« 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 | トップページ | 『りびんぐでっど!』3、4巻(さと・秋田書店)の感想 »

2014年9月17日 (水)

『ヤングアニマル嵐』2014年№10(白泉社)の感想

『ヤングアニマル嵐』2014年№10(白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 ところで、「こんなとんでもない時間に、何をしている紅林?」と、即行で質問されそうですが、単に、今晩は眠れず、明日(すでに今日ですが)は休日だからと、こちらを更新したくなったのです。

『新 職業・殺し屋。斬』(西川秀明)、最終回です。衝撃的な展開続きだった前回までとは、打って変った静かな幕引き。いつも何か感想を、と思いながらも、絶句しておりました。作者様、お疲れさまです&ありがとうございました。
『拳奴死闘伝セスタス』(技来静也)、嵐へ、完全移籍新連載だそうです。拳闘暗黒伝の頃と比べて、絵が変わった? それとも、セスタスが成長したのかな? 主線がかっちりした、デフォルメのあまりない、私好みの作風です。さらにさらに、私は古代ローマ史が好きですから、はまるかな? はまれるかな? 楽しみが増えた~。
『捻じ曲げファクター』(守月史貴)、こちらも新連載ですが、男性向けラブコメとしてのつかみが絶妙ですね。幼なじみだ転校生だ転勤だ、親同士の結婚で・・・・と、ボーイズラブ系にありがちな設定に食傷気味でしたから、私はおもしろかったです。
『シェイファー・ハウンド』第30話(原作:吠士隆 漫画:かたやままこと)、さわやかな扉絵と、凄惨な中身の落差が、よくも悪くも激しすぎ。主人公ユートが、ついにアシッド・アウルの数名に殺害命令を。作戦の詳細は不明で、次号で検証されるようです。こちらも、ワクワクしてしまいます。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 | トップページ | 『りびんぐでっど!』3、4巻(さと・秋田書店)の感想 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/60328287

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤングアニマル嵐』2014年№10(白泉社)の感想:

« 『ヤングアニマル嵐』2014年№9(白泉社)の感想 | トップページ | 『りびんぐでっど!』3、4巻(さと・秋田書店)の感想 »