« 『ヤングチャンピオン烈』2011年№1の感想 | トップページ | 『殺し屋さん』(タマちく.)の感想 »

2011年1月 1日 (土)

『プレイコミック』2011年2月号の感想

 明けましておめでとうございます。2011年初の読書感想を、エッチな内容で飾れるとは、何という幸せでしょうか。『プレイコミック』(秋田書店)2011年2月号の感想を申します。ネタバレがありますので、ご注意ください。

 新連載が3本で、すべて食に関する内容とはおもしろいですね! 私もB級グルメ派なので、大歓迎! ちなみに、3月号も居酒屋ネタの新連載が始まるそうです。
『極道の食卓 獄中編』(立原あゆみ)、新連載です。イケメンでないオッサン、主人公、久慈が妙に存在感あり。刑務所内で、彼は美食を楽しめるのか? 描かれている食べ物の絵が、とてもおいしそう。
『めしバカ』(ロドリゲス井之介)、新連載。エバラ焼き肉のたれ、しかも甘口を使った、おいしそうなレシピは、真似してみたいです。私のような料理下手、料理苦手人間の救いの漫画となってくれるかな?
『FOOD BROKER ハイエナ』(作:九十九森 画:旭凛太郎)、新連載。グルメというより、食にまつわる、社会派ドラマになるのでしょうか? 主人公の大上良人が、強欲でつかみどころがなさそうでいて、機転が利くし、食物アレルギーの恐ろしさも熟知しているようで、軽薄な割に謎めいています。ソバアレルギーは身内がそうなので、思わず、真剣に読みました。次回が楽しみ。
『報道ギャング ABSURD!』(米原秀幸)CHAPTER.3、すごくビターな味わいのお話。誰も信じられずにお宝と一緒に埋もれた老人は、果たして幸せだったのでしょうか? ナレーターめいた四郎の台詞が、なかなか重いです。
『はがし屋拳士』(水穂しゅうし)第11話、 「だれにも見えない存在」なんて、子供につぶやかせるなよ! 拳士、いい男だな! よくやった!
『LOVERS HOTEL』(原作:夏原武 漫画:天馬ふぇみお)第5話、ああ、今回もおもしろい! フィリピン人カップルは助かったみたいだけど、伊達の謎は深まりました。一話完結なのですが、本当、どうなるのでしょうか?
『マーメイド』(原作:桜小路むつみ 漫画:フルヤヒロム)第5話、すでに、恵が心平に惚れるフラグが立っていたから、やっぱりという感じでしたが、この二人、うまくいくといいなあ。
『ぶんぼべらし』(いとう耐)第65話、2010年の新語・流行語に関するネタですが、わずか4Pにとてもたくさん凝縮されています。そろそろ、単行本化されますよね? 私、買いますから、アンケートに書きますぞ!
小説『美女斬り御免!』(文:鳴海丈 絵師:八月薫)第四話ですが、初の続き物になっています。華魁(おいらん)失踪の原因と経緯は不明のままですが、真沙美と大吾郎の仲は深まったようです。イラストがもう少し大きいと、さらにエロくてよろしいと思いますね。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『ヤングチャンピオン烈』2011年№1の感想 | トップページ | 『殺し屋さん』(タマちく.)の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/50465989

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレイコミック』2011年2月号の感想:

« 『ヤングチャンピオン烈』2011年№1の感想 | トップページ | 『殺し屋さん』(タマちく.)の感想 »