« 『元禄御畳奉行の日記』(原作:神坂次郎 作画:横山光輝)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2010年№12の感想 »

2010年11月 7日 (日)

『進撃の巨人』2巻(諫山創)の感想・訂正と加筆

 漫画『進撃の巨人』2巻(諫山創・講談社)の感想で、私はミカサの両親を殺した三人組の男達を、単純に「強盗」と説明していました。
 しかし、本日、読み返していたところ、彼らの台詞からの推測ですが、人身売買を行なっている様子。それで、「強盗」から「人身売買グループ」に言葉を訂正いたしました。どうもすみませぬ。

 彼らの台詞をいくつか取り上げましょう。
「昔は人間にも 種類があってな そいつ(ミカサ)はその昔 『東洋』って所から壁の中に逃げて来た一族最後の末裔だ」
「他の東洋人は絶滅したからな」
「こいつ(ミカサ)の親父は 東洋人に見えなかったぞ? こいつは純血じゃねえよ」
「本当に価値があったのは 母親だ!」

 まだ『進撃の巨人』の世界観が不明なのですが、三人組の言葉は意外と今後の展開を示唆しているか、大切な伏線になりそうな気がします。それでは。

参照

『進撃の巨人』5巻(諫山創)の感想

『進撃の巨人』4巻(諫山創)の感想

『進撃の巨人』3巻(諫山創)の感想

『進撃の巨人』2巻(諫山創)の感想

『進撃の巨人』1巻(諫山創)の感想

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『元禄御畳奉行の日記』(原作:神坂次郎 作画:横山光輝)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2010年№12の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/49966861

この記事へのトラックバック一覧です: 『進撃の巨人』2巻(諫山創)の感想・訂正と加筆:

» 進撃の巨人 2巻 [マンガ情報サイト]
普段ファンタジーなどの [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 15時03分

« 『元禄御畳奉行の日記』(原作:神坂次郎 作画:横山光輝)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2010年№12の感想 »