« 昨日の成果 | トップページ | 体調不良につき »

2008年6月21日 (土)

『御石神落とし』7巻の感想

『御石神落とし』(原作:永久保貴一 漫画:増田剛 白泉社)の感想です。ネタバレですから、ご注意下さい。
 今回、主人公の神成は、御石神によって江戸時代の吉原にタイムスリップしてしまいます。そこで、高名な花魁や、また、道中突き出しを目前にした生娘の少女といたす、というストーリーです。
 おもしろくなくはないです。むしろ、有名であるけれども実態は知られていない吉原のことを知るためには、とても参考になると思います。お勧めです。しかし、私としては物足りなかったですね。吉原の遊女達の衣食、習慣等、もっとディープに知りたかったです。また、他の本も探してみましょうっと。

|

« 昨日の成果 | トップページ | 体調不良につき »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/41603501

この記事へのトラックバック一覧です: 『御石神落とし』7巻の感想:

« 昨日の成果 | トップページ | 体調不良につき »