« 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 | トップページ | 『ベルセルク』3巻(三浦建太郎)の感想 »

2011年10月 1日 (土)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年10月号の感想

『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年10月号(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 おお、こちらもグラビアに吉木りさちゃんが。まさに、クイーンですな。

『彼女の鍵を開ける方法』Key25(中田ゆみ)、銭湯で、男女高校生が妄想をたくましくし、ニアミスを勃発! 下品になるギリギリがよろしい。知らずに、大切なところをタッチされて、きょとんとする、ちひろの表情がかわいい。
『ゴッドサイダーサーガ』PART12(巻来攻士)、混戦状態から何とか勝利が見えてきたかも、と思いきや、もっとすごい、エグい完全なる敵(パーフェクト エネミー)、雲上人が登場。こういう、得体の知れない、分類不可能の醜悪な敵って、デビルマン、ベルセルク、高橋葉介さんの短編にも登場していたように思います。
『青春ポップ!』28TUNE(北河トウタ)、朔太、ようやく母と折り合いがついたようで。この少年、やはり姉の詩織より、メンタル面で弱いな。だからこそ、詩織も彩乃もかまってくれるのでしょうけど。
『すもものおもちゃ~自らを慰める乙女秘話~』(原作:すもも 漫画:ユウコ・フランソワーズ)、ロゴとサブタイトルのみ変えて、リニューアル。女子のオナニーについて、より一層深く掘り下げていくそうです。相変わらず、かわいい絵柄でディープな内容。女子のいじめは怖いなあ。あこがれの人の前で、いかされてしまうのですから。
『性食鬼』Orgasumu14(稲光伸二)、うさ山、間に合わず。いずみは女王と、フィニッシュしてしまいました。いずみの今後も心配ですが、いずみとうさ山は王子と一緒に、無事に脱出できるのでしょうか。目が離せませぬ。
『お気に召すままご主人さま』第三十話(いとうえい)、関谷、巨乳好き宣言から、流れのまま、何とリンにセクハラ!? 一連のシーンが、リンの感じてるっぽい表情とあいまって、今までになくエロい! 乳好きの方には超お勧めです。それだけに、ラストのオチが(笑)。
『メイデンエイド』第12話(恩田チロ)、前回の騒ぎの収拾はついた? えなは、「あたしは諦めないからな」と、ひそかに宣言。ライバルの多いしおんもいいが、私はえなの一途さと不器用さが好き。悩め、一斗。彼女達を幸せにしてやってよ。やっぱり、こういうエッチつき学園ラブコメのノリの方がいいと思います。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 | トップページ | 『ベルセルク』3巻(三浦建太郎)の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/52883812

この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊ヤングチャンピオン烈』2011年10月号の感想:

« 『月刊ヤングマガジン』2011年10月号(講談社)の感想 | トップページ | 『ベルセルク』3巻(三浦建太郎)の感想 »