« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十一話の感想 | トップページ | 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十三話の感想(修正版) »

2012年3月25日 (日)

2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十二話の感想

 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十二話の感想を申します。あらすじ、出演者に関しては、公式サイトをごらんになってください。
  ↓ ↓ ↓
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/index.html

 さて、第十二話はインターバル回でしたね。でも、どうして、清盛サイドというか、平家側になると、ワタシ的に盛り下がるのでしょうか? みんな仲良し、平和な平家、だからですかねえ? 私は立ち居振る舞いや言葉だけは丁重ながらも、やることなすこと、えげつなくて容赦ない、朝廷および藤原サイドの方が好み。まあ、漫画や同人誌等の創作物からして、(言葉だけが上品な)丁重責めが好きという体質だからですが(わからない方は、スルーしてください)
 そして、清盛が明子急死にとらわれているうち、ついに、頭角を現してきたぞ、源氏! 今のところ、源義朝は、清盛と敵対というよりも、同じ武士としてのライバルという関係。清盛が踏ん切りをつけて、時子との結婚を決意したのも、義朝の存在あってのものでしょうか? さらに、義朝に清盛、どちらも最低の求婚ですな! 義朝「嫡男を生んでくれ」とは、要するに、「一発やらせろ」だし、清盛「子どもがなついているし、周囲が再婚とうるさいから、そなたがよい」って、そりゃあ、源氏物語を愛読する、ロマンチストの時子もキレますわな。それでも、時子は清盛との間に、たくさんの子どもを生んだのですから、夫婦になってからの絆も描かれるのでしょうね。
 ところで、源氏は私の想像どおり、上昇志向の強い、野心家が多そう。武士を取り立ててもらえるなら、どのような立場、考え方の貴族でも味方するつもりなのでしょうね。源平の衝突は必至のようです。今回、待賢門院が亡くなり、鳥羽上皇は号泣しますが、権力争いの渦中にあって、傷つかない人というのはいないのかもしれません。それが歴史のおもしろいところであり、怖いところ? それでは。

|

« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十一話の感想 | トップページ | 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十三話の感想(修正版) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 毎度今晩は。
「きっと、朝廷の描写のほうを楽しんで見てらっしゃるだろうな」とは
思ってましたが、やはり(笑)
 平家もこの先しばらく一門の中で騒動が起き、
よく見ると後々の伏線もあるようですが、
この頃は言っても「やっと昇殿はできたが、公卿ではない」立場であり、
『権力の中枢』にいる天皇家や摂関家のそれに比べれば
ずっと穏やかな波乱?ですからね。
 源氏は、確かに個々の上昇志向が強い…と言えばそうかもですが、
この頃に中央では干されてた一因には
源義家以後の一門の内紛が酷すぎたのもあるし
「後の時代に平家を滅ぼして幕府を開いても
直系将軍は3代で終わるし(しかも、叔父を甥が暗殺する形で!)」
『ドラマとして傍目には面白い』のは当事者には悲劇ってことでしょうか…。

投稿: 天里友香 | 2012年3月26日 (月) 20時39分

いらっしゃいませ。ご訪問、ありがとうございます。
・・・・って、お礼を言っている場合ではありませんね。メールにまだ返信していないし、コメントはこのとおり遅いし、ごめんなさい! 右手が不調&私的にいろいろ、もめていたのですよ。

そして、コメント内容がすごく適格にして詳細なので、どうお答えすべきかと、ない知恵をしぼっていたのですが。
要するに、「日本史はオモシロイ!」ということですね。
「今さら何だよ」と、苦情アリアリな発見ですが、平家、源氏、摂関家、朝廷と、教科書で習う内容、一般常識のみの知識では覆いつくせないほどに、複雑であること。
昔とはいっても、現代の私達も共感できるほど、生き生きとした人間が描かれている、ということでしょうか。

今のアレが一区切りついたら、ぜひ、お勧めの歴史資料を教えてください。お願いします。

投稿: 紅林真緒 | 2012年3月26日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/54309423

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十二話の感想:

« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十一話の感想 | トップページ | 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十三話の感想(修正版) »