« 『信長の忍び』3巻(重野なおき)の感想(加筆修正版) | トップページ | 『週刊少年チャンピオン』2010年№41の感想 »

2010年9月 7日 (火)

『ヤングマガジン』2010年№40の感想

『ヤングマガジン』(講談社)2010年№40の感想を申します。ネタバレがありますから、ご注意ください。
 猛烈に久しぶりですね。ひいきの作品は立ち読みしていましたが、やはり、続き物はわからなくなっていました。ああ、久しぶりに見た、生理的にダメな作品は、どうしたって受けつけられませんわ。寒イボができるだけ。

 ヤンマガ様、巨乳特集をやるようになったのですか? 中ページと巻末、特に中ページの、黒やグレーのスーツ姿の巨乳のお姉さん達(松本さゆき、小泉麻耶、杉原杏璃、次原かななど、8人(ちなみに巻頭グラビアは、次原かな)が、ブラウスを引っ張って、いっせいに胸の谷間を見せているグラビアが、非日常的にエロいのですけれども。ビキニから、はみ出しているグラビアもいいですね。何が? とか野暮なことはたずねないで、巨乳ファンの方は買いに行ってください。お勧めです。私はお尻好きですから、極めて冷静です。
『ケッチン』(きらたかし)第53話、男女高校生、青春していますね。これを見ていると、最近ご無沙汰の原付に乗りたくなります。ユウは丸山さんがお似合いだと思うのですが、マコのことを引きずっていますねえ。
『COPPELION』(井上智徳)PHASE.21、テレビアニメ化決定、おめでとう! 詳細は今後のヤンマガ誌上で発表されるそうです。はつらつとした、正義感あふれる葵(関西弁の登場人物って、大半が「金にがめつい」設定なのですよね。ひどいやんか!)に、早く出会いたいです。本編は、葵達は渋谷の生存者を無事に救出。名古屋の第三師団本部へ救助要請をしますが、教頭達は政府に拘束されてしまった上、東京救助隊を解散せよとの通告が。コッペリオンは全員、死都東京で放置? 見捨てられたの? どうやら、マッドサイエンティストのDr.コッペリウスは、政府とつながっているらしい? 大変だ! どうなるの?
『空手小公子 小日向海流』(馬場康誌)第420話、わあ、また扉絵がえらいこと、いや、エロいことに! ラウンドガールの梨夏のトップスが、するんっと抜けてしまっています。辛うじてロープに隠されているところが、また際どいですな。海流とトンチャイ戦、続行中。後半、海流の、いってしまったような? 目つきが悩ましくて、ワタシ的に楽しいです。次回、新境地に目覚めるのでしょうか。
 次号の表紙と巻頭のグラビアは、AKB48のノースリーブスだそうです。私はタイプじゃないから、いいかな、と思います。今、話題の、小向美奈子や佐藤寛子も特集していただけるよう、アンケートに書こうかな。それでは。

人気ブログランキングへ
ご協力お願いします。

|

« 『信長の忍び』3巻(重野なおき)の感想(加筆修正版) | トップページ | 『週刊少年チャンピオン』2010年№41の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/49380715

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤングマガジン』2010年№40の感想:

« 『信長の忍び』3巻(重野なおき)の感想(加筆修正版) | トップページ | 『週刊少年チャンピオン』2010年№41の感想 »