« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月に作成された記事

2013年6月17日 (月)

『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想・追加

『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想の追加を申します。

 先に、私は批判しておりましたよね。確かに、『激マン!』中の『デビルマン』はいただけないのですが、原作? 漫画? の『デビルマン』は、凄絶な作品ですね。
 最近、ダークファンタジー系の漫画がヒットを飛ばしていますけれども、その先駆は、『鋼の錬金術師』にあらず、『進撃の巨人』や『ベルセルク』でもなく。最高の名作は、『デビルマン』に違いありません。

続きを読む "『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想・追加"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想

 漫画『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想を申します。相変わらずのネタバレに加えて、作者様をやや批判的に述べる箇所がありますので、ご注意ください。作者様とこの作品を尊敬していらっしゃる方は、あまり読まれぬ方がよいかと思います。

続きを読む "『激マン!』6巻(永井豪&ダイナミックプロ・日本文芸社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

『空が灰色だから』2巻(阿部共実・秋田書店)の感想・訂正

 昨夜はあまりに眠たくて、更新をお休みしてしまいました。ごめんなさい。
 さて、『空が灰色だから』2巻(阿部共実・秋田書店)の感想・訂正です。
 表紙の少女は、第20話の鬼ケ原樹里子だろうと予測しましたが、第15話「ネガティブ・スリーパー」の9時間睡眠派女子中学生、璃湖奈だったようです。
 顔と髪を束ねている、猫耳みたいなリボンは二人とも似ているのですが、前髪と制服が違っていました! 注意不足で、すみませぬ。
 ちなみに、私は仕事日4時間睡眠、休日10時間睡眠の、どちらかというとよく寝ている、腐女子です。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

『空が灰色だから』2巻(阿部共実・秋田書店)の感想

 漫画『空が灰色だから』2巻(阿部共実・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレがありますので、ご注意ください。

 感想は1巻で述べたことと、ほぼ同じ・・・・って、そんな表現では、苦情が来そうですね。2巻の表紙は、白地に黄色の水玉に、灰色っぽく描かれている、作中の少女が一人(たぶん、第20話の鬼ケ原樹里子)。下手じゃないし、タイトルにもぴったりですけれども、1巻のようなインパクトに乏しいかも。

続きを読む "『空が灰色だから』2巻(阿部共実・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

ドリフターズカフェ・展示物より

 昨日に続いて、ドリフターズカフェ関連記事です。

ドリフターズカフェ・展示物より

続きを読む "ドリフターズカフェ・展示物より"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

大阪のドリフターズカフェ!

大阪のドリフターズカフェ!
大阪のミアカフェにて開催中のドリフターズカフェと、ドリフターズ原画展に行って参りました。
管野直のドリンクと、木いちごのケーキを味わってきました。美味でしたよ。(^-^)
原画展は、やはり、場面ごとの迫力と、キャラ立ちがすばらしい。写真撮りまくりで、思わず、豊久のクリアファイルを購入してしまいました。
チャージ料を含めたカフェ代と合わせて、全部で2,800円。ゴージャスなお茶でしたわ。(;^_^A

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想

 実用書籍『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想を申します。いくらかのネタバレはありますが、本当に仕事処理スピードをアップし、整理力も欲しければ、ぜひこの本を購入すべきでしょう。

続きを読む "『仕事が速くなる力と整理する力が、1冊でビシッと身につく本』(知的習慣探求舎・PHP研究所)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想

 コンビニ専用本『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『闇の触手』『葬られた霊域』(山本まゆり)、すぐれた霊能者の寺尾玲子さんも、このような場所は難しいということですね。ところで、霊的に住んではいけない情報とか、どなたか教えていただけないでしょうか。一番悪いのは、それを利用しようとした、当時の人間のエゴでしょうけど。

続きを読む "『HONKOWA 霊障ファイル・要注意!!霊憑き物件特集号』(朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想

『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 一応、3月号からずっと買い続けておりました(『HONKOWA』もしかり)。投稿すべきタイミングを失ってしまったことが、非常に悔やまれます。時は金なり。私も含めて、読書感想ブログやHPの管理人様、がんばって更新し続けましょうね。

『ROCK&GEM』(米原秀幸)、新連載です。先の連載、『報道ギャングABSURD!』(ごめんなさい、まだ5巻を買ってないです)が終了したと思ったのに、すごく早いですなあ。前号の予告で、今さら、西部劇? なんて失礼なことを思いましたが、精神的土下座! アメリカの大平原のように、スカッとおもしろい! しかも、あちこちに謎っぽいアイテムがちりばめられていて、次も読みたいと思わせるのだから、つかみのよさはベスト。さすが! といったところ。しかし、やばいよ、私。主人公のロックがタイプなのだ(うれしい悲鳴)! B'zといい、餓狼MOWといい、どれだけ赤やロックという名前・アイテムが好きなの!

続きを読む "『プレイコミック』2013年7月号(秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »