« 『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№2の感想 | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② »

2011年2月 3日 (木)

『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想①

『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)収録の短編、『闇斬り』(月刊少年ジャンプ1976年)より。ネタバレのある感想ですので、ご注意ください。

 これは主人公の忍者、左近。『闇斬り』は、以前レビューした『野火』と正反対のお話で、頭の奇妙な死に方に不審を抱いた左近は、仲間達(忍者ね)がそろって頭に反逆したことを察知し、里中の者に知らせようとします。→②へ続きます。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№2の感想 | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② »

横山光輝作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/50766239

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想①:

« 『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№2の感想 | トップページ | 『鉄甲軍団ほか8編』(横山光輝・講談社漫画文庫)の感想② »