« 本日も仕事が | トップページ | 『鉄のラインバレル』の感想は、どうなった? »

2009年3月 8日 (日)

『バクマン。』1巻の感想・補足

 先日、私はコミック『バクマン。』1巻を、かなりほめていましたが、気になるところもあります。
 やはり、最高の父や秋人の台詞にあるように、男尊女卑臭い価値観というか、考え方がうかがわれる点ですね。最高が思いを寄せる亜豆なんて、大昔の少年漫画に登場する、男にとって都合のいい従順な美少女という風情です。
 しかしながら、亜豆が全面的に出てきたら、私はこの作品を投げ出すところですが、今は取りあえず脇なので、まあ我慢できます。彼女が最高の夢や希望を打ち砕くような、予想外な言動をしてくれるといいなあと、願っております。
 あとは、最高と秋人のライバル登場を切望しています。そうすれば、ストーリーも締まってくるでしょうね。

|

« 本日も仕事が | トップページ | 『鉄のラインバレル』の感想は、どうなった? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/44286724

この記事へのトラックバック一覧です: 『バクマン。』1巻の感想・補足:

« 本日も仕事が | トップページ | 『鉄のラインバレル』の感想は、どうなった? »