« 『総員玉砕せよ!』の感想 | トップページ | キム・ヨナ、2009年世界選手権優勝、おめでとう! »

2009年3月28日 (土)

『総員玉砕せよ!』感想・補足

 もちろん、この漫画は作者の水木しげるさんの実体験が元になっています。以前、私は水木さんのマンガ自叙伝を読みましたが、多くのエピソードが重なっていました。
 異なるのは、作者の分身らしい丸山が、原住民と交流がなかったこと、マラリアにかからず、左腕を切断されなかったこと、でしょうか(その代わりに、むごい死に方をしていますが)。
 シリアスで重い話だから、いつもとは絵柄も変わっているだろうと、思われますか?
 いいえ! 人物は大方、すっとぼけた雰囲気で、一本線にて描かれています。省略しましたが、吹き出してしまいそうな愉快なエピソードも含まれています。
 ユーモラスな人物達と、天国のように美しい島の情景、そして、累々と横たわる死体のシリアスさ。「死にたくない!」と、叫んでいるような、もがれる手足、飛び出る目玉の生々しさ。
 このお話の深さ、重さ、魅力は、読んでもらうしかないように思います。
 

|

« 『総員玉砕せよ!』の感想 | トップページ | キム・ヨナ、2009年世界選手権優勝、おめでとう! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193874

この記事へのトラックバック一覧です: 『総員玉砕せよ!』感想・補足:

« 『総員玉砕せよ!』の感想 | トップページ | キム・ヨナ、2009年世界選手権優勝、おめでとう! »