« 精神的鼻血その2『週刊漫画ゴラク』2010年2214号の表紙 | トップページ | 精神的鼻血その4『ヤングチャンピオン』2010年12号の『凍牌』 »

2010年5月25日 (火)

精神的鼻血その3『週刊漫画ゴラク』の『激マン!』第1話2ページ

精神的鼻血その3
 これが、『激マン!』の記念すべき第1話です。巻頭カラーだから、華やかですね。
 デジャ・ヴュ感に見舞われた方、いらっしゃいませんか?
 そう、第1話は、《デビルマンの章 その①》なのです!
 あわわ、不動明・・・・。
 実家に単行本は置いてありますが、まさか、今になって、ここで、私の元彼に会えるなんて!

 しかも、元彼は昔のままにかっこいいのですよ。私が、冷静でいられるわけがないではありませんか!

 辛うじて、暴走する自意識を押さえつけて、『激マン!』の感想を述べましょう。過激なマンガを描くマンガ家、「ながい激」がデビルマンに限らず、各作品の製作秘話(『魔王ダンテ』『あばしり一家』『オモライくん』等にも言及されています)を語るというもの。特筆すべきは、マネージャーで弟の「永井タカシ」、「手塚先生」「石森先生」、編集長の宮島徹也など、登場人物は本名かそれに近い名前なのに、雑誌名は変なフィクション。少年チャンポンに経談社、少年マンガ人て・・・・なぜ? ストーリーは、漫画家ながい激が、『デビルマン』を足がかりに、ギャグから本格的ストーリーを描くマンガ家になろうとしているところ。永井豪さんご本人を存じている私としては、どうして、ながい激は、こんなイケメンなのか、非常に不思議に思います。
 しかも、このタイトル・・・・大きな声では言えませんが、現在、少年ジャンプで絶賛連載中の、ジャンプの裏事情を描いているとして話題の、『バクマン。』を意識しておられるのではないでしょうか? 永井豪流の『バクマン。』を描くつもり、それとも、パロディには卓越したセンスを持っておられるから、『バクマン。』をおちょくるおつもりでしょうか。うわぁ・・・・。
 さらに、永井豪ファンおよびデビルマンファンにはうれしいことに、試写会の場面ゆえに、妖獣ヘンゲ、美樹、明、デビルマンが、まるで新作のワンシーンのように描かれています。しかも、台詞つきですよ!
「美樹・・・・俺は美樹を デーモンの魔手から守り続けて見せる」
 と言って、上半身裸の明が、全裸の美樹を抱き上げるシーンでは、私はもう耐えきれず・・・・精神的鼻血! でした。
 おめでとう、明。君は、私の今カレグループに入れてあげます。
『バクマン。』でへこたれていた私ですが、新しい楽しみができて、うれしいですわ。
 興奮しすぎて、まだ他のマンガが読めていないのですが、読了次第、また感想を述べさせていただきます。

 関連記事 精神的鼻血その5『ヤングチャンピオン』の『バビル2世 ザ・リターナー』
        精神的鼻血その4『ヤングチャンピオン』2010年12号の『凍牌』
        精神的鼻血その2『週刊漫画ゴラク』2010年2214号の表紙
        精神的鼻血その1『ヤングマガジン』2010年25号の感想
        精神的鼻血5連発

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 精神的鼻血その2『週刊漫画ゴラク』2010年2214号の表紙 | トップページ | 精神的鼻血その4『ヤングチャンピオン』2010年12号の『凍牌』 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/48454417

この記事へのトラックバック一覧です: 精神的鼻血その3『週刊漫画ゴラク』の『激マン!』第1話2ページ:

« 精神的鼻血その2『週刊漫画ゴラク』2010年2214号の表紙 | トップページ | 精神的鼻血その4『ヤングチャンピオン』2010年12号の『凍牌』 »