« 『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想 | トップページ | 『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想 »

2013年6月 8日 (土)

『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想

 コンビニ専用本『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『闇の触手』『葬られた霊域』(山本まゆり)、すぐれた霊能者の寺尾玲子さんも、このような場所は難しいということですね。ところで、霊的に住んではいけない情報とか、どなたか教えていただけないでしょうか。一番悪いのは、それを利用しようとした、当時の人間のエゴでしょうけど。

『住んではいけない・・・・』『住んではいけない・・・・その後』(小林薫)、影御前シリーズの2本立てです。風水的に悪い条件が述べられていますから、なかなか参考になりますね。私、作中の心霊現象も怖いと思いますが、マイナスポイントをズバズバ挙げる風水も、ある意味、戦慄ものではないでしょうか。悪用されたら、たまりませんよ。きっと、運気好転パワーもすさまじいのでしょうけど。
『見えない同居人』(岩本麗子)、引っ越したら、困った霊障(?)続出、ぽかったのに、あっさりと解決してしまいましたね。うらやましい能力です。ラストページのお言葉が、心にしみますわ。
『部屋にいる』(三原千恵利)、三原千恵利さんは、「私は怖いののプロじゃなくて 怖がりのプロなの」だそうです。とにかく、怖いネタに不自由されていないようで、素直に、アレ怖い、コレいや、という感覚がダイレクトに出ているから、作品は皆、おもしろ怖いのでしょうね。類は友を呼ぶのか、友人知人の方も、怖い出来事に遭遇する確率が高いみたい。これからも、ぜひぜひ、HONKOWAで描き続けてください。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想 | トップページ | 『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想 »

HONKOWA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/57551843

この記事へのトラックバック一覧です: 『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想:

« 『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想 | トップページ | 『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想 »