« 『HONKOWA 霊障ファイル・ゆがんだ教え特集号』の感想 | トップページ | 『プレイコミック』2011年7月号の感想 »

2011年6月 4日 (土)

B'z『Don'T Wanna Lie』の感想

 6月1日に発売されました、B'zのニューシングル、『Don'T  Wanna  Lie』(初回限定盤)の感想を申します。いくらかのネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。
 収録されているのは、2曲。メインとも言うべき、『名探偵コナン』の劇場版の主題歌やテレビ版のオープニングテーマにされている(私はどちらも未読ですが)、『Don'T  Wanna  Lie』とTBS系『NEWS23』のエンディングテーマ、『Homebound』。作詞は稲葉さん、作曲は松本さん、Arrengement:HIDEKI TERAUCHI、Drams:SHANE GAALAAS、BASS:BARRY SPARKS、Stings:MARIKO SUGIYAMA with Lime Ladies Orchestraです。

 全体として、ロックというよりはバラード調ですが、油断していると、松本さんのギターのたたきつけるリズムに驚愕してしまいますよ。特に、『Don'T  Wanna  Lie』はね。この曲、リフレイン部分がいいですなあ。哀調を帯びた調子から、一転してポジティブ、エネルギッシュという感じ。これがB'zの真骨頂なのでしょう。特に、ラストのリフレイン、私は好きです。

 Don'T  Wanna  Lie Don'T  Wanna  Lie 生きてると感じていたい
  I wanna try  I wanna try(中略)

 こう来た後、

 人生を決める正念場(モーメント) それが今 かもね

 あうぅ、痺れます。
『Homebound』は、23時代のニュース番組にふさわしい、大人版「お手々つないで 皆帰ろう」みたいな、静かな終わり、がんばったな私、と自分をねぎらいたくなるような雰囲気です。
詞にある、「もうすぐ帰るから」、あなたの、そして私の帰るところは、どこなのでしょうね。

 初回限定盤お楽しみのDVDは、もちろん、『Don'T  Wanna  Lie』のミュージックビデオ! PVとあなどるなかれ、猛烈にきれいですよ! 松本さん稲葉さんのお二人は、おそろいの黒のレザージャケットを着ているのでしょうか? 特に、松本さんが黒のサングラスとあいまって、超渋くてかっこいい、大人の男の魅力をふりまいています。難を言えば、『Don'T  Wanna  Lie』の曲とも共通するのですが、冒頭のギターがパワフルすぎて、数回聞いている間は、びっくり仰天してしまいました。それから、バックのデジタルっぽい画面、目がチカチカします。それでも、水たまりや水のはねる様子をアップにしたり、スローにしたりと、ゴチャゴチャした演出をしないで、力強い曲にフィットした視覚効果は抜群。本当、『Don'T Wanna  Lie』仕様のこのレザージャケット、販売してくれないでしょうかね。欲しいなあ。とにかく、心にビシビシ響く曲と効果がいいです。お勧めですよ。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『HONKOWA 霊障ファイル・ゆがんだ教え特集号』の感想 | トップページ | 『プレイコミック』2011年7月号の感想 »

B'z」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/51852997

この記事へのトラックバック一覧です: B'z『Don'T Wanna Lie』の感想:

« 『HONKOWA 霊障ファイル・ゆがんだ教え特集号』の感想 | トップページ | 『プレイコミック』2011年7月号の感想 »