« 『HONKOWA』創刊号(2011年3月号)の感想 | トップページ | 『影丸と胡蝶 ほか七編』(横山光輝)の感想 »

2011年2月22日 (火)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№3の感想

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№3(秋田書店)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『ばくおん!!』(おりもとみまな)新連載。つかみは普通、ですが、これから男性向け萌女子ばかりのコメディ? になるのでしょうか。私としては、ヒロインの羽音(はね)に、もっと魅力が欲しい。
『彼女の鍵を開ける方法』(中田ゆみ)Key18、ワタシ的お気に入り漫画なのに、巻末に来ている? まさか、まだ終わらないよね? ノーブラ制服、エロいよ。寝ぼけていたとはいえ、まいのおっぱいをもみやがって、春馬、いっぺん死んでくれ。今号は、グラビアのRioちゃんともども、全体的におっぱい率が高いので、おっぱい星人の方にはお勧めです。
『まじらぼ』(伯林)ファイナル・サーチ、要するに最終回です。四コマで、しかもエロコメディということで、好きだったのですが、少し残念。ありがとうございました。
『すもものおもちゃ』(原作:すもも 漫画:ユウコ・フランソワーズ)10P、今回もキュートな少女漫画絵なのに、SMに、女性のオナニーのオカズ(妄想)と、超激ハードエロ。男性向け漫画に描いている女性作家様の作品のうちで、これが一番生々しいと、私は思いますね。
『メイデンエイド』(恩田チロ)第5話、開始早々のアマラとしをんの両乳競演! 謎は一部判明したものの、いっそう混迷してきたような? ところで、かわいい美少女と、しゃきしゃきした方言のギャップって、魅力的ですよね。
『SCHOOLMATE』(あづまゆき)chapter.26、読まずとも、美少女二人を見ているだけでも楽しめる、お得な漫画。それはいいとしても、仲良しの二人なのに、不穏な空気がただよいだしたぞ?
『らぶゆ!』(東鉄神)第十三湯、当然、千歳の勝ち。零司の夢? 妄想? は、男の願望そのもので、エロすぎ! 貧乳に巨乳と、こちらも、おっぱい率高いな。
『性食鬼』(稲光伸二)Orgasm7、椅子に拘束され、制服を切り裂かれる、いずみは、もちろんエロいです。が、同級生の仙川がかわいくて、いたずら好きで、いい味出しています。レギュラー化希望。
『青春ポップ!』(北河トウタ)21TUNE、小島が登場しますが、今回は巨乳ネタよりも、普通にエロかったです。やはり、美形度は、詩織がトップでしょうね。
『抱かれたい道場』(中川ホメオパシー)第8段。注意!10P増量で、圧倒的存在感の恐怖と・・・・笑いが、交互に押し寄せますよ! くれぐれも、飲食しながら読むと危険です! 万年発情女の西尾シズヱが復活しましたよ。一人逃げた舵原に、取り残されたノボル。ラスト2コマの人型のものは、古典的オチでしょう。次回は巻中カラーだそうですが、まさか、このお話の続き? それとも、別の? いずれにせよ、目が離せませぬ。インパクト強大の、エッチ系コメディです。
『ゴッドサイダーサーガ』(巻来功士)PART5、28Pにして、迫力増大! こちらも、売春婦、有花(ユーカ。名前判明)のマッパなど、サービスシーンあり。サガ、左腕を回復し、怒れる悪魔に変貌。ノーブルマン、ハットリが突然反逆したばかりか、死にかけていたはずのヒラグチが原子砲を構えた! 一体、どうなるの!
 今号も、読み応えのあるお話が多くて、満足でした。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『HONKOWA』創刊号(2011年3月号)の感想 | トップページ | 『影丸と胡蝶 ほか七編』(横山光輝)の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/50942765

この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№3の感想:

« 『HONKOWA』創刊号(2011年3月号)の感想 | トップページ | 『影丸と胡蝶 ほか七編』(横山光輝)の感想 »