« これにて確定 | トップページ | 白鳥百合子、復活!? »

2008年6月10日 (火)

秋葉原の通り魔事件について

 8日(日)正午すぎ、私が奈良ファミリーでのん気に父の日グッズを購入していた頃、東京の秋葉原で、死者7名というむごたらしい通り魔事件が起きましたね。今まで、私は時事関係の話題は、「専門的じゃないし、私自身、好き嫌いがあるため、冷静に意見を語れない」という考えでしたので、あえて避けておりましたが、今回は、少しだけ申しましょう。
 それはなぜなのか。理由は、犯人が派遣社員で、(少なくとも以前は)ゲーム好きという、とても私に近い立場と好みを持っているからです。だから、下手をすると、私が犯行をやっていたかもしれないと、胸がちくちくする思いで、凄惨なニュース映像やインタビューを見聞きしておりました。それに、私も投稿し、またいろいろな人達のものを読ませてもらっているブログが、犯行予告に使われたことも、実に恐ろしい。
 犯人は今、事実ならば、取り調べを受けながら、時折、涙を流しているそうですね。私は犯人を弁護するつもりはないのですが、本当に犯人がやりたかったのは、アキバでの通り魔でなく、他人から理解してもらい、「君は辛かったんだね。かわいそうに」と、ねぎらいの言葉をかけてもらうことではないかと思われて、仕方がないのです。どう考えても、私には犯人の動機、犯行に至った経緯が理解できないのですが(これから、いろいろな論説が出るでしょうが、読んでもわからないでしょうね)、人間は神様でも悪魔でもなく、人間なんです。宇宙に比較すれば、悲しいほど小さくてはかない、ただの人間にすぎないのです。
「誰でもいいから、人を殺したい」という、ゆがんだ熱情のよりどころは何か。本当に、自分は何をしたいのか。どうなることが幸せであり、喜びなのか。何のために、生まれてきたのか。他人をどうこうするより先に、自らのそんな悲しみ、怒り、孤独、恐怖、卑小さと、犯人は向き合ったことがあったのでしょうか。もし、自分が何に絶望しているのか、察知できたら、本当にやりたい行動が見つかるし、そんなひたむきな態度に他の人々も共鳴していけると思うのです。
 派遣という社会的に弱い立場の人間が、さらに弱く罪のない人達の命を奪う。こんなむごたらしいことは、もう二度と起こってほしくありません。

|

« これにて確定 | トップページ | 白鳥百合子、復活!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/41495479

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原の通り魔事件について:

« これにて確定 | トップページ | 白鳥百合子、復活!? »