« B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その1 | トップページ | 申しわけありませんが、もうしばらくお待ちください。 »

2010年8月24日 (火)

B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その2

 それでは、続いて、B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の曲に関する感想を申します。ネタバレがありますから、ご注意ください。
 まず、全体の印象としては、今まで「B'z」の稲葉浩志のソロナンバーであったニュアンスがあったのですが、これはさらに進化した(そりゃあ、今までもずっと進化してきていますけれども)、いわば、B'zのボーカル、「稲葉浩志」のアルバムに完成されているな、ということです。もしかしたら、稲葉さんの他のアルバムがお好きな方もいらっしゃるでしょうね。私は結構、この『Hadou』が好きです。テンポのいいロック風から、バラード調までそろっていますから。よく、「B'zは、どれもこれも同じに聞こえる」「ハードでノリがいいのはともかく、聞いていて疲れる」という批判的な意見も耳にしますけれども、ワタシ的に一番ストレスがたまる、「何を歌っているのか、歌詞がはっきりしない」のはありませんよ。B'z以上に、稲葉浩志の声と歌を聞いてみたい方、とにかく、稲葉さん好き! というファンの方(私もそのうちの一人で、しかもお気楽タイプ)、B'zのロングキャリアファンの方にも楽しんでいただけると思います。

 それでは、収録されている各曲の感想は、次のとおり。15曲なので、短めの文章になっています。

 01.LOST   短くシンプルな曲だけに、稲葉さんの声がよく通って、ほぉーっとなります。
 02.絶対(的)  中盤、間奏のギターがいいですね。
 03.The Morning Call  前奏が、『ZERO』っぽいです。エコーがかっている歌声が、いい効果を出しています。
 04.Okay  省略して、以前の記事、「B'z稲葉浩志『Okay』の感想」を読んでください、と言いたいところですが、一言。エロい曲ですね(またか)。ゆったりしているようで、底力とパワーも感じます。
 05.Lone Pine   ハーモニカが素朴でいいなと思ったら、そのブレスハープの演奏者は、稲葉さんでした。有能ですな。
 06.エデン  軽快でハイテンポなのが、心地いい。
 07.CAGE FIGHT  「ひとりだけど ひとりじゃない 檻の中でFight」、繰り返しのこのフレーズ、気に入っています。
 08.今宵キミト  ゆっくりしたスターティングでバラード調かと思ったら、ハイテンポになっていきます。ラストの「音もなく ろうそくが燃え尽きるよ」で、余韻もなく終わり。いい意味で、予想を裏切る流れって、印象に残りますね。合間に入る、「今宵君と 思い切りハジけたいのに」「今宵君と やさしい夢を見たいのに」以下のフレーズが、特に気に入っています。
 09.この手をとって走り出して  TBS系テレビ「NEWS23」のエンディングテーマソングだそうです。「この手をとって走り出して ねえ/ここじゃないどこかへ/光浴びて風にふかれ/あふれる人波つきぬけて」、この繰り返しのフレーズ、激甘にロマンチックですね。恋をしたばかりの、甘いときめきが感じられます。
 10.去りゆく人へ  「去りゆく人」とは、卒業や入学、転勤など、やむにやまれぬ事情で別れてしまう人ということでしょう。ラストの稲葉さんのアドリブ? シャウト? と、ギターがかっこいいです。
 11.不死鳥  「ひき裂かれても 忘れられても/果てることのない夢/不死鳥のように 炎があがるように/罪深い鼓動は激しく鳴りはじめる」、この繰り返しのフレーズ、好きです。
 12.主人公  「つきぬけたい ボクはボクなりのやり方で/もってるもんで それしかないだろう」繰り返される、開き直りのような、ポジティブなこのフレーズは、いかにも稲葉さんらしいというか、B'z的と申しましょうか。、
 13.リトルボーイ  ゴージャスな響きの歌です。「幸せをどうもありがとう」で始まり、また終わる。10代に対する応援歌かと思いましたが、ラスト近くで「だれも殺しちゃいけない」となっているのは、「暴走するなよ、若者達」という、警告的ニュアンスがあるのかもしれません。 
 14.赤い糸  タイトルからして、運命の恋人礼賛っぽいのですが、私は夢に向かって進む人を応援する歌のように感じられました。 
 15.イタイケな太陽  ラストの曲にしては、活気があります。稲葉浩志流の「You are my sunshine」でしょうね。元気が出てきます。ただ、これが終わった後、手拍子が入るシンプルな、別の歌が続きます。「手をふろう さあ今」と繰り返されていますが、今まで発表されていた曲にあったでしょうか? それとも、完全にオリジナルなのか。ちょいと、思い出せずに、どうもすみませぬ。でも、ライブで聞いたことがあるような気がする・・・・うーむ。

 ざっと、こんな感じですね。私は特に、Okay、今宵キミト、この手をとって走り出して、不死鳥、主人公、イタイケな太陽が好きですね。
 こんな感想でも、参考にしていただけたでしょうか? それでは、ライブを楽しみに待つことにいたします。それでは。

関連記事

B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・補足
B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その1
 

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その1 | トップページ | 申しわけありませんが、もうしばらくお待ちください。 »

B'z」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/49237610

この記事へのトラックバック一覧です: B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その2:

« B'z稲葉浩志アルバム『Hadou』の感想・その1 | トップページ | 申しわけありませんが、もうしばらくお待ちください。 »