« 『エプロンおばさん』感想・補足 | トップページ | いたれりさんラスト? »

2009年9月16日 (水)

『魔百合の恐怖報告総集編』2009年夏の号の感想

 毎年恒例になった? 『魔百合の恐怖報告総集編』2009年夏の号(朝日新聞社)の感想を申します。ネタバレですから、ご注意下さい
 前半の漫画は、霊能者、寺尾玲子さんの活躍を漫画家、山本まゆりさんが、そして、後半は霊感お嬢、天宮視子さんのものを、ひとみ翔さんが描くというスタイル。合間に、玲子さんと視っちゃんの後日談というか、裏話みたいな対談が入ります。
 私としては、既読のお話が多かったのですが、それでも一つにまとめられると、お話ごとに関連性がないようで、ある、と感じられて、興味深かったです。さらには、霊能者といっても、玲子さんと視ちゃんは個性が異なる分、得意分野や見方も違ってくるのだと、わかりました。
 やはり、玲子さんはキャリアを積んでいるせいか、落ち着いていますし、たまに思いがけない大胆なことをやるみたいです。視っちゃんは見えるし(玲子さんより、目は効くそうです)、感じもするけれども、対処法は修行中というか、試行錯誤しているみたいに思えます。それに、今回、視っちゃんはオオカミやヘビを使って、邪悪なケモノを退治するのが得意のようです。

 やはり、書き下ろし分の感想を申しましょう。『戦禍の傷痕』、沖縄の史跡で、相談者は火の気がない場所にも関わらず、何者かによって(!)左手に大火傷を負います。玲子さんが見たところ、沖縄戦で死んだらしい兵隊の一団がその場に封じられて、いたのです。そこで、玲子さんは太陽神の巫女のふりをし、いくべき道を示したため、彼らは無事に上がっていった、というもの。
 傷つき、疲労困憊した格好で、60年以上、延々と行進し続ける兵隊とは、またむごいことです。たぶん、彼らは靖国神社にまつられているはず。そういう人達を救ってはくれないのでしょうか。
『黒の素顔』、視っちゃんのイトコは難病を乗り越えて、もうすぐ結婚しようとしていました。ある日、玲子さんが何気なくイトコを見たところ、障りを感じ取って、視っちゃんに告げます。正体たる怨霊は、イトコのつき合っている男性の元妻でした。一人死なせるほどのパワーを持っていた恐ろしいものだったのに、視っちゃんは感知できませんでした。怨霊は封じたものの、霊能者は、自分や身内の寿命を視る可能性があるため、自然とストッパーがかかって、近親者を視にくくなってしまう、というものです。
 感想は、ほぼあらすじのまま。何度か申したかもしれませんが、霊能者は万能ではないのですね。そして、日々の鍛錬も必要だということです。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『エプロンおばさん』感想・補足 | トップページ | いたれりさんラスト? »

ほんとにあった怖い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193796

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔百合の恐怖報告総集編』2009年夏の号の感想:

« 『エプロンおばさん』感想・補足 | トップページ | いたれりさんラスト? »