« 『仮面の忍者赤影Remains』1巻(原作:横山光輝 漫画:神崎将臣 秋田書店)の感想 | トップページ | 母の日、同人誌即売会に参加いたします! »

2013年4月27日 (土)

『信長の忍び』6巻(重野なおき・白泉社)の感想

 漫画『信長の忍び』6巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 6巻は表紙こそ、のんびりしていますが、今まで発行された中で、もっともハードかつシビアな展開が待っていました。何よりも、織田家の重臣、準レギュラーキャラクターといってもいい、攻めの三左こと森可成が、悲惨な討ち死にを遂げたからです。戦国四コマとはいえ、ギャグメインで、ゆるい感じもあるのに、森が信長に対する信頼と、未来の栄光を叫ぶ場面(100 受け継ぐ者たち)では、私さえも、うるっとしてしまいました。

 簡単なあらすじを申しますと、本願寺顕如の攻撃により、織田軍は6つの負の連鎖に見舞われます。具体的には。

①三好三人衆侵攻→本願寺挙兵

②雑賀衆 本願寺軍に全面協力(鉄砲攻撃のプロたる傭兵集団、雑賀孫市、岡吉正が織田軍を襲撃するわけです)

③浅井・朝倉軍 京へ侵攻(これを防ぎ足止めさせようとして、森可成が討ち死にします)

④比叡山延暦寺の敵対

⑤一向宗門徒の力を借り 六角承禎挙兵(一番大したことなかったけど)

⑥長島願証寺挙兵

 こうやって箇条書きにすると、「うわっ、ややこしい」という感じなのですが、実にわかりやすく描かれています。お見事! この負の連鎖で、森の他にも重臣、信長の弟達が相次いで命を落としてしまい、織田軍および信長は玉砕覚悟の攻撃しか、選択肢がないと思われます。が、信長は将軍のつてを利用して、思いがけない一手を打って出たのでした。そして、ひどいダメージを負いながらも、織田軍は岐阜へ帰還。信長に命じられて、千鳥は近江で戦う、木下秀吉軍の元へ。浅井家の重臣、磯野員昌は降伏させたものの、浅井軍は一向宗門徒の力を借りて10,000の大軍で攻め立ててきます。一方、横山城にある秀吉軍は竹中半兵衛、丹羽長秀、千鳥がいるとはいえ、わずか2,000。さあ、この圧倒的不利を挽回し、織田軍は起死回生ができるのでしょうか?
 相変わらず、ものすごくいいところで終わっています。スルーしましたが、顕如と如春のラブラブぶり、岡吉正の鉄砲偏愛(96 必勝仕事人)、共闘しながらも好対照な浅井長政と朝倉義景など、笑いのツボまみれです。本当に、寝る前に読まない方がいいですよ。さらに、通勤等の移動中に読むのもありですが、吹き出してしまわないように、注意してくださいね。
 でも、私としては、やはり、森可成の戦いと討ち死にがもっとも印象に残りました。千鳥とのやり取り、個性的すぎる森家の面々(凶暴な長可に、利発でかわいい蘭丸)など、笑いどころを押さえながらも、可成の、パワフルで壮絶な最期を描ききった作者様の力量には脱帽です。
 それから、5巻で正体不明だった謎の人物の、性別は判明しました。ナイスバディの美女だそうで、如春ではありません(105 負けるが勝ち)。モノローグからして、彼女の主人は、有名なあの軍師ではないかと、私は思います。
 日本史オンチな私でも、信長の悪名高い所業については知っております。だから、大嫌いだったのですが、この6巻でそうせずにはいられなかった理由がわかりました。この漫画のように、日本史がわかりやすく表現されていれば、勉強もおもしろいでしょう。小学生の子供達にもお勧めです。次も買いますとも! それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『仮面の忍者赤影Remains』1巻(原作:横山光輝 漫画:神崎将臣 秋田書店)の感想 | トップページ | 母の日、同人誌即売会に参加いたします! »

四コマ漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/57254137

この記事へのトラックバック一覧です: 『信長の忍び』6巻(重野なおき・白泉社)の感想:

« 『仮面の忍者赤影Remains』1巻(原作:横山光輝 漫画:神崎将臣 秋田書店)の感想 | トップページ | 母の日、同人誌即売会に参加いたします! »