« 『土竜の唄』28巻(高橋のぼる)の感想 | トップページ | 本日、ゴスペラーズのコンサート »

2011年10月13日 (木)

『ヤングアニマル嵐』2011年№11(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2011年№11(白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『福岡侍』(瀬口たかひろ)、最終回! 九州に広がっていく、斬新なデザインの鉄道関連のお話で、鉄道好きの私も、とてもおもしろく読めました。2013年開通予定の、九州一周「豪華」寝台列車が楽しみです。このお話、九州観光ガイドにぴったりなのですが、単行本になりませんかね? かわいい女の子を描ける、瀬口たかひろさんには、ヤングチャンピオン烈などでも、連載していただきたいものです。ありがとうございました。

『変態少女はるる』(松本救助)、読切作品。ちょっとエッチでライトな味わいの、女子学生変身コメディです。絵柄は少女漫画っぽい割に、エロ度はなかなか! ヒロインのボスみたいな、白ヘビが、かわいい。再登場を希望します。
『ふたりエッチ』SPECIAL PART、早漏克服って、大変だ! オヤジ雑誌には、よくペニス増大の方法やサプリが載っていますが、早漏対策はないの? まあ、カップルで仲よく克服していくのがベストでしょうね。
『設定少女』設定3(川津健二朗)、つづりの母は、彼女を産んですぐに死んだ? ますます深まる、つづりの謎。エッチの回数は増え、バージョンもアップしていくのに、恋愛パッションはヒロシだけが高まって、つづりは激烈に拒絶。何か、すごいラブコメですね。
『へべれけ恋バナ相談室』第28回(後藤羽矢子)、担当のO野木、突然の結婚によって、へべれけ率業! がんばれ、ワタナベさんと後藤さん! 次のT村君もがんばれ!
『なぎさちゃんのカレシ』(未影)、かわいい絵柄の四コマ漫画ですが、中心テーマがやおい系BL漫画というのは、遠回しに、同人関係知人や私を見られているようで、ちょっと恥ずかしいかも。でも、素直で好意的に表現されていたから、いやではない・・・・けど、やっぱ、恥ずい!
『ナナとカオル 夏』第16話(甘詰留太)、いつもながら、毎度ながら、しつこいようですが、今回もかなり、相当、濃厚にエロい! 縄酔いしているのは、縛られる橘だけでなく、カオル、ナナ、それに更科までも! 優しい笑顔でカオルを誘い、胸の谷間に顔を埋めさせたり、カオルの足元にうずくまって頭を低く下げ、まるで、罪人のように、長い髪からうなじをさらす橘の表情、ポーズは最高かも。ありがたく、私の妄想のタネになってもらいました。お勧めですよ。
 グラビアは、巻中カラーの、ロリッ娘メイドさんのつぼみちゃんが、エロかわいいです。今回は全体的に、エッチ濃度が高めだったようで。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『土竜の唄』28巻(高橋のぼる)の感想 | トップページ | 本日、ゴスペラーズのコンサート »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/52981803

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤングアニマル嵐』2011年№11(白泉社)の感想:

« 『土竜の唄』28巻(高橋のぼる)の感想 | トップページ | 本日、ゴスペラーズのコンサート »