« てっとり早く疲れから回復するには? | トップページ | 『夢をかなえるツイッター』(内藤みか)の感想と、私のツイッター事情 »

2010年10月21日 (木)

『プレイコミック』2010年11月号の感想

『プレイコミック』(秋田書店)2010年11月号の感想を申します。ネタバレがありますから、ご注意ください。

 初めて購入した雑誌ですが、予想した以上におもしろかったです。中味も広告も、うんざりするほど男性向きにエロエロしているのではないかと、思っていたのですよね(広告のエロさなら、『漫画ゴラク』の勝ちかな)。逆に、萌えよりもエロにフォーカスしているのが潔いです。
 物足りない点は、大人向けのエロコメディ作品がないことですね。おお、いかにもプレイコミック! みたいなものがあれば、もっと充実していると思います。ぶっちゃけたところ、どの漫画雑誌でも感じてしまう、ワタシ的肌に合わない作品がないのは、グレイト! 秋田書店系漫画雑誌は、ギャグ作家様が充実しているので、ぜひとも、有望な方をスカウトしていただきたいところ。
 特に、私が気に入ったのは、『マーメイド』(原作:桜小路むつみ 漫画:フルヤヒロム)、『LOVERS HOTEL』(原作:夏原武 漫画:天馬ふぇみお)、『新米救命士カオル』(国広あづさ)、そして、付録の『美女斬り御免!』(小説:鳴海丈 イラスト:八月薫)ですね。
『マーメイド』は第2話は、普通の釣り漫画らしくない、ほのぼの人情ストーリーと、記憶を失っている主人公のミステリー感が相半ばする感じがいい。
『LOVERS HOTEL』は、エロさと、人間関係のドロドロ具合がミックスされたストーリー。なのに、ラブホのスタッフというか、レギュラーキャラクター(?)達のひょうひょうとした会話が妙にリアリティーを感じさせます。原作者様、どこかで見た名前と思いましたが、『クロサギ』と同じ方ですね。
『新米救命士カオル』後編ですから、これで終わり。もったいない! アンケートに、連載希望って書きます! 3Kで、しかも命を救うという超難しい仕事に生きるヒロインが、すごく好印象。ワキを固めるオッサン達も、ありがちなようで、現場の緊張感と、ふだんのあくび顔とのコントラストが効いています。
『美女斬り御免!』【死美人狩り】は、鳴海丈さんの書き下ろし官能時代小説です。50ページほどの小冊子で、八月薫さんの上品だけど裸体率の高いイラストが、絶妙のエロさをかもしだしています。時代推理っぽい中味ながらも、きちっとエロを入れている、どころか、エロまみれなのは、さすが! このお話のためなら、ぜひ、次号も購入したいです(来週、発売ですね。本当に遅いレビューで、すみませぬ)。
 その次号は、米原秀幸さんが『ABSURD!』というタイトルで新連載を開始します。ヤングチャンピオン烈掲載の短編で、私が絶賛した漫画家様ですから、期待できるでしょう。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« てっとり早く疲れから回復するには? | トップページ | 『夢をかなえるツイッター』(内藤みか)の感想と、私のツイッター事情 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/49808936

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレイコミック』2010年11月号の感想:

« てっとり早く疲れから回復するには? | トップページ | 『夢をかなえるツイッター』(内藤みか)の感想と、私のツイッター事情 »