« 『シドニアの騎士2巻』(二瓶勉・講談社)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 »

2014年6月12日 (木)

『花のズボラ飯1、2巻』(原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 秋田書店)の感想

『花のズボラ飯1、2巻』(原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。

 一応、1巻としたのですが、実はこの本、1巻とは表示されていなくて、2巻となっているのです。好評だったから、続巻が出たということでしょうね。でも、アマゾンのレビューでは酷評されていましたから、食べるのが大好きな私ですけれども、冷や冷やしながら購入したのですが。

 なかなか、おもしろかったです。メジャーうけもするのではないかと、思います。
 主人公は、30歳の主婦、駒沢花。夫のゴロは単身赴任で、子供はおらず、本屋で働きながら、日々を一人ですごしています。勢い、家事が手抜きで、部屋中に物が散乱している、ズボラな有様なのですが、おいしいものへの探求はやめられず、手抜きなりに、楽しくおもしろく、パパッと料理をしている、というお笑いエッセイ風漫画。ほぼ一話完結ですが、2巻から緩くつながっています。
 アマゾンのマイナス評価では、花がズボラすぎる、食べ方が汚い、という感じでしたが、私は許容範囲でした。だらしなくはあっても、不潔でなければ、いいのではなかろうか。花のたるんだ表情も、よく見かける漫画上の表現だし、ということで、スカ(自主規制)やエネ(同じく)系に走っていなくて、ホッとしましたよ。
 でも、ワタシ的マイナス評価はあるのです。1巻の16皿めで、花は大阪の黒蜜ところてんを、オーバーアクションで絶叫して拒否しておりますが、味覚は大阪である私からすると、彼女の醤油、お酢、練りからし、青海苔のところてんは、信じられへん世界です! なぜ、あんなおいしい真夏の伝統的スイーツであるところてんを、春雨サラダもどきみたいにして食べるん? さっぱり、わからへん!
 もう一つ、細かいことかもしれませんが、2巻の21皿めで、ビシソワーズのエピソードがあったのですが、一瞬、私、何ソレ状態でした。これは、ヴィシソワーズ! いや、花も私も、ヴィの発音が言えなくて、ビになっていることは百も承知。けれども、あの夏の冷たいスープ、ヴィシソワーズは、ビシッと、ヴィと表してこそ、ヴィシソワーズであって、ビシソワーズでは、特別感も高級感も、ビッと、即座に逃げていくような気がします。
 2巻ねえ・・・・いっぱい食材を使用していて、ちっともズボラ飯ではないエピソードがあったり、花の個人的事情や、彼女と関わりのある人々のことにも触れられていて、1巻のおもしろさに慣れ、期待していると、と惑わされてしまいます。本当のところ、3巻は買おうか買うまいかと、迷っているほどなのです。
 その代わり(?)、1巻はおもしろい。花のしゃべくりと、ギャグタッチの動作がナイスです。しかも、彼女は一人きりで、ボケとツッコミみたいな自問自答を行なっています。今まで、私はこんな明るくて大笑いできる、モノローグ作品を見たり読んだりしたことがありません。例えば、1巻4皿めの、カレーを食べようとする場面では。

「・・・・こりゃごはんに対して さすがにルー多すぎでしょ ルー大柴でしょ
 ごはん増量やむなし!!
 ですよねーっ
 うwwん もうちょい追加・・・・ ・・・・
 もう気持ち・・・・」
「結局普通盛りに・・・・
 いや・・・・やや大森貝塚・・・・?」
(中略)
「このうまさには 大盛り貝塚 やむを得ず!!」
「・・・・あ 花らっきょう 忘れてた 花が花らっきょう忘れてどうする!!」

 その他にも、1巻には、スポーツ実況中継風のキムチチャーハンを料理しているところもあるのです。
 で、繰り返しになりますが、1巻の、花の軽快なワンマンショーというか、パフォーマンス舞台が、2巻では、グルメ漫画によくあるパターンにおちいりかけているように思われ、とても惜しい気がします。やはり、2巻の雰囲気というか作風の方が、万人受けするということなのでしょうかね。そういうわけで、猛烈によかったけれども、続きは不安を感じる、実に微妙な感想なのでありました。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『シドニアの騎士2巻』(二瓶勉・講談社)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/59800834

この記事へのトラックバック一覧です: 『花のズボラ飯1、2巻』(原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 秋田書店)の感想:

« 『シドニアの騎士2巻』(二瓶勉・講談社)の感想 | トップページ | 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 »