« プリンターから異音が発生! | トップページ | 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 »

2011年9月27日 (火)

『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 この本、24日(土)に購入しましたが、何か変だと思ったら、表紙がつるつるで、つやがあるからなのですね。付録は、48.8㎝のアイドルスタンドPOP。クリアファイルならともかく、これは使いようがありまへんがな。シングル男性は、喜んで、デスク上に飾る・・・・の? ダンナは大喜びでしたから、既婚男性に需要があるとか? まあ、とにかく、吉木りさちゃんは(特にお尻が)、かわいいです。 

『設定少女』設定2(川津健二朗)、住み込み(正確には押しかけ)家政婦の名は、闇道(あんどう)つづり。セックスしないと、死んでしまうと聞いていましたが、本当に彼女、弱ってしまいました。ただの妄想癖のある女性ではない? ノリは明るいですが、謎だらけです。
『無邪気の楽園』PRADICE.4(雨蘭)、新連載ですが、今までの読み切り分から数えて、4からスタート。おめでとうございます! 小学生女子が、無邪気に大胆極まること(エロメイン)をやっていたのを、26歳の省太が当時にタイムスリップして追体験してしまうという、エッチコメディ。そんな省太は、外見上はあくまで小学5年生ですから、ヨコシマ願望やリビドーは、彼自身にしかわかりません。特に、成長してから人気女優となる、春風このみとの言動がメインです。私はロリではありませんけど、シンプルにおもしろいです。唯一の心配は、青少年条例に引っかからないか、ということだけ。
『シークレット ラボ』(原作:原田重光 漫画:小林拓己)、白衣を着た、メガネ研究生、真倉望がベリーキュート。精液の有効活用の研究のため、主人公の伊藤は望に協力しますが、これが羞恥&セクハラの嵐。しかも、望がかわいくて巨乳なものだから、伊藤も妄想がノンストップというわけで・・・・。おもしろい! 本人同士は真面目なのに、おバカなノリというのもいい! 連載を希望します。
『リカ』第6話(宮野ともちか)・・・・私としては、もう無理。この兄弟に、ついていけませぬ。
『へべれけ恋バナ相談室』第27回(後藤羽矢子)、今回のゲストは、以前に『童貞プリンセス』を描いていた、新人漫画家の佐藤香穂さん。漫画家デビューと恋バナ、濃厚なお話が語られます。17㎝のチンコにこだわる、香穂さんを応援しますぞ。このエピソードを知ってから、『童貞プリンセス』を読むと、ドン引き? それとも、精神的鼻血?
『ナナとカオル 夏』第15話(甘詰留太)、更科の命令で、カオルを誘惑する橘。皮をむいたすもも、それをカオルの口に入れる、汚れた指先を、ちょろりとなめる、吸う・・・・橘の一連のしぐさ、表情がエロい! べったりと、カオルに寄り添う橘に、ナナはもちろん、策士であるはずの更科も、だんだん落ち着かなくなってきた? こういう心の微妙な表現は、本当にうまいですな。今回は縛りがなかったけれども、存分にエロかった。すごいです。
『心友』井藤ハロー、ヤングアニマル漫画チャレンジ2011〈春〉、グランドスラム受賞作だそうです。内容は、ほのぼのした扉絵と裏腹に、狂気とバイオレンスの嵐! これは女子版の、ベルセルクか北斗の拳かと、思いきや・・・・。ラストの締めとオチは、お見事! 精神的大拍手! ぜひ購入して、この意外性、パワフルな絵柄を楽しんでみてください。作者様は案外、シリアスもコメディもいける才能の持ち主かもね。今後に期待いたします。シリーズ短期連載や新連載を、リクエストいたしますよ。やはり、今回のヤングアニマル嵐も買ってよかったなあ。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« プリンターから異音が発生! | トップページ | 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/52841133

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想:

« プリンターから異音が発生! | トップページ | 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 »