« なんらかの形で、奈良県に貢献したいのですけれども | トップページ | 『バビル2世』1、2巻のあらすじ(感想じゃないですよ!) »

2010年3月10日 (水)

税金を払えるって、幸福の一つのカタチ?

 昨日、ようやく確定申告をすませてまいりました。
 わずかですが、還付金もありました。
 それはありがたい、ですけれども、何と去年は収入の減っていることか。
 
 税金を払えるというのは、幸せの一つのカタチ、喜びの一部かもしれません。
 「医療費が10万円を越えたから、控除として申請できる」と、喜んでいる方がいらっしゃいましたけれども、病気かケガの苦しみ、治療費のみならず、治療にかかった時間、焦りや不安などを考えますと、「医療費控除なんて、ない方がいいのでは?」と思います。

 来年は、今年ほど多く税金が還付されないよう、今年は、今は、健康でしっかり働いておこう! と、私はわが胸の内に誓ったのでした。

|

« なんらかの形で、奈良県に貢献したいのですけれども | トップページ | 『バビル2世』1、2巻のあらすじ(感想じゃないですよ!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48189291

この記事へのトラックバック一覧です: 税金を払えるって、幸福の一つのカタチ?:

« なんらかの形で、奈良県に貢献したいのですけれども | トップページ | 『バビル2世』1、2巻のあらすじ(感想じゃないですよ!) »