« よくやったな、私 | トップページ | 仕事とは、こういうもの »

2009年3月 1日 (日)

『ほんとにあった怖い話〜霊障ファイル・霊憑き物件特集』の感想

 久しぶりに、先日購入した、コンビニ専用本『ほんとにあった怖い話〜霊障害ファイル・霊憑き物件特集』(朝日新聞社)の感想を簡単に申します。ネタバレですから、ご注意下さい。
 仕事や進学先の都合で引越した先で、なぜか怪現象が多発、というのはよるあるパターンですよね。最近は、そういういわくつきの物件でも(家賃がとても安いそうです)、平然と住む方がいらっしゃるそうです。私は無理ですな。ま、特集は、よく見聞きするお話でしたね。
 しかしながら、『さらのいる部屋』(あづみ悠羽)は、かなり怖かったです。漫画家知人とその家族が体験した恐怖、「さら」と名乗る妖怪?は、親しい人々に似せた顔をして、悪さをします。特に、お父さんが見たという、目だけが異様に大きいお母さん、つまり、「さら」の顔、これには思わず飛びのいてしまいました。

 他は、『魔界召喚Ⅰ・Ⅱ』(語り/朝松健・画/JET)は、別の特集でして、ひょんなことから、朝松さんがヴードゥー教に関する本を入手した時から、自宅(アパートの一室)に、信じられない怪現象が続発。部屋は異様に冷え、黒い人影が歩き回り、受話器をはずした電話が鳴る。そして、何度戻しても移動している、例の本。Ⅱでは、ひどい目にあった朝松さんが職場へ問題の本を持っていったところ、怪現象は続発。電話は勝手に転送され、翻訳に関わった人々にはケガや事故にあいまくり。
 たぶん、その本は門外不出の秘伝の書だったのでしょうけど、不条理というか、得体の知れないものの恐怖はまた格別ですね。やはり、『ほん怖』は、読み応えがあります。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« よくやったな、私 | トップページ | 仕事とは、こういうもの »

ほんとにあった怖い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/44216972

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほんとにあった怖い話〜霊障ファイル・霊憑き物件特集』の感想:

« よくやったな、私 | トップページ | 仕事とは、こういうもの »