« 『京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語』(川口葉子・実業之日本社)の感想 | トップページ | enⅢです。 »

2016年2月21日 (日)

『ヤマトダイブラザーズ』(日高チトセ・ふゅーじょんぷろだくと)の感想

 コミックス『ヤマトダイブラザーズ』(日高チトセ・ふゅーじょんぷろだくと)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。そして、できれば、私の正体が作者様にバレないことを祈ります!

 元ネタともいうべき同人誌を、創作系同人誌即売会で購入してから、この漫画(別タイトル)と作者様のファンなのです。作者様と、ちょびっと、お話したこともあります。私の名前などは明かしておりませんが、もし、万が一、作者様が気づいてしまわれたら、猛烈に恥ずかしい・・・・でも、この漫画はおもしろかったので、紹介はしたい・・・という、何とも複雑な思いでレビューいたします。

 主人公は、大和大(やまとだい)家の、外見も中身も超個性的な、異母三兄弟。アメリカンな長男、スキンヘッズで見かけ怖そうなのにオカンな性格の次男、虚弱なオタクでありながら、バンド活動ではたくましく変身する三男で、彼らのおもしろ楽しいロックバンド活動を描いた漫画ですね。ボーイズラブ傾向はゼロです。
 四コマであったり、短編ストーリーであったり、内容自体も、パワフルなギャグから、少し切ないシリアス、作者様の日常を描いたのだろうか? と感じられるようなエッセイ風まで、コンパクトな単行本ながら、読みごたえはバッチリです。小さな絵柄満載の表紙も、なかなか楽しいですしね。
 裏表紙の紹介分にあるとおり、「バンドまんがのようで、そうでもない、そうでもなくもない」というファジーな感じがこの漫画の持ち味として、いいじゃなかと、私は思います。ま、ベースはギャグですが。
 三男は、かーなーりデフォルメというか、変身しまくりなのですが、長男、次男、他の登場人物は、オーバーアクションなシーンを除けば、デフォルメしませんね。シリアス絵でギャグというところが、私の気に入った部分なのかも。
 他に、サポートギターのテツという、関西出身男性は楽しいキャラクターです。P16「ブランドイメージ」という四コマで、「わいや わてや言う奴 今時おるか ボケェ」というモノローグ、実にリアルでした。さらに、このオチ、関西人は思い当たる節が大いにあるのでは? 私もその一人ですから!
 そういうわけで、ファンとして応援する意味で、購入&レビューさせていただきました。末筆ですが、作者様、書籍化、おめでとうございます! また同人誌も買いに行きますね。さらに、また作品としてお目にかかれることを楽しみにしております。こういうことがあるから、同人誌は魅力的だし、読むのも買うのも、作るのも! やめられへんのですわ! それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語』(川口葉子・実業之日本社)の感想 | トップページ | enⅢです。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63241054

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤマトダイブラザーズ』(日高チトセ・ふゅーじょんぷろだくと)の感想:

« 『京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語』(川口葉子・実業之日本社)の感想 | トップページ | enⅢです。 »