« 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想 | トップページ | 今日の予定と、今後のこと »

2011年12月16日 (金)

B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想

 B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。

 収録曲は13曲。今回は、少し簡単にいきます。
 初回特典は、「C'mon」「さよなら傷だらけの日々よ」「Don't Wanna Lie」の3曲が収録された、ミュージックビデオでした。「C'mon」は初めて見ましたが、残り二つは以前のシングルDVDの特典と、同じものかも。でも、画像がきれいですから、私は大喜びです。「C'mon」では、林と草原のある、緑一杯の環境で、松本さんがギターを弾き、稲葉さんが歌っています。大規模な仕掛けはありませんが、たぶん、松本さんは日本一サングラスが似合う男性ではないでしょうか。稲葉さん、何度も申しますが、渋い、クール、かっこいい、いい男! はぁーっ(ため息)。

1.C'mon
 哀調を帯びた、バラードっぽい曲です。でも、リフレイン部はポジティブ。「もう一度 笑いあおう 愛しい人よ」以下のフレーズ、いいなあ。実は、復活を願い、祈っているのですね。、
2.さよなら傷だらけの日々よ
B'z『さよなら傷だらけの日々よ』の感想をごらんください。
3.ひとしずくのアナタ
 重低音のベースですかね、その効果がとても渋い曲です。
4.Homebound
5.Don't Wanna Lie
 4,5は、B'z『Don'T Wanna Lie』の感想をごらんください。
6.DAREKA
 力強いけど、渇望の曲ともいえるかも。ラストの「誰かーっ!」という、稲葉さんのシャウトが印象的です。
7.ボス
 歌詞に、「暴れたい」「情けない」「帰りたい」などあって、悶々とする感じです。ポジティブな歌が多いB'zにしては、珍しいかな。
8.Too Young
 あっさり風味のようですが、「青春なんて 後で思い出すもの/まっただ中にいりゃ 痛い つらい」のフレーズを聞き、私は「青春時代」という歌を思い出しました。
9.ピルグリム
 ピルグリムって何? と思い、調べてみたら、ピルグリムは「pilgrim」(英語)、巡礼者や放浪者という意味だそうです。アニメ『名探偵コナン』のエンディングに流れていたそうです(診なかったけど)。リフレイン部、「めぐりめぐってまた 君と出会った」が、「君と別れた」になり、最後でまた「出会った」に変わります。シンプルに思えば再会がテーマかもしれませんが、深読みすれば、これも復活への願いをこめているように思えます。切ない曲です。
10.ザ・マイスター
 自分で自分を、叱咤激励しているかのよう。中盤がハードでお気に入り。
11.デッドエンド
 落ちこんでいる人に対する、エールみたい。でも、ラストは、ポジティブにまとめました。さすが、B'z。
12.命名
 赤ちゃんや命が誕生する際の歌のようです。あるいは、大河ドラマのオープニングやテーマソングみたい。壮大な響きを持っています。
13.ultra soul 2011
 世界水泳上海のテーマソングですが、ライブの定番曲ですね。今まで、あいまいだった後半、「希望と失望に遊ばれて・・・・」が、はっきり聞こえます。シャウトも以前と比べても変わりません。何度聞いても、血が騒ぎます。

 明後日は、大阪ドームへB'zのライブ! ワタシ的に盛り上がってきましたよ。それでは。 

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想 | トップページ | 今日の予定と、今後のこと »

B'z」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/53500351

この記事へのトラックバック一覧です: B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想:

« 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想 | トップページ | 今日の予定と、今後のこと »