« 「原稿は作っているだろうな?」 | トップページ | バラか鉄道か同人誌か(;^_^A »

2008年10月19日 (日)

『鉄のラインバレル』第2話の感想

 初めて、ビデオの予約録画に成功しました。早速、『鉄のラインバレル』第2話の感想を申します。ネタバレですから、ご注意下さい。
 いくつかの謎が判明したと同時に、新たな疑問が湧いてきたという内容でした。一緒にビデオを見ていたダンナは、「主人公、いやなやつだな。痛いなあ」と、言っておりましたが、そのとおりだと思います。

 ようやく、敵味方の二大勢力がわかりました。味方はJUDA(ジュダと読むのでしょうか)、敵は加藤機関(かとうの文字がはっきりしないのですが)。加藤機関は、人が操縦する巨大ロボット、マキナ(作中では、アルマと呼ばれておりました。それより優れた能力を持つものがマキナ)を使って、よからぬこと(オーソドックスに世界征服とか)をたくらみ、破壊行為を行なっています。それを阻止するものが、JUDAというわけですな。
 で、前回、謎の美少女絵美から、「あなたはすでに死んでいる」と告げられた浩一ですが、彼女からくわしく説明を受けます。実は、浩一は、唐突に出現したラインバレルの下敷きになって死んだのでした。そのショックで、絵美は大半の記憶を失います。しかし、マキナの中でもすぐれた回復力があって特異なラインバレルは、浩一を自らのファクター、つまり、自在な意志にさせるべく、修復したというわけです。
 それでも、浩一は、自分が途方もない能力を身につけたことで有頂天で、いじめっ子をなぐり倒します。ラインバレル落下あとに絵美を連れていって、自分の墓を示して、「昨日までの俺は、ここで死んだ。俺を殺してくれて、ありがとう」といい、挙句は、ラインバレル奪取をねらって襲来した加藤機関のマキナを倒す自分の勇姿を見せつけようと、幼なじみの矢島に携帯で電話します。浩一はまた絵美の左胸に触れて(このセクハラ中学生め!)、ラインバレルを呼び出し、操縦。再び、加藤側を倒しまくるのですが、JUDA側のマキナまで攻撃するしまつで、操縦者の山下、九条は激怒します。歯止めの効かないラインバレルのため、コンビナートも破壊されます。敵は逃げましたが、浩一、いよいよ調子に乗りまくり。
・・・・本当に、痛い主人公ですなあ。高慢でどうしようもないですが、ここまではっきりしていると、妙にすがすがしいです。彼が挫折を味わうのが、楽しみですわ。
 JUDA側の人物も、少しずつわかってきましたね。山下と九条もかわいい感じでしたが、私は割りと冒頭の森次という、クールビューティーっぽい青年に惹かれています。
 JUDAはもう、浩一の正体をつかんでいるようですが、このまま彼を受け入れてくれるのでしょうか。暴走する浩一を、矢島や理沙子は、指をくわえて見ているだけじゃないでしょうね。山下、九条、森次もそれぞれのマキナのファクターなのでしょうか? 絵美のことも、JUDAは知っていましたが、彼女はそもそも何者なのか? 加藤機関もくせ者ぞろいっぽくて、次回が楽しみです。

|

« 「原稿は作っているだろうな?」 | トップページ | バラか鉄道か同人誌か(;^_^A »

鉄のラインバレル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/42832508

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄のラインバレル』第2話の感想:

« 「原稿は作っているだろうな?」 | トップページ | バラか鉄道か同人誌か(;^_^A »