« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008年7月31日 (木)

ヤングサンデー、ついに 休刊!

七月最後の日をもって、ヤングサンデーが休刊しました。九月より、多くの連載がビッグコミックスピリッツへ移ったり、増刊号に掲載されたりするようですが、『絶望に効くクスリ』は今号にて完結でした。作者の山田玲司さんは、また第2シリーズをやりたいそうです。気長に待ちましょう。
感想はまた後日に。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

えひめAIウォーター作りの注意③

これが、えひめAIアドバイスの最後でしょうかね。
①で申しましたが、えひめAIは大量の炭酸ガスを発します。容器のペットボトルが変形して、立たなくなったこともありました。
でも、大丈夫!コーラなどの炭酸飲料用のペットなら、びくともしません。
ま、どうしたって、初日と二日目は、しっかりとガス抜きをしなければいけませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

えひめAIウォーター作りの注意②

私が嬉々として、納豆、ヨーグルト、ドライイースト砂糖を水とブレンドしていますと、ダンナがびっくりしてアドバイスしました。
イースト菌はもちろん有益ですが、扱う際に、指先がささくれていたり、小さな切り傷があったりしますと、そこから侵入し、激痛、化膿を起こすそうです。
だから、イースト菌を扱うのなら、なるべくゴム手袋をした方がいいそうですが、暑いから、私はやめました。第一、手にケガはしていないゆえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

えひめAIウォーター作りの注意①

発酵初日と二日目は、大量の炭酸ガスが発生します。栓を緩めてガス抜きをする際は、一気に開けると、中味がこぼれてしまいますよ。慎重に、少しずつ、緩めと締めを繰り返しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

いざ、えひめAI ウォーターづくり

今日から、えひめAIウォーターづくりを始めます。レシピは検索してみて下さい。
これは掃除や洗い物のアシスタントとして、とても役立つのです。目一杯、洗剤を使わなくてもいいですし、ヨーグルトとパンの混ざったような完成品の匂いが、私は大好きなのです。
写真は、材料すべてと水道水を混ぜ合わせたばかりの状態。イースト菌かヨーグルト菌が、即座に発酵作業を開始しているようです。一週間後の出来上がりが、とても楽しみです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

『鉄腕バーディーDECODE』の第四話の感想

『鉄腕バーディーDECODE』の第四話の感想です。いつものようにネタバレですから、ご注意下さい。
 いったん、バーディーは母星オリオテーラに戻ります。ギーガーとバチルスの事件の審査のためでした。その裁判所だか審判所に向かう途中で、バーディーは自らにゆかりのある様々な人々と出会います。しかも、審判の席上で、互いに反りが合わないネーチュラー・ゲーゼと出会います。彼女はバーディーの無能を糾弾しますが、急遽、つとむが入れ替わってバーディーを弁護。他の審判官の同意を得て、思いがけず、つとむと意識共有している状態まで認可してもらえます。前回、大破したテュートはサルベージされ、携帯電話の形となりました。

続きを読む "『鉄腕バーディーDECODE』の第四話の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

やっぱり、なまっていました。

別になまけていませんでしたけれども、心身がなまりまくっています。八時間足らずの拘束が、何と長く感じられることよ!
昨日は余力がありげに申しておりましたけれども、買い物をして帰宅したら、一気に緊張が解け、同時に疲れが噴出し、一時間半寝ついてしまいました。原稿は、全然できませんでしたよ。
せめて、今日はそうならないよう、ベッドに寝転ばないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

・・・・生きていました。

やっぱり!思ったとおり!当然ですが!
初出勤は研修のみとはいえ、きつかったです。今の私には、皮肉もエロネタもない、ただのヒトです。
明日から、いよいよ本格的な仕事開始。信じていますよ。がんばれ、私!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

本日の収穫物といただき物

今日、大阪にていただいたり、買ったりしました。あいにく、本命の四コマ漫画はありませんでしたが、ここにある分は、いつか感想を投稿したいです。
実は、明日から働くことになったのです。叱咤激励していただき、どうもありがとうございました。
しかしながら、何分、求職期間が長かったため、身も心もなまっています。もしかしたら、数日は投稿を休むかもしれません。すみませんが、よろしくお願いします。m(__)m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

気がつけば(;^_^A

気がつけば(;^_^A
和歌山電鐵の、おも電ことおもちゃ電車を乗ってもいないし、撮ってもいません。鉄子失格でしょうか?くやしいので、記念うちわの写真を載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

特撮は楽しい。

 最近、仮面ライダーキバは、ヒロインのゆりよりも、ファンガイアのクイーンの方に、私は目が移っております。紅音也にはごく普通の女性のふりをしながらも、同族達には残忍さを示す落差が、とてもゾクゾク。あんな女王様になら、私もお仕えしたいです。
 また、ダンナにつき合って、電王のDVDを見ておりまして、目的は白鳥百合子の脚線美観賞のはずが、途中登場の桜井侑斗とデネブのコンビには、大笑いしました。闘いに参加するばかりでなく、家政夫となって侑斗にご奉仕し、主人公良太郎と友達になれるよう、はからってやるなんて・・・・。実際に、こういうタイプがそばにいたら、大迷惑しますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

実家にて

 3〜4ヶ月ぶりに、実家に帰りました。仏壇そばのりりしい祖父母の遺影を見、いつぞやの水木しげるの戦記マンガの内容を思い出して、胸が痛くなりました。
 両親の元気な姿に、少しばかり安心しました。やはり、家族は私の大切な味方です。

 私にできるお礼としては、とてもささやかですが、いつかきっと、マッサージチェアを買ってあげようと、決心しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

『鉄腕バーディーDECODE』の第三話の感想

『鉄腕バーディーDECODE』の第三話について、感想を申します。ネタバレゆえ、ご注意下さい。
 しかし、今回はさほどストーリーが動きませんでしたね。大金持ちお嬢様である中杉の体質の謎は、まだ解けていません。マハラジャなるテレビ界の大物が登場してきましたが、今後のストーリーにどう絡むやら。それから、やっと、カペラの台詞が入りましたよ。バーディーによるバチルス殺しの様子を高みから見物し、よくやった、みたいなことを申しておりました。冷酷なカペラらしいですなあ。

 

続きを読む "『鉄腕バーディーDECODE』の第三話の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケカタログ、到着\(^O^) /

コミケカタログ、到着\(^O^)<br />
 /
掃除の最中、佐川急便さんが届けてくれました。コミックマーケット74カタログです。表紙の女の子、かわいい!猫ちゃんも描かれていて、得した気分です。
だけど、毎回コミケカタログって、結構いろいろ妨害してくれるのが困りものです。おもしろすぎ!充実すぎ!おかげで、一時間以上経っても掃除がまだ終わりません(それなら、投稿するより先に、掃除しろ、と自主ツッコミ)。
サークル参加者様、カタログの誘惑に負けずに、原稿をがんばって下さいね!(^Q^)/^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

それは違うでしょう、原口さん!

 昨夜、「どろろ梵−感想」という項目にてグーグルの検索をかけたら、思いがけず、漫画家の原口清志さんのHPにヒットしました。私は喜んで、本来の目的を忘れて、あっちこっちを読ませていただいていたのですが。
http://homepage2.nifty.com/PINKNUT/index.html

(↑参考までに、こちらがそのURLです)
 だんだん、変に違和感に見舞われてしまいました。それというのも、私はかつての原口さんのマンガのファンだったのですが、結局、連載が中止されてしまったのですよ。以降も、リサイクル本屋さんで単行本を入手して読み続けておりましたが、『しゃがら』ほどおもしろい作品はありませんでしたね。それで、原口さんはHP上でいろいろと、過去の作品の解説と、中断の経緯(体調のことや掲載誌の休刊など)、当時の編集の批判的な言動について述べておられますけれども。
「そんなごたいそうなものじゃないですよ。ただ、すべての作品において、ストーリーに今一歩、深みが欠けていたのです」と、私は思いました。
 ていねいに描く方だとは感じるのですが、『しゃがら』にしたって、「『どろろ』の二番煎じで、怪物も被害者も少女ばっかり。いくら少年誌だからって、作者の趣味丸出し」と、言えなくもないのですから(言ってるだろう←自主ツッコミ)。でも、私を毎週期待させて下さったのだから、きっと次こそはおもしろくなるはずと信じて、ヤングチャンピオンからポプリクラブ・ダイハードまで購入しましたよ。しかし、どんどん、「何これ」な内容になって、最近はとんと見なくなったなと、感じておりました。
 わかりましたよ、原口さん。『しゃがら』の連載は大変だったでしょう。『シスターヴァイス』は、短編マンガの先駆だったでしょう。しかし、おもしろくなければ、すべて×。
 こんなに懇切に過去の作品を語っている暇があったら、マンガ雑誌の編集さんに連絡したらどうでしょう? 今、何が描けるか、何を描きたいか、はっきりさせて、描くべきですよ。石にかじりついてでも、描き続けなくては! 商業誌が無理なら、コミケやコミティアで同人誌を作るとか、HP上で新作を発表するとかの方法があるはず。
 とにかく、今! 描いて下さいよ。
(本日の投稿内容、そのまま自分に返ってきているように思います。反省)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

『生まれ変わりの村①』の感想

 遅くなりましたね。『生まれ変わりの村①』(森田健:河出書房新社 発売)の感想を申します。今回はネタバレに加えて、スピリチュアルな内容がありますので、苦手な方はご注意下さい。
 作者の森田健さんが、中国奥地にある、「生まれ変わりの村」に行き、前世及び(人によっては前々世も)死んだ瞬間、あの世の記憶を持つ84人の村人の、インタビューメインの調査記録です。もっとも、調査は続行中でして、この本は第四次調査まで、事例も二十三にとどまっており、タイトルに①とある以上、さらなる発見は次号以降になるようです。

続きを読む "『生まれ変わりの村①』の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

『ほんとにあった怖い話 学校怪談 百物語スペシャル!!』の感想

 ちと忙しいため、『生まれ変わりの村①』の感想は後日にさせていただきます。
 それで、コンビニで購入した『ほんとにあった怖い話 学校怪談 百物語スペシャル!!』(朝日新聞出版)ですが、あまり期待していなかったせいか、なかなか怖かったです。マンガと短い文章の体験談と合わせて百話の豪華版で、百物語形式になっていますから、「怪談とか怖い話、苦手!」という方には、冗談でもおすすめできません。でも、合間に登場する、ナレーター役のじいさんは全然怖くないです(むしろ邪魔)。
 学校怪談とひと口に申しましても、怪談話のない学校こそ珍しいのではないでしょうか。私としては、コックリさんや、歌が途切れた瞬間のお話、どこまでも追いかける幽霊(学校で、一番怖い場所はトイレ?)、そして百話目の結末が、特に印象に残りました。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

今日は暑かったですねえ・・・・

 暑さに強いはずの私ですが、それでも夕方にはぐったりでした。
 もう少しで、HPがアップできそうです。バトンのお答えですが、うまく答えられたでしょうか?
 本日、森田健さんの『生まれ変わりの村①』を読了しました。明日は感想を載せられると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

市立図書館にて

ハローワークで失業保険給付手続きをすませた帰り、活字中毒本能がうずいてたまらず、市立図書館内にダイブしました。
気がつけば、三時間立ちっぱなし。以前から読みたかった、斎藤一人さんのエッセイと平安寿子さんの短篇集を借りましたが、結局、水木しげるさんの戦記漫画が一番インパクトがあったものの、描写が残酷で恐ろしすぎて読み進められず、断念しました。
水木さんの絵の緻密さと美しさは知っていたつもりでしたが、一度戦争を描写すると、残酷、悲惨、絶望、断末魔、死屍累々、そんな人間の所業とまったく関わりのない空や海、逝く者と残される者の哀しみが、こんなにダイレクトに表れようとは!
すごい発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

ちょいとHPの

 今、HPの更新、文字の訂正、ペンネームのお名前をアルファベットにするなどの作業をしております。読んでいるのは、『生まれ変わりの村①』(森田健)と『ほんとにあった怖い話 学校怪談・百物語スペシャル!!』(朝日新聞出版)です。おもしろければ、また感想を載せますね。さらに、明日はハローワークに行かなくてはいけません。
 そういうことですので、もうしばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

『鉄腕バーディーDECODE』第二話の感想

 ナイター中継延長にひやひやしながらも、うまく録画できました。ダンナ、ありがとう! 先週に続いて、『鉄腕バーディーDECODE』の第二話の感想です。ネタバレいっぱいですから、ご注意下さい。
 第二話と申しましたが、ちゃんと英語のサブタイトルがあります。省略させていただいていますが、ちょいと苦言。英語にすることに、深い意味があるのでしょうか。SF→スタイリッシュ→英語の発想からだというのなら、安直ですなあ。いちいち、頭の中で和訳したり、辞書を開きたくなったりするので、非常に面倒なのですよ。
 ストーリーは、自らの肉体が死んでしまったため、宇宙連邦側に修復を任せる間、バーディーの体に意識を移すことによって、仮の生を与えられたと、主人公つとむは、バーディーの上司、メギウス警部(バッタ人間)から知らされます。もう拒絶することもできず、しぶしぶ、バーディーとの二心同体生活を始めるのでした。

続きを読む "『鉄腕バーディーDECODE』第二話の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

気がかりが、たくさん!

 さて、私が抱えている問題をいくつか申しましょう。
 先月の電話代の請求額が、1万円を越えていました。はい、私が悪うございました。払いますよ(アナログ回線によるインターネット使用は、こういうことが起こるのです)。まったく、先月末も恐怖の市民税を払ったばかりなんですけどねえ。
 うはっ、任意継続した健康保健を3ヶ月分、まとめて払えと、そんな通知も来ましたぞ(失業しますと、国民年金とか、いろいろ物入りなのです。わかっていましたけれども、忘れていました。ああ、おバカ←自主ツッコミ)。
 今晩、試合終了までナイターを放送するって? アニメのバーディーは、うまく録画できるのですかね?
 ヤングサンデーが、7月31日発売の35号をもって休刊!? バーディーは、土竜の唄は、クロサギは、水商は、とめはねっ!は、Dr.コトーは、絶望に効くクスリは、どうなるのでしょう?? ああ、わが身の上のみならず、心配で気がかりです。
 今晩は、おいしい料理をつくって、原稿に精を出して、読書に没頭して、心を楽しませてやります。どんよりした気分からの解放は、もう、「忘れて遊ぶ」しかありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

バラはあこがれ バラは

ある方からいただいた、バスグッズです。バラの香りがよくて、本来の目的でなく、ベッドサイドと仕事デスクに置いています。はぁー、心地いい。原稿にどんな影響があるか、楽しみ。
ちなみに、4章まで下書きができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

『鉄腕バーディー』19巻の感想

 コミックスの『鉄腕バーディー』(ゆうきまさみ・小学館)19巻の感想を申します。いつものようにネタバレゆえ、ご注意下さい。
 新章開始です。今までちらちら登場していた連邦のネーチュラー・ゲーゼが、突如として表れ、メギウス警部に代わって、バーディーの直属の上司になります。長身ナイスバディの美女だけど、性格は過激にして容赦なし。バーディーは、承知するしかありません。

続きを読む "『鉄腕バーディー』19巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

『土竜の唄』13巻補足・名台詞

 玲二と純奈のセックスで大半を占めてしまった『土竜の唄』13巻ですが、最初の方で、ひん死の日浦が、号泣し取り乱す玲二に語りかける、いい台詞をご紹介します。
「いい種も 悪い種も、/自分(テメエ)が蒔いたモノを 刈り取るのが 人生だ。」

「だから 人生ってのは 面白い。」
「いい花 咲かせろよ、/兄弟。」
 これが、クレイジー・パピヨンの遺言にならないことを祈ります。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

『土竜の唄』13巻の感想

 ようやく読了しましたコミックス、『土竜の唄』(高橋のぼる 小学館)13巻の感想を申します。相変わらずのネタバレですから、ご注意下さい。
 読了後、しばらく、私は口をパックリ開けていました。これは、いい予想外だったのか、それとも悪かったのでしょうか?
 あらすじは、非常にシンプルです。主人公でモグラこと潜入捜査官の玲二は、警視庁組織対策犯罪部の刑事桃川によって、他の阿湖義組の面々と連行される途中、兄弟分の日浦が狙撃されます。日浦は、両足がちぎれる重傷を負って救急車に運ばれるものの、桃川は再度、玲二に、「情報屋になれ」と、ささやきます。しかし、玲二は彼女の制止をふり切って、手錠をつけたまま、逃走。たどり着いた先は、谷袋警察署独身寮。そして、かつて思いを抱いていた若木純奈の部屋へ侵入、「セックスさせてくれ!」と、頼みます。純奈は拒絶するものの、みっともないほど一途で真剣な玲二の姿にほだされ、承知します。

続きを読む "『土竜の唄』13巻の感想"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

『鉄腕バーディーDECODE』第一話の感想・訂正

 補足どころか、この度は訂正ということで、申しわけありません。
 昨日の 『鉄腕バーディーDECODE』第一話について、誤解されるようなことを述べておりますので、訂正します。
 カペラの出番は、ほんのちらりで、台詞なしです。レビは直接、登場していません。ゴメスの台詞の中で、「レビ様」と言われている程度です。
 私の感想を読むと、二人とも登場したようになっているでしょう? すみません。
もうちょっと、気をつけます。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

『鉄腕バーディーDECODE』第一話の感想

 バーディーのファンなら、テレビ嫌いアニメ苦手であろうとも、一度は見ておくべきだろうと思い、何年ぶりかにビデオを録画、視聴しました。ネタバレですので、ご注意下さい。
 ヤングサンデーの情報では、原作とは異なるオリジナルストーリーっぽくなるとのことでしたが、まあ原作ファンとしては、それほど違っていなかったので、意外だったような、安心したような、複雑な気分です。

続きを読む "『鉄腕バーディーDECODE』第一話の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

丸玉ガーネットのピアスが!

玄関の掃除中、ずいぶん前になくしていた丸玉ピアスの片方が、無事に見つかりました!ドアが閉まると隠れてしまうミゾに、はまりこんでいたのです!今、塩に埋めて浄化しておりますので、お見せできないのが惜しいです。
何だか、運がよいですな、私。この調子で、原稿やブログ、HP、家事に求職活動、がんばっておいで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

『鋼の錬金術師』18、19巻の感想

 ベルセルクに続いて、再びダーク・ファンタジー漫画の『鋼の錬金術師(荒川弘 スクエア・エニックス)』18、19巻の感想を申します。やはりネタバレですから、ご注意下さい。
 またまた、超有名作品だから、ストーリー紹介はさらっといきましょう。エルリック兄弟の幼なじみ、ウィンリィが、彼らのいるブリッグスにやって来て、背後には殺人狂のキンブリーが。一方、軍側の動きが激しくなります。ブラッドレイ総統の養子、セリムの正体がホムンクルスで、ホークアイ中尉を脅迫してきたり、ついに傷の男スカーがエドにつかまって、中央軍を出し抜くための芝居を演じる、というのが18巻。

続きを読む "『鋼の錬金術師』18、19巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

さて、問題です。

 さて、問題です。こちらのブログを読まれている中で、同人誌作家さんやプロの漫画家、作家さんを志望しておられるお方へ。
 魅力的な作品を創る上でもっとも重要なのは、斬新な設定、個性的なキャラクター(キャラ立ちというやつですね)、驚きのストーリー、これら三つのうちのいずれでしょうか。 私は、キャラクターです。すごい設定なんて、そうそう思いつかないし、ストーリーは設定とキャラクターによって自在に進むところはありますが、つまらないキャラクターは煮ても焼いても食えませんよ。食いたくないけれど。 よろしかったら、興味深いコメント、お待ちしております。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ベルセルク』32巻の感想

 また遅くなってしまいましたが、『ベルセルク』32巻(三浦建太郎 白泉社)の感想を申します。ネタバレですから、ご注意下さい。
 去年の11月に発行して、何千万部売れているのか、アニメ化もされましたし、どメジャーなファンタジー漫画ですよね。ま、あらすじといっても、簡単なもので、クシャーンの大帝・ガニシュカの雷撃に打つ手がない主人公ガッツは、何と宿敵グリフィス側の武人(怪物といった方が正しいかも)で、不死のゾッドと協力(正確には、首にあの剣を押しつけて脅迫)し、ガニシュカをちょこっと負傷させます。それだけでもう、ガッツは限界。ゾッドも、今は対等に闘えぬと、引き下がります。一方、グリフィスの方は、どんどんうまくいきます。クシャーンの大群を退却させ、シャルロット王女からミッドランド正規軍総司令官に任命され(すでに王女の婚約者になっていましたが)、法王に頂礼させて、「救いの御手」と呼ばせて、貴族庶民、他国民すべてを信服させてしまうのです。戻って、傷の癒えたガッツは、仲間とともに海を渡り、ファルネーゼはまた一歩、魔女として進歩する、というものです。簡単と申しながら、長くなってすみません。

続きを読む "『ベルセルク』32巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

ひと足先に、夏到来

 去年の夏コミの時に行った、東京の下町風俗資料館から、企画展のご案内ハガキが来ました。7月15日〜9月7日の期間で、「昭和30年代の暮らしの値段〜お金の価値とモノの価値」だそうです。
 アンケートをちょいと書いただけなのに、去年の秋から今までお知らせをいただけるのは、うれしいですなあ。今年もきっと参ります! アンケートも書きますよ! だから、失望させない内容にして下さい(何様のつもりだ←自主ツッコミ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

中之島音楽特区の感想

 昨日、私が行った会場は、グランキューブ大阪でして(危うく、フェステバルと間違うところだったのは秘密です)、メンバーはゴスペラーズとSTARDUST REVUEでした。例によって、感想はネタバレですが、今回だけはさらに念押しさせていただきます。
 好きなメンバーやバンドが、けなされるとまではいかなくとも、例えば、歌や歌い手さん自身をマイナスイメージで表現されるのは絶対にいやな方、歌詞やタイトルの間違いが許せない方は、残念ながらおすすめできません。弁解して申しわけありませんが、何しろ、私はSTARDUST REVUEは名前を知っていても、代表曲さえ知らない状態だからです。ならば、レンタルして覚えればよいのでしょうが、求職活動でいろいろ、くさくさとして、手をこまねいているうちに、当日がやって来たわけです。

続きを読む "中之島音楽特区の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »