« 『漫画アクション』2010年№9の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル』2010年№9の感想 »

2010年4月24日 (土)

バビル・バブルとマーズ・トラウマ

 ヤングチャンピオンにて、『バビル2世 ザ・リターナー』が連載されている影響でしょうか? オンライン通販で購入させていただいている、リサイクル本屋さんから、バビル2世全巻セットが先々週から在庫切れになりました。
 私はこの激情ざっくばらんの記事で、『ザ・リターナー』を、恥ずかしくなるほどひどく批判してしまいましたが(反省をこめて、削除せずにおいています)、考えてみれば、あの作品と出会わなければ、本家『バビル2世』を読まないまま、「横山光輝って、主人公がどれも同じ、つまらない二枚目顔を描いていた、今は亡き、大昔の人気漫画家さんだ」という、あやまった先入観(何度も申します。ごめんなさい!)を持っていい気になって、4月15日に野辺火も行なわず、涙ぐむことも感動することもなかったのでしょう。そういう意味では、野口賢さんに大いに感謝すべきですよね。あいにく、アンケートハガキに、「つまらない作品」と書いて送ってしまいましたが、もうそんなことはいたしません。不満があるかもしれませんが、しばらく静観するつもりです。
 そういうわけで、どうぞ、皆さん、私のようなおバカなことはなさらないでください。リサイクル本屋さんにおける、バビル・バブル(バビル2世の在庫が少なくなっている現象)は本当です。秋田書店様の回し者ではありませんが、興味を持たれた方は、古本でも新品でも、全巻を早めに購入された方がいいですよ。
 古本屋さんでなかったら、次に安く買うのは、オークションですか。私は落札した品がイメージどおりのものでなかったことが数回経験しましたから、あまりお勧めできませんが。ところで、秋田書店版の単行本が、「全11巻」と「全12巻」、2つのパターンがあるのは、どうしてなのでしょう? たぶん、大方の人は全12巻で購入されるでしょうけれども、何があったのでしょうか?? 12巻には、出版禁止用語が出ている、とか?
 ところで、私は豪華愛蔵本4巻までの感想を述べてから、何をしているのかと申しますと。検索して回って、バビル2世の画像を見たり、感想を読んだりして、楽しませていただいています。時には、リターナーの感想を拝見することもあり、なかなか感心、感動いたします。あ、どちらへ行こうと、私は決してコメントを書きませんから、ご安心ください。
 ただ、きっついなあと思うのは、私の好きなヤングチャンピオン、バビルファンから嫌われていることです。いずれ、「激情ざっくばらん 2nd」なんてタイトルの、エッチな作品のみの感想サイトを立ち上げたい私としては、あのお下劣、エロがツボなのですけれども。まあ、人それぞれということで。
 5巻以降の感想は、私的なバタバタが治まってから、ゆっくり読んで投稿するつもりです。この間、図書館で軽く試し読みしたら、精神的鼻血で倒れかけました(図書館での発情。『新・幸せの時間』より)。それから、たまらなくなって、バビル2世とその続編を、生まれて初めて大人買いしました。と言っても、例の古本屋さんで、なのですが。
 とーにーかーく、落ち着いてから、感想を述べますから! 本が到着すると同時に、B'zファンクラブの会報、凍牌9巻、信長の忍び1巻、カイジと、精神的鼻血がノンストップ状態のまま、極めつけに『闇の土鬼』が来て、もう心臓が・・・・。

 さて、お見苦しいことばかり申しましたが、私がどうして横山作品に対して評価が低く、偏見を持っていたか、その理由がわかりました。親戚のうちで、お子様だった私は少年チャンピオン、少年マガジン、少年サンデー、りぼん、小学?年生を読み放題していたのですが、You Tubeの画像を見ていて、「あ、『マーズ』を読んだことがある!」と思い出したのです。そうだ、純粋で真面目で地球を守ろうとしていた少年か青年が、最終回で(ネタバレですから、自主規制)だったのでした! あれはもう、しばらく眠れないくらいショックで、「横山光輝って、有名な漫画家だから、いい気になって、とんでもないことを描きやがる、いやなやつだ!」と、思いこんでしまったようです。
・・・・横山光輝さん、ファンの方、本当にごめんなさい。心から謝罪いたします。
 私にとって、今なお『マーズ』はトラウマゆえに駄目かもしれませんが、他の作品はきっと、もっと、ずっと愛していけると信じています。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『漫画アクション』2010年№9の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル』2010年№9の感想 »

横山光輝作品」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!通りすがり失礼します
バビル二世の本が入手し辛い理由がお陰様でわかりました(ToT)
感謝します!
 
野口氏の連載の事とか知らなかった私
(>_<)
漫画では鬼畜ヒーローみたいに言われているコーイチ君ですが
アニメでは少し人間らしい(?)台詞も出てきてました
『ぼくの友達は三つのしもべだけだ!』と敵に言うシーンがありまして…
我々の知らない所(?)で実はしもべたちと仲良し?
なんて勝手に思いこんでいます。
コーイチ君の人間らしい台詞は貴重なんで嬉しくなりました。
 
では又覗きにきますね(^_^)

投稿: ざびたん | 2010年5月 7日 (金) 13時10分

 いらっしゃいませ。返信が遅くなって、失礼しました。
 私のちょこっとした経験? がお役に立てたようで、うれしいです。
 野口賢さんの漫画に関しては、賛否両論ですが、本当にこの方の作品を読まなければ、原作にも
出会わなかったわけですから、いい機会を与えてくださったと、感謝しています。
 
 私の方こそ、アニメ版を全然知りませんでしたから、「え、あの性格の悪いバビル2世が!?」と、驚き
ました。
 では、原作を読み終わってから、アニメの方を確認いたします。
 その原作・・・・いや、一度、ご覧になってください。
 バビル2世とヨミの、能力、性格のギャップが楽しめますよ。

投稿: 紅林真緒 | 2010年5月 8日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48163688

この記事へのトラックバック一覧です: バビル・バブルとマーズ・トラウマ:

« 『漫画アクション』2010年№9の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル』2010年№9の感想 »