« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月に作成された記事

2011年9月27日 (火)

『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想

『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 おっと、こちらもグラビアは、吉木りさちゃん。お尻クイーンですか、そうですか。笑顔はかわいいですな。

続きを読む "『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 この本、24日(土)に購入しましたが、何か変だと思ったら、表紙がつるつるで、つやがあるからなのですね。付録は、48.8㎝のアイドルスタンドPOP。クリアファイルならともかく、これは使いようがありまへんがな。シングル男性は、喜んで、デスク上に飾る・・・・の? ダンナは大喜びでしたから、既婚男性に需要があるとか? まあ、とにかく、吉木りさちゃんは(特にお尻が)、かわいいです。 

続きを読む "『ヤングアニマル嵐』2011年№10(白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

プリンターから異音が発生!

 このカテゴリーで更新するのは、去年以来ですか。うわぁ、放置していてすみませんのう。
 メカオンチで情報弱者の私がやってしまった失敗談ですので、PCおよび周辺機器にくわしい方には、まったく不要なエピソードです。ご注意ください。

続きを読む "プリンターから異音が発生!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

『ハモリズム-初回限定盤-』(ゴスペラーズ)の感想

 CDアルバム、『ハモリズム-初回限定盤-』(ゴスペラーズ)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますから、ご注意ください。
 現在進行中の、『ゴスペラーズ坂ツアー2011~2012“ハモリズム”』を、見に行ってきた方は多いでしょうね。私も来月、行きます。にゃはっ! やむを得なかったとはいえ、このCDも発売されてから、ずいぶん経つのに、こんなに遅くなってすみませんでした。
 えっと、収録されているのは11曲で、初回限定盤の特典として、楽しい内容のDVDがついています。それでは、各曲と、DVDについて、簡単に述べましょう。

続きを読む "『ハモリズム-初回限定盤-』(ゴスペラーズ)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

『図解入門ビギナーズ 最新 介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本[第3刷]』(高室成幸 監修)の感想

『図解入門ビギナーズ 最新 介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本[第3刷]』(高室成幸 監修・秀和システム)の感想を申します。ネタバレ・・・・って、ノウハウ本ですから、無理です。
 さて、本日、介護事務の技能認定試験を受けられた方、いかがでしたか? 私は出かける前に腹痛をもよおして、ギリギリに電車に飛び乗ったら、電卓を忘れていて、思わず冷や汗。終了してからは、サンマルクで生シュークリームを食べ、本屋やコンビニを回って、漫画雑誌を買いまくって、一人打ち上げをしました。

続きを読む "『図解入門ビギナーズ 最新 介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本[第3刷]』(高室成幸 監修)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

『三国志ジョーカー』3巻(青木朋)の感想

『三国志ジョーカー』3巻(青木朋・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレを含みますので、ご注意ください。
 3巻は、どっと、シリアス度が増す一方、謎も倍増。赤壁の戦い前のエピソードとして、つかみは上々。さらに、三国志演義では、ワタシ的にもっとも悲惨な展開と思っていた、長坂橋の戦いは、どのように描かれるのかと、期待と不安が半分ずつだったのですが・・・・見事なまとまりです。加えて、馬の描き方が、なかなかおもしろい。筆を使用しているのでしょうか、劉備軍を追走する曹丕(そうひ)と、主人公の司馬懿(しばい)の主従、恐らく槍? を駆使して孤軍奮闘する、犬、じゃない、趙雲の乗馬姿など、かっこいい。精神的土下座!

続きを読む "『三国志ジョーカー』3巻(青木朋)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

『永久保異聞 闇の考証』(永久保貴一)の感想

 漫画単行本、『永久保異聞 闇の考証』(永久保貴一・朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この『永久保異聞 闇の考証』は、すでに『HONKOWA』または『ほんとにあった怖い話』の感想で、アップしているかもしれません。が、おもしろいものは、やはりよい! というわけですので、改めて述べます。
 掲載されたのは、2008年から今年まで、『HONKOWA』および『ほんとにあった怖い話』に掲載されていました。おまけは、10ページもある、コワおもしろいエッセイ、『酒呪雑多』(しゅじゅざった)。漫画の中味は、『謎と伝説の女王・卑弥呼を追え!!』と『闇の考証アフター』は、ほぼ続き物ですが、他2本は短編。歴史ミステリー解明ものなのですけれども、文書だけに頼らず、永久保貴一さん、編集長、あの霊能者の寺尾玲子さんと一緒に現地におもむいて、玲子さんの霊査していくという内容。しかも、その舞台は、奈良、平安初期、そして古墳と、謎だらけの時代! 非常にユニークなアプローチです。だから、奈良県内の本屋様は、この本を歴史コーナーで平積みにしておくべきだと、私は思いますね。

続きを読む "『永久保異聞 闇の考証』(永久保貴一)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

『プレイコミック』2011年10月号(秋田書店)の感想

『プレイコミック』2011年10月号(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『あげちゃう! 女教師』レッスン1&レッスン2(大和和樹)、1988年と1989年に掲載された作品で、男性向けドリームのお話。ヒロインの永森先生は美人ですが、どことなくレトロな描き方。こういう、後味のいいエッチな話は王道としてよいものです。横山美雪ちゃんのヌードグラビアともども、楽しめます。

続きを読む "『プレイコミック』2011年10月号(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

『進撃の巨人』5巻(諫山創)の感想

 漫画『進撃の巨人』5巻(諫山創・講談社)の感想を申します。あらすじ紹介における、いくらかのネタバレに加え、かなり批判的に表現しておりますので、「『進撃の巨人』最高!」「諫山先生は神!」と、純粋に思っておられる方は、充分にご注意ください。もしかしたら、私一人が唯一、第35回講談社漫画賞少年部門受賞のこの作品を、否定的にとらえているかもしれませぬ。自分が浅学で、ひねくれていることは、存分に自覚しておりますので、「ふーん、こういう妙なことを感じるやつもいるのか」と、さらっと、読み流していただいた方がよいかと思います。

続きを読む "『進撃の巨人』5巻(諫山創)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

『魔百合の恐怖報告 総集編』2011年秋の号(朝日新聞出版)の感想

 特別編集漫画雑誌、『魔百合の恐怖報告 総集編』2011年秋の号(朝日新聞出版)の感想を申します。例によって、ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
HONKOWA』に『ベルセルク』、先ほど注文した『闇の考証』、そして、現在、読書中の『激マン!』4巻、最近レビューした『不安の種』と、霊障、悪霊など、怖いテーマばかり読んでいますが、大丈夫か、私? 次は、お口直しに、萌え系かギャグを読んでみますか。

続きを読む "『魔百合の恐怖報告 総集編』2011年秋の号(朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

タイムアウト!

 今夜はもう、『三国志ジョーカー』3巻、『ベルセルク』3巻、『魔百合の恐怖報告 総集編』も、感想ができそうにありませぬ。
 9月は検定試験の勉強がありますので、更新はいつも以上にトロくなるかと思われますが、保証はできませんけれども、がんばります。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »