« 「橘さくらの『運命日』占い 決定版2016」(集英社)の感想&2015版の追加報告 | トップページ | 天理市内のおいしいお店「Seven hert」 »

2016年3月21日 (月)

『空想少女 1巻』(さと・秋田書店)の感想

 コミック『空想少女 1巻』(さと・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 収録されている10話は、すべて短編オムニバスストーリーです。不思議な少女達がつむぐ、摩訶不思議なお話とでも言うべきでしょうか(唯一の例外は、#6「せいでんき」かな)。現実ではあり得ない世界・感覚(価値観?)、でも、その気持ち、その感じ、わかるなぁ、あったらいいような、怖いようなと、同意してしまうでしょうね。
 とにかく、登場する主人公(ヒロインのみ)と友達(女の子)は、問題児っぽいタイプもいますが、やはり、かわいい。変だけど、おもしろおかしくて、外見も性格もかわいい感じです。女の子同士ストーリーであるため、百合、もしくは百合っぽい設定・展開になりやすく、百合は苦手という方には向いていないかもしれませぬ。

 全話レビューするとキリがないので(本当はやりたいのですけど)、特に気に入ったお話をいくつか抜き出して、感想を申します。

 #2  主婦が魔法少女という、超反則設定ながら、彼女の悩みと苦労は、同じ主婦として、強烈に同感できます。その娘も、娘のライバルも、ライバルのお母さんも、表情や言動がかわいくてなりませぬ。
 #7  私の一番好きなお話。成人は巨大な動物という架空世界で、十代の子達は、ケモノ耳や羽、しっぽが生えるなどしています。これがまた、愛らしいのなんのって! 十代特有の、半分子供で半分大人という、美女や美青年、美(自主省略)ではとても真似できない魅力を、こういう形で表現するなんて、すばらしい。リスにあこがれているヒロインは、ようやく成長するのですが、それが妙な生き物。片や、クラスでやや浮いている少女も、おかしな生き物らしく・・・・。二人が悩みを打ち明け、笑顔になる過程は心温まります。
 #8  恋にときめくと、宙に浮いてしまう世界のお話。クールな先輩女子にあこがれ、好かれたいと悩む、ヒロインの心の揺れがいい。
 #9  生霊はHONKOWAなどでおなじみですが、こんなに明るい生霊ってアリでしょうか(笑)。本体はひねくれていて、上から目線の女子クラスメイトですが、情にほだされ、彼女をフォローしようとするヒロインは、優しいなあ。

 そういうわけで、とてもおもしろかったです。2巻発行されますように、販売されますように、出ますように! それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 「橘さくらの『運命日』占い 決定版2016」(集英社)の感想&2015版の追加報告 | トップページ | 天理市内のおいしいお店「Seven hert」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63376618

この記事へのトラックバック一覧です: 『空想少女 1巻』(さと・秋田書店)の感想:

« 「橘さくらの『運命日』占い 決定版2016」(集英社)の感想&2015版の追加報告 | トップページ | 天理市内のおいしいお店「Seven hert」 »