« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月に作成された記事

2011年8月31日 (水)

『ベルセルク』2巻(三浦建太郎)の感想

 漫画『ベルセルク』2巻(三浦建太郎・白泉社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。物語の根幹をなす、重要アイテムが登場いたしますよ。
 あらすじを申しましょう。

続きを読む "『ベルセルク』2巻(三浦建太郎)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

『不安の種』(中山昌亮)の感想

 コンビニで購入した漫画、『不安の種』(中山昌亮・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 実は、こちらは2冊で、7月発行『不安の種 発芽』、8月発行『不安の種 開花』となっております。『発芽』は、黒、赤、銀を、『開花』は、赤、黒、金と、それぞれインパクトのあるデザインです。さらに、『発芽』の表紙の宣伝文(?)は、「あるはずのないもの、見てはいけないものを見てしまった時、不安の種がムクムクと発芽を始める。ああ、怖い!」で、『開花』の表紙の文は、「見えるはずのない空間に迷い込んだ時、心の中に不安の鼻がゾクゾクと咲き始める。ああ、怖い!」となっており、ほとんど内容を説明してくれています。恐らく、単行本のお話のベストセレクトではないかと予想しますが。
 怖いですよ。本当、冗談抜きで怖いですから、苦手な方は充分に注意してください。『HONKOWA』愛読者の私が、ぎょっとして、鏡を見たくなくなったほどですから。これぞ、恐怖オムニバス作品集と言うのでしょうか。

続きを読む "『不安の種』(中山昌亮)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

『HONKOWA「ほんとにあった怖い話」ドラマ原作特集号』の感想

 コンビニ本、『HONKOWA「ほんとにあった怖い話」ドラマ原作特集号』(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 それにしても、雑誌名は『HONKOWA』で、ドラマタイトルは『ほんとにあった怖い話』では、カテゴリー分類に迷いますなあ。ともあれ、ドラマ『ほんとにあった怖い話』は、9月3日(土)フジテレビ系で午後9時から放映されるそうです。その原作ですから、収録作品は、正統派怖い実話がそろっています! もちろん、ドラマ原作でない作品も収録されていますよ。

続きを読む "『HONKOWA「ほんとにあった怖い話」ドラマ原作特集号』の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

『ベルセルク』1巻(三浦建太郎)の感想

 漫画『ベルセルク』1巻(三浦建太郎・白泉社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 実は、私、長編の漫画や小説のレビューを、ずっとやりたかったのですよ。『ガラスの仮面』『土竜の唄』と、いろいろあるのですが、「ダークファンタジーといったら、『進撃の巨人』よりも、まずこちらでしょう!」というわけで、選びました。
 1巻の初版は1990年12月1日、一昨日購入してきたのは、2011年1月15日、第93刷! では、『バビル2世』の単行本だったら、もっとすごい?
 1巻は、「黒い剣士」「烙印」「欲望の守護天使(1)」で構成されています。内容は、唐突にギャグが入ることもありますが、基本はシリアス! 掲載誌が青年向けですから、エロ、グロ、残酷、激痛はしょっちゅう。ダークな内容ゆえ、後味の悪いエピソードも容赦なく載っています。ファンタジーは、ご都合主義だ、お子様向けだと思いこんでいた、私の偏見を、木っ端微塵に打ち砕いてもらえましたよ。

続きを読む "『ベルセルク』1巻(三浦建太郎)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№9(秋田書店)の感想

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№9(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『抱かれたい道場』第14段(中川ホメオパシー)、ノボルがまた元の汗臭そうな童貞に戻りました。そして、舵原の新奥義、魅惑上昇(ライジングヘロモン。ヘロモンでなく、フェロモンが正しいです)って、下着フェチでもない限り、あまり役に立たないのでは? 男二人は暑苦しいですが、行きずりの女子大生、細野晴美に、ちょっぴり癒されます。

続きを読む "『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年№9(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

『黒い家相』(高野美香)の感想

 漫画版心霊恐怖体験集というよりも、あの有名な霊感ママシリーズ、『黒い家相』(高野美香・朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。また、収録作品は、2008年以降の『ほんとにあった怖い話』や2011年『HONKOWA』に掲載されていたもので、私はほぼ読み尽くしてストーリーは知っておりますが、それでも、やっぱり、まとめて読むと、おもしろい! 単行本の上質紙だと、線やスクリーントーン(もしかして死語?)などの効果が明確だから、きれい&怖さ倍増!
 そして、この霊感ママシリーズは、私の知る以前から単行本になっていたと思いますが、怖いだけの心霊体験談と異なる内容です(そりゃあ、純粋に怖い作品も好きですけど)。作者の高野美香さんは霊感がないそうですが、主役たる霊感ママ=高野さんのお母さん、ユミさんの人柄がいい! 穏やかに優しく、心霊相談を受けつけ、時には頼ってくる霊を、静かに説き伏せてあがらせてあげます(叱りつけることもあります)。だから、怖さ濃度は割りと低めで、心霊体験を知りたい方にお勧めですが、要するに、癒し系でためになるお話なのですよ。
 そういうわけで、雑誌の感想と重複するかもしれませんが、感想を始めますね。

続きを読む "『黒い家相』(高野美香)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

『Lyrica(リリカ)』(宮西計三)の感想

 エロ劇画作品集『Lyrica(リリカ)』(宮西計三・ペヨトル工房)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 エロ劇画と見て、顔をしかめた方、「今日は読まなくてもいいや」と思われた方、もったいない! 確かに、テーマはセックスだし、エロ劇画としかジャンル分けできませんが、笑いの要素は、見事なまでに皆無です。異性または同性同士が、情熱のおもむくままに、互いの体を愛で、身も心もつながり合う、非常にシリアスかつ真摯な物語ばかりです。写真かと、見まがうほどの綿密な点描、勃起した股間を覆う下帯のしわの細かさと、エロ劇画というよりは、大人向けの絵物語と見なした方がいいと、私は思います。

続きを読む "『Lyrica(リリカ)』(宮西計三)の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

『怪眼』(伊藤三巳華)の感想

 漫画『怪眼』(伊藤三巳華・朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。
 朝日新聞出版様の『HONKOWA』や『ほんとにあった怖い話』なら、コンビニ版も含めて、長らく愛読してきましたが、単行本の購入はこれが初めてです。やはり、紙の質がいいと、怖さがパワーアップしますのう。
『怪眼』は、伊藤三巳華さんの短編集ともいうべきもの。2008年から2010年までの『ほんとにあった怖い話』に収録されたお話で、私は一応、すべて読了したはずですが、それでも怖かった! 『HONKOWA』で連載されている、『スピ☆散歩』と異なり、シリアスタッチの絵柄です。ただ、合間に入る、『はじめに』『おわりに』(前記と後記ですな)、『晴れのち禍々』という日常エッセイ風漫画は、なかなかかわいい。

続きを読む "『怪眼』(伊藤三巳華)の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

『土竜の唄』27巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』27巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレを含みますので、ご注意ください。
 やっと、私のトロい感想が追いつきました! しかも、帯カバーによれば、『土竜の唄』ポストカードが発売された、という情報が載っていましたよ。ご興味のある方は、こちらをどうぞ。
  ↓  ↓  ↓
 http://store.terry-f.com/

 全国のヴィレッジバンガードでも発売中!! だそうで。
 しかも、27巻帯カバーの応募券を送れば、抽選で10名様に、このポストカードがプレゼントされます。2011年9月30日が応募締切ですから、ご注意ください。
・・・・このようなすてきな情報が載っているのに、ドラマ化のドの字もありませんでしたよ。『土竜の唄』ドラマ化なんて、ニセ情報ですからね。

続きを読む "『土竜の唄』27巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

『鉄腕バーディーEVOLUTION』8巻(ゆうきまさみ)の感想

 漫画『鉄腕バーディーEVOLUTION』8巻(ゆうきまさみ・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 8巻! やっと、追いつきましたよ。この調子で、『土竜の唄』『決定版 水滸伝』『賭博黙示録カイジ』『闇の土鬼』『怪眼』『黒い家相』『月刊ヤングチャンピオン烈』などなどの感想も、がんばるのだ、私(キープしている冊数多すぎ!)。
 8巻、成人指定ではありませんが、拘束具をつけたバーディーを描いている、表紙からして妖しいです。セクシー系が苦手な方は、注意なさった方がいいですよ。

続きを読む "『鉄腕バーディーEVOLUTION』8巻(ゆうきまさみ)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

『月刊ヤングマガジン』2011年9月号(講談社)の感想

『月刊ヤングマガジン』2011年9月号(講談社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
『オヤスミ・フクロウ』(穐山きえ)、新連載。地味で内気でパッとしない、聡子のもう一つの顔は・・・・。ライブチャットというものがよくわからないというか、出会い系を連想して、ワタシ的にいいイメージがないので、しばらく様子見ですね。ヒロイン聡子の髪の描き方が、とてもきれいで、いい感じです。
『エンジェルフェイク』(百瀬武昭)、最終回。ヒロイン雪那の、一見クールな中にひそむ、愛らしさ(これもツンデレの一種?)がツボでした。できれば、陸真とくっつけてほしかったなあ。ありがとうございました。次回作も期待しています。

続きを読む "『月刊ヤングマガジン』2011年9月号(講談社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

「予定は未定」とならないために

 暑いからと、だらけてばかりいないで、少しは自分にプレッシャーをかけておくべく、大風呂敷を広げさせていただきます。
 それでも、いざとなると、実生活重視なので、ご了解ください。

 すでに、ニューアルバムとはいえなくなりましたが、B'z、ゴスペラーズの感想を述べたいです。
 昨日、『進撃の巨人』5巻、『怪眼』『黒い家相』の単行本を入手しました(『永久保異聞 闇の考証』も欲しかったのですが、見つかりませんでした)。『HONKOWA』の掲載号ミスの失敗を挽回するため、レビューするつもりです。
『月刊ヤングマガジン』、『土竜の唄』27巻が、もうすぐ読了できそうです。
 読み終えているけれども、感想をアップしていないのが、『鉄腕バーディーEVOLUTION』8巻、『不安の種』、『決定版 水滸伝』2~4巻などですが、『不安の種』は、『発芽』『開花』と、そろえてからにします。
 ワタシ的ナンバー1ダークファンタジー、『ベルセルク』は、「アニメ・コミック」のカテゴリーから、独立させて、1巻から感想を書いてみたいです。なぁんて、思っていて、実家の本棚を調べたら、肝心な1巻だけが紛失! 誰かに貸したきりになっているのか、紛失したのか、まったく不明。ああ。
 整理整頓ができるって、一種の才能であり、すばらしい美徳ではないでしょうか・・・・。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『HONKOWA』感想のおわび

 何と、最新の『HONKOWA』感想記事が、2011年11月号となっておりました。
 正しくは、2011年9月号です。訂正しました。申しわけありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

『HONKOWA』2011年9月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2011年9月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
『ほん怖』から『HONKOWA』になって、おどろ系の恐怖から、ミステリー、もしくは歴史、サイコ系の恐ろしさに進化していただいたおかげで、この時間でもレビューできまする。ありがたや~。

続きを読む "『HONKOWA』2011年9月号(朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

『ヤングアニマル嵐』2011年№9(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2011年№9(白泉社)の感想を申します。いくらかのネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。

『素人AV女優 職業編』第四話(川本貴裕)、祝『素人AV女優』単行本化! その記念ということで、やわらかなピンク色メインの巻頭カラーですが、中味もおもしろかったです。正確には、エロかった! それぞれ個性的な現役ナースが、三人同時に・・・・ですからね。興味のある方は、購入すべし!

続きを読む "『ヤングアニマル嵐』2011年№9(白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

レポート作成につき、お休みします。

 本日、ホームヘルパー2級講座のレポートを作成しなければならず、ちょいと体調も崩しておりますので、お休みさせていただきます。
 すみません。
 それでは、失礼いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

『プレイコミック』2011年9月号(秋田書店)の感想

『プレイコミック』2011年9月号(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 ダンナの付録推しは、麻美ゆまちゃんのグラビアもそうですが、『お元気クリニック』(乾はるか)というエロコメディのせいでもあるそうです。私はこの漫画を知りませんでしたが、さっぱり楽しく、後味がいいのがよろしい。作者様、女性の脚線美にこだわりがあるみたい? このように、かつての名作漫画を復活してもらえる&美麗グラビアという付録は、夫婦ともども(変わりモンオタク夫婦ですが)、ありがたい! 今後とも、希望いたします。

続きを読む "『プレイコミック』2011年9月号(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

麻美ゆまちゃん&ももいろクローバーZのこと

 課題の勉強が長引いていますので、今夜はお休みさせていただきます。
 そう思いましたが、読者サービスっぽい情報を、ほんのちょこっと。

 麻美ゆまちゃんファンの方、ヤングチャンピオン烈(クリアファイル付録)に加えて、プレイコミックをご購入されると、お得ですよ。付録に、グラビアがついています。
 プレイコミックも、B'zのアルバムも、近いうちに感想をアップできると思いますが、お気長にお待ちください。
 何気なく書いた、ももいろクローバーZの記事にアクセスをいただき、ありがとうございます。
 瀬口たかひろさんお勧めの「ココ☆ナツ」は、ここから。
   ↓  ↓  ↓
 http://youtu.be/KiqLuL4AV4E

 私が好きな、「行くぜっ!怪盗少女 」は、こちら。
   ↓  ↓  ↓
  http://youtu.be/TxH0yOn1Jz8

  男性ファン達のノリがよすぎるかもしれませんが、やっぱり、私は元気に、楽しそうに、ダンスをしている彼女達が好きです。
 惜しむらくは、ブルーの子が、今はいないことでしょうか(猛烈に私のタイプなのに)。
 ももいろクローバーZとなった今でも、ライブに行きたいな、行きたいなあ。
 そのために、がんばって、求職活動しますぞ!

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

『土竜の唄』26巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』26巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 26巻は本編の他に、人気グループ『湘南乃風』とのコラボ読切短編漫画(玲二や日浦がゲスト出演しています。たぶん、ストーリーは曲のイメージと合っています)、さらには、湘南乃風メンバーと高橋のぼるさんの対談が載っています。湘南乃風は、たぶん、皆様の方がくわしいと思いますが、写真撮影もされているので、高橋のぼるさんの姿格好がわかって、非常に興味深い。玲二をほうふつとさせるどころか、穏やかそうな方ですよ。ただ、眼力が強そうでした。

続きを読む "『土竜の唄』26巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

『この世界の片隅に』前・後編(こうの史代)の感想

 漫画『この世界の片隅に』前・後編(こうの史代・双葉社)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。

 この漫画は今日、日本テレビ系で終戦記念ドラマスペシャルとして、北川景子、小出恵介、優香、速水もこみち、りょう、芦田愛菜といった出演で、放送されるそうですね。おもしろいといいですなあ。私はテレビ視聴があまり得意でないので、原作本を買ってレビューしてみます。

 お話は、一言で言うと、太平洋戦時下を懸命に生きる、すずという、若い既婚女性の物語。厳密には、昭和9年1月、すずが子どもだった頃の短編作品から始まり(短編はこれを含めて3本)、『この世界の片隅に』本編が第44回までと、最終回は昭和21年1月で終了していますから、長いといえば長いスパンですね。舞台は、未婚のすずが住んでいた、広島市江波(えば)と、すずの嫁ぎ先、広島県呉市で、後者がメイン。広島市はもちろん、原爆が投下されていますが、呉は海が美しい、風光明媚な地である一方、呉鎮守府があり、広工廠、十一航空廠、海軍航空隊もあり、戦艦大和、重巡洋艦青葉などが製作され、停泊し、市民の目の前の海を航行していたそうです。原爆の直接的被害はなかったものの、奇妙な閃光と巨大雲は目撃され、翌日から広島へ救助活動を始めるなどしています。つまり、沖縄についで、戦争がごく身近に存在していた街であるわけで、大本営発表? の「空襲による被害は軽微」という内容を、誰も信じていない様子まで、詳細に描かれています。

続きを読む "『この世界の片隅に』前・後編(こうの史代)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号(秋田書店)の感想

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。

 昨夜は『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号に、ももいろクローバーZのコラムが!という記事で、舞い上がっていた私ですが、今回は恵比寿マスカッツのグラビアと、クリアファイルの付録が、なかなか充実しています。麻美ゆまちゃんのファンの方ならば、プレイコミックとセットでご購入されるのがお勧め。さあ、今回は、さらっと、レビューいたしますよ。

続きを読む "『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号に、ももいろクローバーZのコラムが!

ももいろクローバーZ<br />
 夏菜子たん

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年8月号(秋田書店)で、もっとも衝撃的だったのは。
『瀬口たかひろの美少女ハッケン!』というコラムが、始まったこと!
 私は一瞬、ヤングアニマルかヤングアニマル嵐のページかと思いましたね。
 しかも、File1は、「ももいろクローバーZ」!
 この超かわいいイラストは、百田夏菜子ちゃんだそうです。
 瀬口たかひろさんは、夏菜子ちゃんのエビ反りHigh Jumpに、衝撃を受けたみたいです。
 いい絵! かわいいぞ!
 私も、、「ももいろクローバーZ」を聞いてみます。
 瀬口たかひろさん、ももいろクローバーZ、両方ともがんばってください!

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

『決定版 水滸伝 1巻 百八星飛翔!』(横山光輝)の感想

 漫画『決定版 水滸伝 1巻 百八星飛翔!』(横山光輝・潮出版社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 1巻の初出は、月刊『希望ライフ』1967年4月創刊号~1968年3月号までだそうです。なぜ、そんな細かいデータを載せているかと申しますと、帯カバーによれば、「横山光輝、32歳。」で、全6巻ですから、ほぼ既出の文庫本と同じストーリー配分と思われますが、雑誌連載時の原稿を完全再生しているのがウリだそうで。つまり、今までの単行本で省略されていた、一話ごとの冒頭にあった、「前号のあらすじ」が復活したというわけ。確かに、一つ一つ、微妙に絵柄が異なっていて、コピーではなさそうです。巻頭には、連載時のカラー4ページも収録。初版には、定期券ほどの大きさの、カラーのプレミアムカード(1巻は、魯達VS丘小乙のバトル)がついています。が、このカード、しおりか、絵はがきの方がワタシ的によかったなあ。こんなに小さいと、横山光輝さんの絵柄独特の味わいがわかりにくいです。これで、税込1050円は、どう判断すべきでしょう? ああ、関西人・・・・。

続きを読む "『決定版 水滸伝 1巻 百八星飛翔!』(横山光輝)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

本日の収穫本

 申し忘れていましたが、昨日、HPのまっとう屋どんべい商店を更新しました。自分の近況、アクセスアップ実験のこと、アニメに関する辛辣批評などを述べていますが、ご興味がおありの方は、訪問してやってください。ただし、男同士でやっているお話もありますので、ご注意を。
 ↓ ↓ ↓
http://homepage3.nifty.com/m-donbei/

 今日は、何気にコンビニに立ち寄ったら、なかなかの収穫で、思わず、アイス最中を買うのを忘れてしまいました。
 本来なら、画像をお見せしたいところですが、もう日付も変わりかけていますから、タイトルと作者名だけ。

続きを読む "本日の収穫本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »