« 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想④ »

2011年2月 3日 (木)

『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想③

縛られた忍者ってエロッ!

『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想③です。上記の扉絵は、『かげろう伝』(希望の友 1971年)のもの。

 主人公の忍者、かげろうが傷つき拘束されて、裏切り者の首領の前に引き出された場面です。雪解けの賤ヶ岳付近の闘いを描いていますから、雪中迷彩服みたいに、真っ白な忍者装束です。想像しただけで、精神的鼻血が!
 かげろうは、あえて捕縛されて、幻の術を使い、仲間の敵を討ちます。こういう幻覚使用のお話は、他にも『蝦蟇(がま)』(漫画ゴラク・1973年)、『浅い川』(漫画ゴラク・1973年)、『死者踊り』漫画ゴラク・1973年)に同一、もしくは似たモチーフがあります。
 こんな精妙でリアル、美しい幻覚(『かげろう伝』『蝦蟇』とも、大勢の美女達が舞ってくれます。部下達が呆然と見とれているうちに、本人は消え、ターゲットは抹殺され、というパターン)は、実際にあるのでしょうか? ま、そういうツッコミを入れていたら、キリがないし、真似られたら危険ですから仕方ないのかな。
 独特の音によって、知的障害者らしい男を殺人鬼に変貌させる『笛』(ジョーカー・1969年)も、なかなか予想外でおもしろいお話です。
 ただし、『蝦蟇』『浅い川』『死者踊り』は主人公が怪しげな雰囲気を持つ、オッサンなのですよね。惜しいなあ。

参照
『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想①

鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想②

『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想④

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想④ »

横山光輝作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/50766280

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想③:

« 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想④ »