« ヤングサンデー誌上の作品の行方について | トップページ | 私、迷ってます。 »

2008年8月 5日 (火)

『素晴らしい一日』の感想

 小説集『素晴らしい一日』(作者:平安寿子 発行:2001年4月10日 文藝春秋)の感想を申します。少々ネタバレがありますから、ご注意下さい。
 タイトルそのままの作品他、5編の短いお話が収録されています。主人公は、ちょいとひねくれたシングル女性だったり、そろそろ本気の恋をしたい30歳過ぎの男性、苦い失恋の傷を持つ中年男性、商店街でがんばって働く奥さんと、様々です。私は後書きを読んで、スラプスティック・コメディを期待していたのですが、割と真面目なお話が多くて意外でした。
 本当に、境遇や性別など、主人公は様々に違いますが、みんな屈折しています。しかも、平安寿子さんという方は、そんな彼ら彼女らなりの美学や笑うに笑えない行動を描くのが、実にうまい! こういうアプローチ法もあるのかと、感心させられました。

|

« ヤングサンデー誌上の作品の行方について | トップページ | 私、迷ってます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/42077175

この記事へのトラックバック一覧です: 『素晴らしい一日』の感想:

« ヤングサンデー誌上の作品の行方について | トップページ | 私、迷ってます。 »