« 「眼帯のことはきくな」と? | トップページ | 『ヤングチャンピオン』2010年№10の感想 »

2010年4月29日 (木)

まさに喰うか喰われるか

まさに喰うか喰われるか

『ヤングチャンピオン』2010年10号、『凍牌』第93話より。

 最終ページ、にらみ合う宿敵二人。
(うがーっ! 萌える!)
 崖っぷちのKと、何らかの修羅場を生き抜いて、凄みを増した堂嶋。
(最近、Kのりりしさが増してきましたが、今回の堂島の凄絶な色気も捨て難い!)
 波乱必至。
 どうなるのでしょうか、最終戦!!
 ここで終わりなんて、志名坂高次さん、新種のファン向け心理責めですか!
 辛いけれども、わくわくいたします!
 おもしろすぎる作品に、感想を述べる的確な言葉なんて、思いつきませんよ!

 小倉優子には屈辱を感じますが、今回のヤングチャンピオンは、『凍牌』のためだけに購入して、本当によかったです。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 「眼帯のことはきくな」と? | トップページ | 『ヤングチャンピオン』2010年№10の感想 »

凍牌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48215296

この記事へのトラックバック一覧です: まさに喰うか喰われるか:

« 「眼帯のことはきくな」と? | トップページ | 『ヤングチャンピオン』2010年№10の感想 »