« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月に作成された記事

2011年12月31日 (土)

『月刊ヤングチャンピオン烈』2012年№1の感想

『月刊ヤングチャンピオン烈』2012年№1(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。今回は、カウントダウン参加ゆえ、簡単にいきます。
『いいなり彼女』(片桐兼春)、他に2つの読み切り作品がありましたが、私はこちらが一番! 絵がかわいいから。ヒロインの天然さよりも、彼女の困っていたり、恥ずかしがっていたりするる表情の方が、エロいと思います。ところで、烈の漫画は、トータル的に、お尻より乳寄りなのかな? がんばれ、お尻派! 私もそのうちの一人だ!

続きを読む "『月刊ヤングチャンピオン烈』2012年№1の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

神田駅北口そばの

神田駅北口そばの
スターバックスコーヒーです。写真は、アールグレーロールとドリップコーヒーです。
味は言うまでもなくオススメですが、このお店、二階が静かで居心地いいです。お一人様が多くて、皆さん、ゆっくりしていらっしゃいます。マンキやネカフェが苦手な方にも最適ではないかと、思います。

ちなみに、今回は、あこがれていた、ゆりかもめ新橋店のスタバにも入りましたよ。抹茶ラテをいただきました。人の出入りは激しいですが、意外と穏やかな雰囲気で休憩にぴったりです。スタバといっても、お店ごとに個性がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田 竹むらのあわぜんざい

神田 竹むらのあわぜんざい
神田の老舗、まつや、やぶそばは、本日、すごい混雑です。私も、竹むらにギリギリで入れました。
このあわぜんざい、甘党には、たまりません! こし餡の、繊細な口当たりと甘さ、加えて、あわの香ばしい粒々感とほの甘さが相まって、口の中で熱々にとろけます!
揚げまんじゅうも、おいしそうでしたが、今回は残念ながら断念。
古い一軒家のような、心落ち着く空間で、甘味を堪能できて、幸せでした。(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日はありがとうございました!

お礼が遅れてすみません。昨日の冬コミでは、どうもありがとうございました!
さあ、今日は一般参加。ゆっくり、のんびり楽しませていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

東京晩ご飯は神保町のカレー!

東京晩ご飯は神保町のカレー!
スマトラカレー共栄堂のチキンカレー1100円です。
なかなかのボリューム!
ラッキョウがおいしい。
なぜか、スープ付き。  読書人たるもの、本を片手にカレーを食べるのが至福ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた食べた、天玉そば(;^_^A

会場では妙に緊張して食欲ゼロでしたが、新橋駅の近くの箱根そばで、天玉そばをいただきましたよ。おいしーい!(^-^)
写メするのも忘れるほどでした。
本当に、東京の立ち食いそば屋さんは、レベルが高いですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灼熱への招待!

ここじゃすべてがライブ〜♪と、B´zの歌を口ずさみつつ、終わりました。
本はいっぱい買えましたし、手持ちの本もたっぷりと読めましたね。自分トコの本の売り上げですか? 小さなことは気にしない、大きなことは、わからない、ですよ。
それでは、一人打ち上げをいたしますから、迷惑コメントとスパムコメントは、おやめください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東1ホール、G-22b にて生息中!

棲息中というか、逼迫中というべきか。(;^_^A
とにかく、今、設営終了。ホテルが朝食を早く出してくれたおかげで、今までになく早く到着、素早く、無事に準備できました。
こんなにスムーズにいくのなら、スペース内で朝ご飯もアリでしょうね。やはり、時間的にも気持ち的にも、余裕は大切ですよ。失敗やウッカリも、減らせる・・・・ハズ(ライターの命、手帳を忘れたくせに←自主ツッコミ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅林、昨日の動向(;^_^A

行動をどうこうしようというわけではありませんが、ご報告いたします。
昨日は三時間ほどしか寝ていない頭で、よれよれになりながら新幹線に乗車、帝国に出発。そこで、手帳とボールペンを忘れてきたことに気付きました。
案の定、宿泊先探しに悪戦苦闘! それでも、御徒町のみつばち様で食べた、クリームみつ豆とハニー焼二個は、疲れた細胞にしみこみ、やさしく癒してくれました。お運びのお嬢さんの笑顔もグッド!
そして、小諸そばで、卵入りかき揚げそばを食べてフィニッシュ。都内の立ち食いそば屋様は、老舗よりもおいしい! おかげで、ぐっすり眠れたというわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

冬コミ参加情報

 コミックマーケット81、29日(木)に、「劇団クライシス」として参加いたします。
 スペースは東1ホール、G-22b、ジャンルはKOFですが、新刊は餓狼MOWです。
 タイトルは、『風をつかまえて №3 -続ハード&ルーズ-』と申します。
 サイズはA5、52ページの小説本で、予定価格は200円です。
 内容としては、身体的激痛はほとんどありませんが、精神的激痛の含有量が多いので、残念ながら、高校生以下の方はご購入できません。
 12月28日から30日まで不在ですが、リアルタイム進行状況や東京グルメは、アップするかもしれません。その場合は、よろしくお願いいたします。
 また、来年以降の活動の詳細については、今日明日中にでも、まっとう屋どんべい商店にて、お知らせいたします。
 ↓ ↓ ↓
http://homepage3.nifty.com/m-donbei/

 ライターのお仕事に年賀状書きと、読書もできない忙しさゆえ、このような形のお知らせ投稿になってしまい、すみませぬ。どうぞ、よろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

B'zLIVE -GYM2011-C'mon-(京セラ大阪ドーム)の感想

 本日、17時10分頃に京セラ大阪ドームで開演された、B'zLIVE-GYM2011-C'mon-の感想を申します。例によってネタバレが含まれている上、私が物覚えが悪く、必ずCDを購入しているわけではない、とんでもファンなので、間違った情報である場合があります。悪気ではないので、どうかご容赦ください。そして、後ほど、こそっと教えていただけたら、ありがたいです。

 私が席に着いたのは、16時20分頃。いつも20~30分前到着なので、ずいぶん早い気がしました。開演を待っている間は、知らないミュージシャンの曲が流れているものですが、今回は「提供 B'z LIVE-GYM」で、「マイクとクリスの特別番組」が流れていました。要するに、今年のB'zの活動をコミカルにつづったり、アルバム『C'mon』の宣伝をしたり、という冗談番組ですけれども、なかなかうけました。特に、CMは、「かもんいくもん」「バカモン!」「人形の秀月では、お買い上げの人形に、もれなくC'monを入れます」「このC'monが目に入らないか/びーず かもん 絶賛発売中!」と、シャレていました。いつもは待ち時間が退屈ですが、お勧めですよ。これからLIVE-GYMに行かれる方、早めの到着をお勧めします。

続きを読む "B'zLIVE -GYM2011-C'mon-(京セラ大阪ドーム)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の予定と、今後のこと

 今日の17時、京セラ大阪ドームにて開演される、『B'z LIVE-GYM2011-C'mon-』に行ってまいります。帰宅後、時間と心と体力の余裕があれば、感想をアップしますが、できないかもしれません。その場合は、明日に延期いたします。どうぞ、ご了承ください。
 それから、めでたく明日から介護職に復帰いたします。早朝からの体力仕事ですので、ただでさえトロい更新がいっそうトロくなる可能性が大ですけれども、シンプルイズベストにして、笑える読書感想を目指し、続けていきたいと思います。
 そういうわけで、B'zではじけるのは当然ながら、明日のために、夜更かしは自制しなくてはいけないため、感想が遅れるかもしれない、というわけです。それも、ま、いっかぁ。辛いこと、苦しいことを無理にやるのは、私のキャラクターに反しますからね。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想

 B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。

 収録曲は13曲。今回は、少し簡単にいきます。
 初回特典は、「C'mon」「さよなら傷だらけの日々よ」「Don't Wanna Lie」の3曲が収録された、ミュージックビデオでした。「C'mon」は初めて見ましたが、残り二つは以前のシングルDVDの特典と、同じものかも。でも、画像がきれいですから、私は大喜びです。「C'mon」では、林と草原のある、緑一杯の環境で、松本さんがギターを弾き、稲葉さんが歌っています。大規模な仕掛けはありませんが、たぶん、松本さんは日本一サングラスが似合う男性ではないでしょうか。稲葉さん、何度も申しますが、渋い、クール、かっこいい、いい男! はぁーっ(ため息)。

続きを読む "B'zアルバム『C'mon』(初回限定盤)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想

漫画『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太・少年画報社)の前フリ感想を申します。ネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

 1巻のあらすじとしては、関ヶ原の戦いの終盤で、西軍の武将、島津豊久(たぶん主人公)は、重傷を負ってさまよっていたところ、いつ、どのようにしてなのか、奇妙な場所に迷いこみます。ひどく長い廊下と、その両脇にずらりと並んだ、それぞれに作りが異なる無数のドア。そして、廊下の中央には眼鏡をかけて、現代の洋服姿の男が、煙草を吸いながら、事務作業中(もっとも、現代の私達視点なので、豊久には、異星人のように見えたでしょう)。 「次」という、男の事務的な声とともに、あるドアが開かれ、豊久は吸いこまれて? しまいます。

続きを読む "『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想(前フリ)

 漫画『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太・少年画報社)の前フリ感想を申します。

 新旧「新選組」対決か?
(といっても、私は新選組はよく知りませぬ)
 この画像は、廃棄物(エンズ)側の「土方」。
 

土方

 活躍は少なめで、台詞はない?
(2巻ラストの台詞が彼かもしれませんが、確定していません)
 それでも、たたずんでいるだけなのに、強烈な存在感はお見事です。

続きを読む "『ドリフターズ』1、2巻(平野耕太)の感想(前フリ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『霊能者・寺尾玲子の真 闇の検証』第6回、仏教について争った、蘇我氏VS物部氏、それぞれゆかりの地を玲子さんが霊視しました。古代は謎だらけですから、こういう企画はありがたい。古代史ファンと奈良県民なら、見逃せない内容です。しかも、この『闇の検証』が新装改訂版になって、発売されるそうですよ。わーい(精神的小躍り)! しかも、12/20は、戦国&幕末時代編だそうで、私は購入します! 楽しみ~。

続きを読む "『HONKOWA』2012年1月号(朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸)の感想

 漫画『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 2巻は、CHAPTER.7~12までの6編が掲載されています。各CHAPTERのあらすじや内容は、このブログの左サイドバー、漫画雑誌の項目から、「プレイコミック」を探してもらった方がいいかも・・・・では、感想になりませんね。真面目にいきます!

続きを読む "『報道ギャングABSURD(アブサード)!』2巻(米原秀幸)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

『プレイコミック』2012年1月号(秋田書店)の感想

『プレイコミック』2012年1月号(秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 昨夜、投稿内容を保存しようとしたら、PCがフリーズして、画面も私の頭の中も、もろともに真っ白になった内容です(マックの怒りゆえでしょうか)。
 別冊付録は、『奥様ランチ』2編(大地翔)と、星美りかちゃんのヌードグラビア。一見、普通っぽい絵ですが、ポーズや雰囲気がエッチな、後味のよい漫画です。星美りかちゃんの、強気そうな顔立ちに、セクシーなポーズとあいまって、お得ですよ。

続きを読む "『プレイコミック』2012年1月号(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

『ヤングアニマル嵐』2012年№1(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2012年№1(白泉社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今年最後のヤングアニマル嵐です。中味はそれにふさわしく、なかなか充実していましたよ。
『ふたりエッチ』SPECIAL PART(克・亜樹)、中味は、相変わらず、一生いちゃついてろ! と砂糖を吐きたくなるような、主人公達のラブい行為ですが、ラストページで、「今年もよろしく」「あけましておめでとうございます!!」とあるのを見て、年末だなあと、私は感じ入りましたよ。12月って、あっという間に終わるから、用心しなければ(自分に言い聞かせています)。

続きを読む "『ヤングアニマル嵐』2012年№1(白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

『鉄腕バーディーEVOLUTION』9巻(ゆうきまさみ)の感想(加筆修正版)

 漫画『鉄腕バーディーEVOLUTION』9巻(ゆうきまさみ・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 9巻は、ネーチュラー・ゲーゼの褐色の巨乳が目印です(笑)。レビもろとも、日本がメース司教の宇宙船から攻撃されて、崩壊する危機は何とか脱出しましたが、ネーチュラーの脱出はなかなかうまくいかず・・・・彼女の過去編とからめたお話になっています。

続きを読む "『鉄腕バーディーEVOLUTION』9巻(ゆうきまさみ)の感想(加筆修正版)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

『みつどもえ』3、4巻(桜井のりお)の感想

 漫画『みつどもえ』3、4巻(桜井のりお・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 3,4巻となって、ずいぶん絵が安定して、かわいくなってきました。そして、いかにも萌えに走りそうなのに、正統派ギャグで、エロをリスペクトしながらも、エッチシーンはなし! という基本路線と、かわいい絵柄で超パワー、そして心地いいノリは、いっそう加速してきたと思います。特に、私は三女のひとはの美少女ぶりが際立っているように感じられました。

続きを読む "『みつどもえ』3、4巻(桜井のりお)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

『Good Morning ティーチャー』1巻(重野なおき)の感想

 四コマ漫画『Good Morning ティーチャー』1巻(重野なおき・竹書房)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 タイトルの『Good Morning ティーチャー』とは、主人公である、自称「愛と炎の社会科教師」、東進太郎のこと。初めて、柏葉高校2年A組の担任となり、はりきっていますが、彼の特徴は、学校が大好きで、夜明けのうちから登校してスタンバっている、用務員さん顔負けの早起き好きであることです。現役教師のダンナからすると、「変態やな」と、断言しておりましたが(苦笑)。

続きを読む "『Good Morning ティーチャー』1巻(重野なおき)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »