« やられた・・・・っ! | トップページ | 『鉄腕バーディー』20巻の感想 »

2008年12月31日 (水)

『ほんとにあった怖い話 霊障ファイル・生霊の恐怖特集』の感想

 今回はコンビニで購入した、『ほんとにあった怖い話 霊障ファイル・生霊の恐怖特集』(朝日新聞社)の感想を簡単に申します(本来は、1月号の感想が咲きなのですけど。ちなみに、冬コミのスペースで、私が読みふけっていた雑誌です)。ネタバレですから、ご注意下さい。
 いつもの魔百合の恐怖報告シリーズ2本の他に、突然、霊感を身につけた、アメリカの霊感教授マイケルシリーズ3本、読者体験記5話、他2本という内容ですが、私が興味深いと思ったのは、魔百合の恐怖報告の一本である『不眠症の女たち』(山本まゆり・絵)と、『邪念の憑依』(語り・津久井教生、漫画・東堂洸子)です。『不眠症の女たち』は、ある漫画家さんとアシスタントさん達が、クビにした元アシスタントの羨望を受けて、徹夜が続いているのにどうしても眠れなくなる、というもの。生霊を飛ばせるほど、強い邪念とは恐ろしい。しかしながら、人間関係のゴタゴタって、ある意味、霊障よりもやっかいかもしれません。
『邪念の憑依』の語り手、津久井さんは、私も知っているほどの有名な声優さん。彼は霊感がありまして、以前、あるバーでタロット占いをやっていた時、外見は美しいながらも、無意識に生霊を飛ばせ、また男に裏切られた数多くの女達の怨霊を集めてしまう、恐ろしい女性と知り合った体験記を述べておられます。彼女と関わった男性はすべて不幸になり、しかも、出入りしていたバーはまたたく間に閉店。負を引きこみやすい体質というか、性格ってあるのですよね。そういう人とは、できるだけ関わりたくないけど、これが上司や得意先だった場合は、難しいかも。

 さて、これが今年最後の投稿です。あとは、HPのまっとう屋どんべい商店の更新の方に力を入れるつもりです。

http://homepage3.nifty.com/m-donbei/
 
 それでは、皆様、よいお年を。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« やられた・・・・っ! | トップページ | 『鉄腕バーディー』20巻の感想 »

ほんとにあった怖い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193940

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほんとにあった怖い話 霊障ファイル・生霊の恐怖特集』の感想:

« やられた・・・・っ! | トップページ | 『鉄腕バーディー』20巻の感想 »