« 携帯電話、復活記念! | トップページ | 私の個人情報を返せ! »

2009年7月 6日 (月)

映画『MW』はいかがですか?

 夏コミに落選してから、通常の知人関係からネットまで、すっかり疎遠になったかのような私ですが、タイトルのような質問を発してみます。
 え、本来なら、アンタがここに『MW』の感想を投稿すべきだろうって?
 本当にそうですよね。
 しかしながら、私は映画版が二人の主人公、結城と賀来の同性愛関係をあまり表現していないらしいと知って、観に行く気分が失せております。
 原作である、手塚治虫さんの漫画版の感想なら、少しは申せるのですが。

 

 残念ながら、コミックスは実家にあるので、細かい感想は書けませぬ。
 でも、かなりおもしろい!
 そして、衝撃的だと断言いたしましょう。
 殺人、強姦、幼児性愛、リアルな同性愛表現の苦手な方には、おすすめできませぬ。
 ピカレスクものなのですよ。
 ショッキングな表現のオンパレードですもの!
 しかも美しき悪魔の化身、結城を、ただ一人、制止できるはずの賀来は、彼の暴虐に怒り、憎みながらも、同性愛関係でつなぎ止められていますし(しかも、結城をその道に引きこんだのは、他ならない賀来!)、犯罪の手助けまでする始末。
 あのほんわかした、愛と救いのある物語を描く手塚さんの作品とは思えませんね。
 しかも、ラストシーンのどんでん返しには・・・・当時、初々しい乙女だった私は、本気で腰を抜かしました。
 きっと、私の描いてきた性悪連中は、結城の影響を受けているのではないかと思います。
 古今東西の傑作、力作、怪作(問題作?)に対しては、私も含めて、多くの人達が同じようにしか言えないものです。
「だまされたと思って、読んでみてね」

|

« 携帯電話、復活記念! | トップページ | 私の個人情報を返せ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193833

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『MW』はいかがですか?:

« 携帯電話、復活記念! | トップページ | 私の個人情報を返せ! »