« 『運命好転の不思議現象99の謎』の感想 | トップページ | 『仲良し手帖』『新やじきた道中記』の感想 »

2009年9月30日 (水)

『逃亡日記』の感想

『逃亡日記』(吾妻ひでお・日本文芸社)の感想を申します。ネタバレですから、ご注意下さい。
 今回のカテゴリーは、吾妻さんの著作で初めて、書籍を選びました。最初とあとがきに漫画がありますが、大半はインタビュー記事です(冒頭は『失踪日記』の舞台となった場所と、少々のお遊びの写真)。漫画こそ、『失踪日記』の受賞式やこの本の制作秘話(?)が描かれているものの、インタビュー内容は『失踪日記』を元にしたもので・・・・。
(何度、『失踪日記』と打たせるのですかね! いい加減に、疲れてきましたよ。)

 ですから、この本の内容はインタビューという形式に変わっていても、『失踪日記』の補足のようなものです。万一、『失踪日記』がお気に召さない方が読めば、いっそう不愉快になるでしょう。
 その代わり、『失踪日記』と吾妻ひでおさんという漫画家のファンならば、かなりはまれます。吾妻さん自身、作品の数は多くとも、ご自身が前面に出ることはほとんどなかったですし(当たり前ながら)、やはり、漫画だけでは描ききれない秘密や裏話が満載ですから。
 他に、インタビュー内容とは関係のない、公園で撮ったのであろう吾妻さんの写真がかなり入っています。しかし、スターではないのだから、過剰すぎるのでは? 私はできるだけ、吾妻さんのカットが見たかったのに、残念です。
 うぅ、もう言うべきことがありません。
『失踪日記』の続編本も、『うつうつひでお日記』に続いて二冊目。もう発行されないでしょうな? 奥さんに、『失踪され日記』のオファーが来ていたそうですが(冗談?)、私はもう、吾妻さん失踪の件は、おなかいっぱいです。
(でも、『うつうつひでお日記』は、購入したいですね。ブックレビュー本にもなりますから)
 そろそろ、私は吾妻さんの不思議な作品群、体型バランスがむちゃくちゃなのに、不思議とかわいい美少女達、ギャグといった、漫画作品が読みたいです。だから、吾妻さんがスモーカーなのが、気がかりです。体を大切にして、漫画を描き続けて下さいませ。それでは。
 

|

« 『運命好転の不思議現象99の謎』の感想 | トップページ | 『仲良し手帖』『新やじきた道中記』の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193782

この記事へのトラックバック一覧です: 『逃亡日記』の感想:

« 『運命好転の不思議現象99の謎』の感想 | トップページ | 『仲良し手帖』『新やじきた道中記』の感想 »