« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月に作成された記事

2012年2月19日 (日)

『進撃の巨人』6巻(諫山創・講談社)の感想

 漫画『進撃の巨人』6巻(諫山創・講談社)の感想を申します。いくらかのネタバレに加え、またもや本作および作者様に対して、やや批判的なことを書いていますから、ファンの方はくれぐれもご注意ください。

 6巻のあらすじは、女型巨人は身体能力が高いだけでなく、エレンと同様、巨人化した人間であると、アルミンは看破します。しかも、彼女(?)は簡単に絶命させられるはずだったアルミンを、フードをはずして顔を確認しただけで、それ以上の手出しをしません。それでも、女型は、急所であるうなじをガードし、格闘技のような動きで調査兵団を惨殺していき、エレンにせまりますが、リヴァイ兵士長とエルヴィン・スミス団長の策によって、巨大樹の森にて捕縛されます。これで、女型巨人の正体は暴かれるのでしょうか。

続きを読む "『進撃の巨人』6巻(諫山創・講談社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

『激マン!』5巻(永井豪&ダイナミックプロ)の感想

 漫画『激マン!』5巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想を申します。本作以外にも、『デビルマン』のネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 5巻も「デビルマンの章」続行。表紙自体、不動明と飛鳥了が激しく対立している雰囲気濃厚で、漫画家ながい激の物語というよりも、新装『デビルマン』みたい。いや、実際にそうなのですけどね。『激マン!』は、現在休載中でしたっけ。惜しいなあ。

 

続きを読む "『激マン!』5巻(永井豪&ダイナミックプロ)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

『HONKOWA 2012年2月号 霊障ファイル・我が家の心霊事件簿特集』の感想

 コンビニ専用本、『HONKOWA 2012年2月号 霊障ファイル・我が家の心霊事件簿特集』の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 12月発売だったと思いますが、タイムリーと言いましょうか、最近、身内を亡くしましたので、なかなか心にしみるお話が多いです。

続きを読む "『HONKOWA 2012年2月号 霊障ファイル・我が家の心霊事件簿特集』の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »