« 『闇の土鬼』(横山光輝)の<真面目な>感想 | トップページ | 『激マン!』4巻(永井豪&ダイナミックプロ)の感想 »

2011年10月 9日 (日)

『闇の土鬼』(横山光輝)の<腐女子的>感想

 漫画『闇の土鬼』(横山光輝・講談社)の<腐女子的>というか、いつもの、エロいだの、自主何とかのバージョンにて感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 推理物ではないから、ネタバレ上等な気分で、他の方々の『闇の土鬼』の感想を調べさせていただいたところ、ストイックというご意見がいくつかあって、正直、驚きました。そりゃあ、女性キャラはほとんどストーリーに関わってきませんでしたが(要するに、女の子といちゃつく場面がなかったのです。今時の少年漫画なら、あり得ないかも)、前回の〈真面目な〉感想で申したとおり、私は、土鬼が「食べる、悪夢にうなされる、弱音を吐く」など、今まで読んだ横山光輝作品の主人公の中で、もっとも自然体だと思いましたから。ストイックという点なら、私はやはり、『バビル2世』に軍配を上げたい。物語の発端を除いて、主人公はひたすら敵と戦っていましたから。バトルだけで、あれだけ盛り上がれる、見せ場を作れるとは、さすがに名作と呼ぶにふさわしいですな。あ、主人公が激しい感情を表す、『その名は101』は別ですよ。
  おっと、つい、『バビル2世』の感想になりました。『闇の土鬼』の連載は、『バビル2世』の後半と重なっていたようですね。だから、初期は主人公同士、顔が似ている感じでしたが、土鬼が変装のため、血風党の装束に着替えてから、目つきが鋭く、三白眼のようになりました。要するに、武芸者としての土鬼の成長を表現したのでしょう。それから、第3集の最終戦は、表の武芸者代表の柳生十兵衛と、闇の武芸を体得した土鬼が、互いの死力というか、知力、体力を尽くして戦う、というもの。彼らのうち、どちらが勝ったか、無明斎との因縁は・・・・と、ラストシーンは、どうぞ購入してご覧になってください。これ以上、つけ加えることも削ることもできない、切ないような、少し寂寥感のある名場面です。あれ、私、まともな感想を書いていますね(自主ツッコミ)。

 それはさておき、ようやく本題ですが、〈真面目な〉感想の画像にありますとおり、土鬼は美少年です。しかも、前半から中盤にかけて着ている着物は、「羽織はかまは きゅうくつで すきではないです」と言って(第1集)、膝丈よりかなり短い着物で、足を惜しげもなく露出。対する血風党は、無明斎は老人、他は加齢臭を気にしろよ、と説教したくなるようなオッサンぞろい。柳生十兵衛とその部下も、オッサン集団、霧兵衛老人。なので、『闇の土鬼』は、土鬼という悩ましい格好をした美少年に、オッサン連中が寄ってたかって襲いかかるお話ともいえるでしょう。頭痛をもよおした方、すみませんが、私はウソは言っておりませんぞ。
 証拠に。
 ↓ ↓
Nec_0229

 これは、土鬼が血風党七人と対決した際、一人を刀で貫いたけれども、がっちり押さえこまれて危機におちいったところ(第2集)。オッサンは負傷していますが、押さえつけ方が抱きしめているみたいで(自主規制)。土鬼もかなりいやだったのか、戦いの時は無駄口をたたかずにいるのに、この時だけは、「はなせ」と、動転したように叫んでいます。他にも、第3集で、左腕の湯治のため、温泉に入浴している土鬼が、湯から上がって浴衣をまとうのを、三人ばかりの柳生の部下達が、じっと観察していました。彼ら、血風党との争いでかなりの犠牲が出ますが、しかし、それでも、けれども、土鬼の全裸や着替えを見ていたわけですか。そ、そんなの、私、ちっともうらやましくなんか、ないんだからねっ! 第1集や第2集で、霧兵衛がやたらと親切に、負傷した土鬼の介抱をしていたのも、深読みすれば(くどいので、自主省略)。
 しかしながら、土鬼が父性本能丸出しの中年男性達にかまわれるのも、非常に納得できるような気がします。土鬼単独で見ても、充分にかっこいいですし、かわいいですから! 大勢の血風党、伊賀者に対峙しても、堂々と胸を張って構えるし、得意の七節棍、一の太刀などがバシッと決まった瞬間は、ため息が出そうなほど、華があります。さらに、土鬼は隠し針を口にくわえていることが多いのですが、これも、そこはかとなくエロい! めったに笑わないだけに、血風党に正体を見破られた時に浮かべる、皮肉な笑み(第2集)、湯治で左手が動くようになるや、うれしそうにかすかに笑う表情(第3集)、飼い鷹の稲妻の世話をする際の楽しげな様子(第1集)と、非常に精彩ある表情、言動が好感を持てます。まあ、負傷したり、悪夢を見たりする時の苦悶が、とてつもなく悩ましいと思うのは、私だけでしょうけど。ごめんね、土鬼。すみませぬ、横山光輝さん。
 こんなふうにエキサイトして、KCスペシャルをめくり続けていたら、ページがはずれて、バラバラに! この名作を復刊していただけたら、本当にうれしいです。それでは。

参照

『闇の土鬼』(横山光輝)の<真面目な>感想  


ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『闇の土鬼』(横山光輝)の<真面目な>感想 | トップページ | 『激マン!』4巻(永井豪&ダイナミックプロ)の感想 »

横山光輝作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/52951022

この記事へのトラックバック一覧です: 『闇の土鬼』(横山光輝)の<腐女子的>感想:

« 『闇の土鬼』(横山光輝)の<真面目な>感想 | トップページ | 『激マン!』4巻(永井豪&ダイナミックプロ)の感想 »