« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十九話の感想 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア名作選『“悪の華”は平安京の夜に開く~キケンな貴公子、藤原頼長~』の感想 »

2012年5月22日 (火)

2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第二十回の感想

2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第二十回の感想を申します。あらすじ、出演者に関しては、公式サイトをごらんになってください。
  ↓ ↓ ↓
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/index.html

 はい、まず、最大のツッコミどころを申しましょう。源為朝が八男で、義朝は長男と、二人は兄弟関係なのですよね? とすると、為朝は豪腕無双であるのはともかく、チャラいくらいに若そうであっていいはず。なのに、パッと見、為朝の方が年上に見えます。うーん、弓の名手である以外に、為朝に何か取り柄というか、見せ場はつくってあるのでしょうか。私の予想どおりだったら、残念ですね。
 平家は甥の清盛に、叔父の忠正が離反、衝突、という構図になりましたが、源氏は長男の義朝VS父の為義&四男から九男という、父子と兄弟の深刻な争いです。これはもう、痛ましい。どちらが勝っても(結果は知っていますが)、恨み憎しみを残してしまいます。やはり、同族間、親子兄弟は仲よくすべきであって、競わせてはいけないのかも。
 常盤と子供を、穏やかに、優しく迎える由良が怖いです。そんな母から、目が離せない鬼武者(後の頼朝)。頼朝の苛烈で猜疑心の強い性格は、こんな周囲の嫉妬や憎しみのせめぎ合いによって、できあがったのでしょうか。今回は源氏の骨肉の争いの恐ろしさが、全面に出ていたようです。うーん、誰を応援すべきでしょう? 一人くらい、性格のいい人が源氏にいないのでしょうかね。もちろん、これでおもしろいですが、現実にこんな一族や一家がいたら、私は逃げますね。それでは。

|

« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十九話の感想 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア名作選『“悪の華”は平安京の夜に開く~キケンな貴公子、藤原頼長~』の感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 毎度、こんにちは!
 為朝ですが、本当は『ドラマではまだ子役な清盛の子供達』と同じ年頃なんですよね(笑)
(長男重盛の1つ下、次男基盛と同い年)
 しかし、彼は『日本の武士の個人部門史上最強クラス』の伝説的人物で
保元の乱の前に『九州統一』をなしとげてる(!!)、
人口などの条件はかなり違えど、その意味では
「某漫画の『妖怪首置いてけ』より凄い
(もしあの世界に登場したら、
与一や義経すらも名前を聞くだけで緊張するだろう)」キャラなので、
実年齢に合わせた若いキャストだと
かえって「イメージが違う!!」と苦情がでるのではと。
(『保元物語』だと、ただの脳筋じゃない描写もあるんですが、
今回のドラマだと削られるかもというのはあり得ます…)
 由良と常磐の場面は
『棟梁の妻(正室)』と『愛されているけど、妾』の差がでていた
『静かな、女の戦い』でしたね。
 しかも、平家の時子もやはり避難先で
「女主人を清盛の妾と間違えて嫌味を言う」「『源氏物語』を持ち込む」
なんともトホホなことになってて
「同い年の三男な由良の子供の頼朝と時子の子供の宗盛、既に差がついていそう」なのが…。
 源氏の鎌田父子の「(お互いに)厄介な殿を見捨てられぬ」別れなど、
源氏はドラマとしては濃いし切ないし見ていて面白いけど
『そこに生まれてきたいか』と問われると
「無理!!」って言いたくなりますね(苦笑)

投稿: 天里友香 | 2012年5月22日 (火) 12時57分

 追記。
 そう言えば、義経が『九郎』と名乗ってることについては
「本当は八男だけど、源氏の『八郎』と言えば為朝だから
遠慮して『九郎』にした」なる説があるそうです。
(野球の背番号の永久欠番みたいな扱い?!)
 あと、屋島の戦いでの『弓流し』でも
「自分の弓が為朝のような強い弓だったなら、
流したままにしてもよかったが」と語ってるので
義経は武人としての為朝にかなりの敬意を持っていた様子。
 …手の具合がお悪いなら返信は勿論急ぎませんので、
どうかお大事になさって下さい。
(って、まず最初にそれを言え!!)

投稿: 天里友香 | 2012年5月22日 (火) 21時55分

コメント2通、ありがとうございました。
お言葉に甘えさせていただき、返答が遅れてすみません。
右手の具合は、一昨日昨日はひどかったですが、まあ、今は落ち着いております。
それにしても、いつ完治するのでしょう?
手術は避けたいところですが。

源為朝に関するくわしい情報、ありがとうございます。
強いし、非常にリスペクトされていたのも、わかりました。
が、ひね紅林としては。
「ここまで超人的な人物ならば、かえって役柄が難しいでしょう。演出が過剰だと、『そんなの、あるわけない!』と、視聴者としては冷めてしまうし、逆に抑制しすぎると、『地味だ~』と、呆れ果てて引いてしまうかも。
だから、為朝はジャニーズ系のイケメンではなく、ベテラン+個性的+演技巧者、でもクールビューティーだぞ! の橋本さとしさんが最適なのでしょうね。
そういうわけで、第二十一回は不安半分、楽しみ半分という気分で視聴すると思います。

投稿: 紅林真緒 | 2012年5月26日 (土) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/54769507

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第二十回の感想:

« 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』第十九話の感想 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア名作選『“悪の華”は平安京の夜に開く~キケンな貴公子、藤原頼長~』の感想 »