、先生方から笑われてしまいました。
 ま、接骨院さんで眠るくらい、冗談で済みます。「最近、疲れていて」と、言いわけすれば、先生方に納得もしていただけるでしょう。
 問題は、職場でも、私は意識を失いがちになっていることです。頼みの綱のコーヒー、ブラック・ブラック、クロレッツ・ハイパーといった目覚ましガム、あのドリンク、眠眠打破も効き目が薄れています。
 だから、下手をすると、六月あたりで派遣契約期限を打ち切られるのではないかと、懸念しております。「居眠りばかりして、勤務態度が悪い!」と、上司から判断されるかもしれませんからね。そう、事実上の懲戒免職ですよ。いやだなぁ。こんないやな予感は、絶対に当たってほしくないです
(縁起の悪いことなら、文字にしなければいいのに、「もの言わぬは腹ふくるるわざ」(徒然草)なので、あえてやってみました。さあ、どうなるか、後のお楽しみ)
 今日明日も、推敲をどしどし進めなければなりません。あまり調子に乗り過ぎないよう、時にはブレーキをかけるべきでしょうか。それとも、「ビッグウェーブ」に乗った方がいいのでしょうか。難しい・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

かわいい春③

チューリップと並んで咲いていた、恐らく、スミレです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい春②

勤務先のプランターに咲いていた、チューリップです。超メジャーというか定番ですが、それでもきれい!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

かわいい春①

青いオオイヌフグリと黄色のタンポポです。やっぱり、春の妖精みたいな野草ですね。昔、オオイヌフグリの意味を知った時は、ショックでしたが。(;^_^A
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

昨日の補足です

私としたことが、スーパーシティ参加日をお知らせしていませんでした。ごめんなさい、ゲームの日、憲法記念日です。庵×京新刊を用意して、お待ちしています。(;^_^A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »