« 『闇の検証』第一巻~四巻(朝日新聞出版)の読後に感じたこと | トップページ | 『ゴスペラーズ坂ツアー2013~2014"ハモ騒動"』の感想 »

2013年10月 8日 (火)

恐ろしい写真とは

 前回、『闇の検証』第四巻(朝日新聞出版)に、激コワな写真があると申しました。
 実は、実家にもっと恐ろしい写真を収録した本があるのです。

 それは、『エロティシズム』、作者はジョルジュ・バタイユで、翻訳者と出版社は手元にないので、すみませんが不明です。その名のとおり、エロい、私にとっては、うれしい内容で、写真がたくさん掲載された、ちょっといいお値段の本です。で、ラスト近くの1ページに、私は凍りつき、冷や汗まで流しました。
 まさに、その数枚の写真は、むごたらしく殺されていく途中を撮られていたからです。白黒写真でしたが、今でもあのページだけは開けません。私はバタイユ選集を持っているほどファンなのですけれども、あれだけはダメ、理解不可能です。あんな残虐な処刑写真に、どんなエロティシズムを感じるというのでしょう。
 そのようなわけで、批判するつもりはありませんが、『エロティシズム』購入希望の方は、少しだけ気をつけた方がいいかと思います。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『闇の検証』第一巻~四巻(朝日新聞出版)の読後に感じたこと | トップページ | 『ゴスペラーズ坂ツアー2013~2014"ハモ騒動"』の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/58341795

この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしい写真とは:

« 『闇の検証』第一巻~四巻(朝日新聞出版)の読後に感じたこと | トップページ | 『ゴスペラーズ坂ツアー2013~2014"ハモ騒動"』の感想 »