« 『サザエさん』14の感想 | トップページ | 『サザエさん』15の感想 »

2009年11月 4日 (水)

『生きがいを見つけたい 「専業主婦」の仕事探し』の感想

 ビジネス書籍、『生きがいを見つけたい 「専業主婦」の仕事探し』(永井祐子・はまの出版)の感想を申します。ネタバレを含みますから、ご注意下さい。
 以前に申したとおり、私は現在、求職活動をしながら、それが思うようにいかないものですから、在宅でライターのお仕事をやっています。ろくに予備知識もなく、教えてくれる人も見つけないまま、見切り発車してしまいましたが、意外となるようにはなるもので、かなりおもしろくてやりがいがあります。
 ですから、この本は、今までネットでたくわえた知識のおさらいと補填のような気分で、興味深く読了しました。著者の永井さんという方は、ネット黎明期(?)に、データ入力などから在宅ワークを始めた方です。当然、実体験談が多く、ためになります。在宅ワークに向いているか向いていないか、判断することもできますよ。先に紹介した『地獄の在宅ワーク』は経営者としての上から目線ぽかったのですが、この本は素直に、共感を持って読めました。

 初版は2001年だから、情報はやはり古いです。永井さんご紹介のサイトに行ってみたら、掲示板が出会い系に無残にも荒らされていて、どんな管理をしてるんだ!? と、私は呆れ返ってしまいました。かくも立派にアドバイスなさる永井さんも、サーチしたのに、ご自身のHPを見つけられません。閉鎖したのでしょうか。あーあ。
 参考になったし、お薦めできる反面、今も永井さんやそのお知り合いは、元気でお仕事をしているのだろうかと、心配になってきます。かくもWEBの世界は、入れ替わりが激しく、諸行無常なのでしょうか。それがネットであり、ネットに関係する者の宿命、なのでしょうかね?
 とにかく、永井さんのお話や私のちっぽけな経験からすれば、WEBは刺激的でおもしろくはあるけれども、悪意や詐欺の渦巻く、身近で恐ろしい異世界だということです。
 私はネットビジネスをやるな、とは申しません(実際、やっていますもん)。ただ、「気軽に」「気楽に」「片手間に」「ラクラク」やるものではないし、そうしようとしたら、一生を台なしにするほどの打撃を受ける危険がある、ということです。大げさではありません。実例が多すぎて、書けないだけです。
 最近の状況を見ていると、私の気がかりは杞憂になるどころか、「現実は私の想像を凌駕している」ようです。本当に、私も気をつけてやっていきましょう。それでは。

|

« 『サザエさん』14の感想 | トップページ | 『サザエさん』15の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48193753

この記事へのトラックバック一覧です: 『生きがいを見つけたい 「専業主婦」の仕事探し』の感想:

« 『サザエさん』14の感想 | トップページ | 『サザエさん』15の感想 »