« 『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸)の感想 | トップページ | 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想(前フリ) »

2011年12月 9日 (金)

『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『霊能者・寺尾玲子の真 闇の検証』第6回、仏教について争った、蘇我氏VS物部氏、それぞれゆかりの地を玲子さんが霊視しました。古代は謎だらけですから、こういう企画はありがたい。古代史ファンと奈良県民なら、見逃せない内容です。しかも、この『闇の検証』が新装改訂版になって、発売されるそうですよ。わーい(精神的小躍り)! しかも、12/20は、戦国&幕末時代編だそうで、私は購入します! 楽しみ~。

『伊藤三巳華のスピ☆散歩』、成田山新勝寺参拝のお話で、寺尾玲子さんがゲストという豪華メンバー。そして、伊藤さんは玲子さんにいろいろアドバイスされていました。視える・感じるということは、やはり、日頃からきたえなくてはならないのでしょうか? 玲子さん、ちょっといたずら好きで、いい人ですね。
『影御前Ⅷ ちゃいろのゆび』(小林薫)、植物が枯れてしまう体質の方って、そう悩む必要はないかも? 私みたいに、不注意で枯れさせるヤツは別として。霊感アシスタントの桐生仁美さんの優しさが胸にしみます。
『硝子心眼シリーズ 御犬御縁』(月嶋つぐ美&上杉かや)、怖いというより、上杉家の飼い犬達との不思議なご縁のお話。ちょっと、うらやましいです。
『真夜中の攻防』(語り:高城れに 画:猪川朱美)、何と、ももいろクローバーZの高城れにちゃんは、霊感体質だそうで! そういう人ならではの苦労があるのですね。れにちゃんのカラーは紫ですが、オーラの一部も紫。もしかして、好きな色=オーラの色? そんな氷室奈美さんのオーラ鑑定、対談、れにちゃんの写真も楽しめます。
『オカルト万華鏡』(流水りんこ)、チャクラの存在と意味、弱いチャクラのエネルギーを補給する方法など、ものすごくおもしろい! やってみたくなります! 男性と女性の、生命力受け入れ方法の違いも、なかなか興味深く(女性の恋愛運アップ方法が載っています)、実用的なお話です。
『密教僧 秋月慈童の秘儀 霊験修法曼荼羅』《幼少編》第一回(永久保貴一)、リアルなヘビが描かれていますので、ご注意ください。これは怖い! 怪異ではなく、霊格の高い動物を殺すと、恐ろしいことになります。なので、ヘビが嫌いだからって、殺してはいけません。でも、やっぱり、人なれしている狐やヘビはかわいいなあ。『御犬御縁』とともに読むと、動物がいっそう愛しくなります。今回は、読みごたえがありました。今年最後の1冊ですが、来年も期待できそうです。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸)の感想 | トップページ | 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想(前フリ) »

HONKOWA」カテゴリの記事

コメント

え?今更、コメントですか??と突っ込まれそうですが。すみません。(何年前のhonkowaなんだ・・・。)

あえて、2012年1月号のhonkowaのコメントをさせてください。やっぱり、地元の成田山新勝寺が載っていたのが、嬉しかったですね。玲子さんが豪華ゲストで参加していらして、いつもとは雰囲気の違うスピ散歩で、なかなか面白かったです。

流水先生はチャクラ。チャクラってよく聞くけど、漫画にしたら分かりやすい!実用的な図や方法が載っていて、なるほどーと思いました。実践してみるのも良いかもと。

この号は植物、動物などのほんわかした(霊的なものも含んでましたけど)ものから、芸能人や読者の怖い話まで、均衡が取れていたと思います。ももクロのれにちゃんファンなら、見逃せないですよね。今でも、honkowa1月号で検索すると、ももクロと出てきたりします。

慈童さんのお話は、日本の昔話みたいだけど、その実不思議というか怖いというか。今でも、こんなことってあるんだ・・・と。狐や蛇を下手に殺すと、自分が死ぬという。気をつけなければなりませんね。そもそも動物を訳もなく殺す方が悪いんですけどね。

あ、あと、加門先生のお話もなかなか面白かったかな。学校はよく出るみたいですね。でも、あの、頭蓋骨にしか見えない写真の滝の水しぶきには、げっ!と思ってしまいました。加門先生の話って他の方にはない種類の話が読めて、わたし的にはおっ!と思ったりするんですけどね。

投稿: ビョーク | 2013年3月13日 (水) 14時20分

ビョーク様、コメント、ありがとうございます。
そして、遅い返信で申しわけありません。

いやいや、そう恐縮されずとも、おもしろいと思われたのなら、どんどん感想を述べていいと思います。
私はサボリがちなのですが、この調子なら、HONKOWA系単行本もかなり読まれていますね。
またいい情報がありましたら、教えてください。
(そして、私は読書スピードも遅いのですが・・・・)

成田山が地元ですか、いいですね。
私ももっと、パワースポットめぐりをしてみたいです。
ずっと、大阪とコミケ関連の東京都内ばかりですので。
それでは、また。

投稿: 紅林真緒 | 2013年4月 4日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/53444368

この記事へのトラックバック一覧です: 『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想:

« 『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸)の感想 | トップページ | 『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想(前フリ) »