« B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブル | トップページ | B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブルその2 »

2008年9月11日 (木)

『ボクの一生はゲゲゲの楽園だ』全6巻の感想

 市立図書館から、『ボクの一生はゲゲゲの楽園だ』(水木しげる・講談社)を借りて、読了しました。簡単な感想を申しますが、ネタバレですから、ご注意下さい。
 簡単に言えば、これは、あの妖怪マンガの大家、水木しげるの自叙伝です。のんびりマイペースの本人の性格に関わらず、周囲や時代は大変なことになってしまう、という感じですね。中でも、2巻から4巻まで、徴兵からラバウル出征、帰国までのエピソードは、ほんの4、5年間ながら、一番多くのページが費やされています。正直、かなり残酷なシーンもあります。そして、いずれ語ろうと思っている、同じ水木さんの作品である、『総員玉砕せよ!』という戦記物と、かなりエピソードがかぶっております。やはり、水木さんが言うように、『総員玉砕せよ!』は、実体験に基づいているようです。取り分け、同じエピソードがありながらも、この自叙伝ともども、とても印象的で魅せられるのだから、すばらしい。

|

« B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブル | トップページ | B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブルその2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/42448658

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボクの一生はゲゲゲの楽園だ』全6巻の感想:

« B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブル | トップページ | B'z LIVE-GYM Pleasure 2008補足−トラブルその2 »